ストロベリーショートケイクス/あらすじとネタバレと感想

ストロベリーショートケイクス 2006年の邦画

ストロベリーショートケイクスの概要

制作:2006年 日本
監督:矢崎仁司
出演:池脇千鶴、中越典子、中村優子、岩瀬塔子、安藤政信、他

ストロベリーショートケイクスの見どころ

魚喃キリコの漫画strawberry shortcakesをストロベリーショートケイクスとして矢崎仁司監督が映画化。
全く違う女性4人の日常を淡々と映像に。
2,006年公開からなお、女性の支持が高い映画である。
フリーター里子(池脇千鶴)、デリヘル嬢秋代、OLのちひろ、イラストレーター塔子の四人を小説家狗飼恭子が脚本。
ちなみにイラストレーター役には魚喃キリコ(漫画家)本人が登場している。

ストロベリーショートケイクスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

恋人にフラれた里子(池脇千鶴)の仕事は、デリヘルの電話受付。
その店で働く秋代は心に闇があり、墓の近くに住み棺の中で寝起きする生活をしている。
OLをしているちひろとイラストレーターの塔子はルームシェアをし、暮らしているがお互いに仲良くて暮らしている訳ではない。
何をしても楽しくない里子はある日、隕石のような石を拾います。
彼女の妄想癖が、石を神様とたとえ、石にすがるように神棚に祭ります。
一方そのころ、イラストレーターの塔子は仕事で「神のような絵」を指定されていて悩みます。かねてから拒食症の塔子はストレスを感じるとすぐに拒食嘔吐に陥ってしまうのです。
同居人であるちひろは、恋多き女であり悩みの相談をしたところで、とんちんかんな返事しか返ってきません。ちひろはちひろで、同僚の男に夢中になっているのです。
一方デリヘルで働く秋代は、彼女がいる男に熱中しておりどうにかして近づきたいと思っています。
そんなある日、里子に貰ったトマトを秋代は捨ててしまいます。それを見た塔子はひらめくものがあり、作品を作り出します。
そのころ、里子はデリヘルの店長に言い寄られており、石の神様に「店長死ねばいい」と願います。
すると偶然にも店長が死んでしまい、里子は少し恐ろしくなります。
ちひろは同僚に結婚をちらつかせていたので、次第に避けられるようになり、他の男に行きます。
秋代は、酔った勢いでどうにか男と関係を持ちます。

ネタバレと結末

そしてちひろと塔子は、ペットのハムスターの世話を忘れて死なせたことから大げんかになります。
ケンカしたまま塔子はイラストを編集に無くされてしまい、拒食が出てしまいました。
トイレで吐いている所を、ちひろに見られてしまい、塔子は見られたくない奴に見られてしまったと思いますが、ちひろは駆け寄って塔子の事を抱きしめます。
里子は、妊娠した秋代と、秋代の故郷に帰るために一緒についていくことを決意。石はもう捨てています。
そしてちひろもまた実家に帰ることにし、見送りに来たついでに塔子も実家に帰ります。
そこで接点のない4人は初めて同じ場所に集まって、物語は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました