Strange Circus 奇妙なサーカス/あらすじとネタバレと感想

Strange Circus 奇妙なサーカスの概要

制作:2005年 日本
監督:園子温
出演:宮崎ますみ、いしだ壱成、他

Strange Circus 奇妙なサーカスの見どころ

近親相姦、肉体改造、児童虐待などのインモラル満載な「Strange Circus 奇妙なサーカス」。
園子温脚本・監督でR18+指定。宮崎ますみが12年ぶりに女優として復活した作品である。
キャッチコピー「父に抱かれているとき、私の中に母が宿る」にもあるように、近親相姦がメインの話である。

Strange Circus 奇妙なサーカスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

美津子は小学生のころ、サーカスを見に行く。ギロチンの前に立たされ、ギロチンで殺したい奴はいないかと問われますが、美津子はもともとギロチンの上にいる状態の少女。
・・・父と母がベッドで愛し合う姿を見てしまいます。
母は娘を可愛がりますが父は、チェロが入っているケースから母と父の愛し合う姿を見るように言います。
美津子は、父に抱かれることがいいことだと思います。
ある日のこと、美津子と父が愛し合います。父は、母と美津子と交代で父と愛し合う姿を見させるのでした。美津子が大きくなり、母そっくりになってきます。そして美津子は自分の事を母だと思い込んでしまいます。
母は娘に嫉妬して包丁を向けますが、父が制します。それ以降母の嫉妬が止まらなくなり、虐待が始まります。
ある日、美津子は母を階段から落としてしまいます。
そしてそのまま母は死んでしまいました。美津子と父の二人暮らしの始まりです。
その後、美津子は屋上から飛び降りてしまいます。車いすで学校に通い、小学校生活を送ります。
・・・という小説を三ッ沢妙子という車いすの作家が書いています。
新人の田宮が妙子の担当に付きます。妙子は喜びますが、田宮は性欲が無さそうな男。
妙子の小説を見た田宮は、この話は実話ではないかと思いだします。
田宮は妙子に聞いてみますが、妙子は否定。その後田宮と別れた妙子は車いすを畳んで歩いていきます。
そして仕事場のチェロケースに話しかけていたのです。

ネタバレと結末

田宮は編集長にそのことを話します。編集長も妙子の素性が知りたくなり、経費も払うので田宮に調べるように言います。
・・・小説の続きでは、高校生になった美津子がトイレに行きたいと父に言うと、父は他の女たちとのセックスに夢中で聞いてくれず、美津子は包丁で自分の足を刺しまくります。
田宮は体を改造した人たちの会に出席します。田宮自身もまた体を改造していたのです。
・・・手足に包帯を巻いた美津子が牛乳を飲みます。床の牛乳をなめていると父の愛人がやってきて母の形見のイヤリングを奪い取ります。
原稿が完成した妙子は田宮と散歩し、不思議な一夜を過ごします。
そして妙子の実家の事を知ります。妙子の実家は美津子の家族でした。手足を切断された父がベッドに居ます。
母の設定は実は父だったのです。田宮もまた肉体改造した自分を妙子に小説にして欲しいと思っていました。そしてだるま女をテーマとした話を書くために、奇妙なサーカスでは殺したはずの小百合をくくりつけ父や田宮が笑っているのでした。

Strange Circus 奇妙なサーカスのみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)