おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

転々/あらすじとネタバレと感想

転々邦画
スポンサーリンク

転々の概要

制作:2007年 日本
監督:三木聡
出演:オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子、他

スポンサーリンク

転々の見どころ

藤田宜永の小説を三木聡監督が映画化。
主演はオダギリジョー。
どうしようもない状態に陥った男が、借金取りに借金をチャラにして、100万もやるから自分の散歩に付き合えと言われ二人で歩きだす物語である。

転々のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大学8年生の竹下文哉はいろんな意味で人生のどん詰まりを感じています。貧乏学生なのですが、幼いころ両親に捨てられて頼るところもありませんでした。借金の84万が彼に重くのしかかります。
借金取りはアパートまで来て、今月中に返せと脅します。借金の期限は明日まで。しかしどうしようもなく、公園でぼーっとしていると昨日の借金取りが目の前に居ました。借金取りは100万の束を差し出して、俺の散歩に付き合ってくれるなら100万をやるといいます。文哉は借金取りについていくことにしました。
借金取りの目的地は霞ヶ関です。次の日、待ち合わせて散歩に行くことにします。
借金取りは福原と言いました。そして福原は妻を殺してきたといいます。原因は妻の浮気でした。殺すつもりはなく殴ったらあっけなく死んでしまったそうです。借金取りも昨日で廃業。なので桜田門の警視庁まで自首しにいくのについて来てくれというものでした。福原は今までの妻の事などをぽつぽつと語ります。妻との思い出の地を歩きながら話します。文哉も話しますが文哉は家庭に思い入れが薄いのであまり話せませんでした。その日は宿で一泊しました。二人は歩き続け、何泊もずっと一緒です。そして最後の日はカレーを食べ、福原が昔の仕事で結婚式のサクラ役をした妻の家に泊まりました。
その女は麻紀子といい、普通に二人を泊めてくれました。朝ごはんも用意してくれまるで家族だったかのようなふるまいです。そこに麻紀子の姪が訪ねてきたので文哉は息子のふりをしました。

ネタバレと結末

お父さん、お母さんと二人を呼び、疑似家族の出来上がりです。
まごまごしていた文哉もすっかり息子役に慣れてきたころ、麻紀子と姪がカレーを作っていました。
福原が食べたいと言ったと聞いた文哉は、福原とのお別れだと気が付きます。
文哉はいつしか本当の父だと感じていたので、そのことに涙してしまいます。カレーを食べていると福原も辛いと言って涙しますが、麻紀子にはそんなに辛くした覚えはないので不思議がりました。
そして次の日、この散歩が福原との最後の散歩です。文哉は何か言おうとするも言葉がうまく出てきません。
そして桜田門警視庁が近づき、福原は約束の100万円を文哉に渡し、桜田門警視庁に颯爽と歩いていくのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました