青の炎/あらすじとネタバレと感想

青の炎 2003年の邦画

青の炎の概要

制作:2003年 日本
監督:蜷川幸雄
出演:二宮和也、松浦亜弥、他

青の炎の見どころ

ミステリー作家として次々とベストセラーを生み出す貴志祐介の「青い炎」。
いつもとは少し違った恋愛要素を取り入れた青春ミステリー。
「17才の完全犯罪」というキャッチコピーであるが、本編はかなり切ない話である。
松浦亜弥と二宮和也のダブルキャストで、古さを感じさせなくなっている。

青の炎のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

櫛森秀一(二宮和也)は湘南に住む高校生。
帰宅すると、当然のように居座っている義理の父が居ます。この父親は10年前に離婚した元父。
10日前からなぜか我が家にやってきた。
当然のようにタダ飯を食らい、酒まで要求する元父に怒りが収まらず母にぶつけます。母曰く、行く当てがないらしいのでもう少し我慢して欲しいと。
イライラした秀一は美術の時間、紀子(松浦亜弥)の道具を壊してしまい、紀子に買いに行くのについて来て欲しいと頼みます。
秀一は夜はコンビニでバイトをしています。そこへ不良少年の友達がやってきます。秀一が取り上げたナイフを返して欲しいといいますが、まだ駄目だと秀一は言います。
次の日、紀子と秀一は道具を買いに行くのではなくなぜか水族館に居ました。
楽しかった水族館から帰宅すると、妹の叫び声が聞こえ、秀一はバットを持ってかけつけます。そこに母親が帰宅し、元父にお金を渡して引っ込んでもらいます。
母は観念したかのように秀一に話します。妹はまだ戸籍上元父の娘で、15歳にならないと母の養子にできないのだそうです。
話を聞いた秀一は黙りましたが、母もまた元父に弄ばれていることを知り激怒しました。
秀一は医学書やネットを参考に、元父を完全犯罪で殺すことを計画します。
やがて実行しますが、完全犯罪を陰で見ていた不良少年が見届けていたのです。秀一は不良少年に脅されてお金を要求されてしまいます。

ネタバレと結末

秀一は今度は不良少年を殺すことを計画し、実行します。
強盗に見せかけて刺殺したのです。元父の完全犯罪の時とは違い、矛盾点が多く見つかった秀一は刑事に問い詰められます。
イライラした秀一は紀子を部屋に誘います。そこで殺人を告白しました。
とうとう刑事から逃げられなくなった秀一は、明日、すべて告白しますと告げ、家族の元へ。
家族と食事を済ませ、紀子に会いに行きます。殺人がばれてしまうと母と妹に迷惑がかかることを告げ、紀子に別れのあいさつをします。紀子は秀一をかばう事を約束して、秀一は自転車に乗り帰ります。
その自転車は反対方向を走るトラックに全力で向かっていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました