岬の兄妹/あらすじとネタバレと感想

岬の兄弟 2019年の邦画

岬の兄妹の概要

制作:2019年 日本
監督:片山慎三
出演:松浦祐也、和田光沙、北山雅康、中村祐太郎、岩谷健司、時任亜弓、他

岬の兄妹の見どころ

障害のある兄と自閉症の妹が貧困から脱出しようと妹に売春させ、妹がお客さんの子供を妊娠してしまい・・・というストーリー。
片山慎三監督のデビュー作品でもあり、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018国内コンペ部門で、優秀作品賞と観客賞を受賞。 衝撃的な内容で話題になった。主演は松浦祐也。

岬の兄弟のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある町の造船所で働く良夫は、足が悪く歩くときに引きずっています。
妹の真理子は自閉症で子供のまま大人の体をしていました。目を離すと何をするかわからないので家にカギをかけていくものの真理子はすぐに居なくなります。
良夫が真理子を探していると、迷子の時の札を見た男性が車で真理子を送ってくれました。
家に帰った良夫は真理子を風呂に入れる時に、真理子のポケットから一万円札が出てきました。そして下着にはべったりと体液が付いています。
やり切れない思いがあるものの、良夫はありがたく頂きます。
そして良夫は不景気で造船所を首になりました。良夫もできる仕事は限られているし、不景気なので仕事もすぐに見つかりません。内職をするものの、生活するにはほど遠いお金にしかなりません。
やがて飢えていき、電気を止められてしまいます。
外に出たがる真理子を連れている時に、良夫はひらめきます。そしてパーキングエリアに真理子を連れて行き、妹に売春させてまわりました。真理子は楽しそうにしていますが、良夫は良心が痛みます。それでも生きていくためには真理子を売春させるしかなかったのでした。
やがて、良夫はビラを作り近所にも入れて行きます。思うよりも伸びてようやく生活が復活できるようになるのでした。当然身近な人やヤクザにも蔑まれますが、生活のためには仕方のない事でした。
しかし長くは続かず、真理子は妊娠してしまいます。

ネタバレと結末

必然的にそうなってしまったのですが、妊娠しても子供を下ろすお金もありませんでした。
良夫は時期的にもビンゴの中村くんに会いに行きます。中村くんは小人症で真理子の事を気に入って何度も真理子を抱いていました。もしかすると中村くんがどうにかしてくれるかもと思った良夫でしたが、中村くんは逆切れしてしまいます。良夫が落ち込んでいると造船所から人が辞めたのでまた働かないかと電話があります。都合のいい造船所に腹が立つ良夫。
家では真理子が昼寝していました。良夫は真理子を殺そうとした時、瞬間的に真理子のおなかに目が行き、真理子だけではなくここにも命があると思いなおします。とはいっても、良夫は何が最善かがわかりませんでした。
次の日、真理子は貯金箱を良夫に渡します。そこには下ろすだけの金額が入っていました。
それからまた真理子がいなくなり探し回る良夫。真理子を見つけた瞬間に電話が鳴り、困惑します。
真理子は良夫の方に振り返るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました