壁男/あらすじとネタバレと感想

壁男2007年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

壁男の概要

制作:2007年 日本
監督:早川渉
出演:堺雅人、小野真弓、他

スポンサーリンク

壁男の見どころ

諸星大二郎の漫画を早川渉監督が映画化。主演は堺雅人。
キャッチ・コピーは「その壁に、何かいる。」
壁の中に住んでいる壁男の噂を聞いたテレビ局が徐々に社会現象を起こしていき、中でも取りつかれたように夢中になって行く人々が居たのだった。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

壁男のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

金澤響子はテレビ局に勤めるレポーターです。
恋人のカメラマンの仁科光と共にテレビを見ていると、丁度響子が出ている「街の噂特捜隊」コーナーが始まりました。噂を聞きつけた響子が実証していくというものです。番組ではいつも新しいネタを探していました。
ある日仁科の夢で、番組に「壁男を知っていますか?」というはがきが来ます。響子が壁にもたれてはがきを読んでいると壁から灰色の手が出てきて肩を掴まれます。
響子に話すと実際にそんな手紙が来ているので実際に行ってみると言いました。仁科は若干心配しながら仕事に出かけます。仁科はカメラマンとして上場で、個展も開いているのでした。
アシスタントの男に壁男の噂を聞きますが、都市伝説のようなものだと言います。
一方響子は中村と一緒に壁男が出ると言われている場所に行きます。そこは地下の廃墟で来月から壊すことが決まっていると管理人に言われてしまいます。何も収穫はないと思い、中村が壁から盛り上がっている塊をコーナーに取り上げることにしました。
番組では壁男の噂を面白おかしく盛り上げて放送しました。その番組を見た仁科は取りつかれたように壁男の事が気になり壁を撮り続けて、響子に詳しく場所を聞いてきます。
一方で得体の知れない何かがテレビを通して駆け巡ります。仁科は壁を撮り続け、ある日コンセントの入ってないテレビから響子が映し出され「仁科さん!」と呼びかけられその後砂嵐になるといった不可解なことが続きます。仁科は壁男を見たと言い出します。

ネタバレと結末

やがて得体の知れないものは響子の番組にも出てきました。
ある日「何か」は仁科を殺してしまいます。その後、響子の前にも現れるようになりました。
仁科は自殺と判断されますが響子は納得できません。そうこうしている間に、池田が響子に壁男の手を持ってきました。壁男に取りつかれた女が壁の中に入ってしまい手紙を通じて会話していたが、先週事件が起きたと言います。助けてと書かれており、壁から手が出てきたので掴んだら手が折れて、持ってきたものだけが残ったと言います。その女はどんな人だったのかと池田に響子が尋ねると、それは響子自身だと言われます。見ると自分の手が無くなっており、血だらけの仁科が待ってたと言っていました。
思わず悲鳴を上げた響子。そして隣で寝ていた仁科が飛び起きて響子も起きますが響子は「夢ではない」と言いながら壁を見つめているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2007年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました