おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

ザ・ファブル/あらすじとネタバレと感想

邦画

画像はU-NEXTより引用

スポンサーリンク

ザ・ファブルの概要

制作:2019年 日本
監督:江口カン
出演:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、他

岡田准一主演『ザ・ファブル』予告編 6.21公開!
スポンサーリンク

ザ・ファブルの見どころ

人気コミックを実写化したこの作品。

岡田准一演じる伝説の殺し屋ファブルが、育ての親でもあるボス(佐藤浩市)に命じられ、1年間誰も殺さずに「普通の生活」を送っていくという物語。

当然、簡単に普通の生活を送れるわけもなく、様々な出来事にファブルが巻き込まれていきます。

伝説の殺し屋であるファブルが、ごく普通の生活を送ろうと奮闘する…

相反するこのシチュエーションが、シュールな要素を生み出し、笑える作品にもなっています。

そんなこの映画の見どころは、「96時間」シリーズなどに関わったフランス人のアクション監督、アラン・フィグラルズさんが参加したアクションシーン。

作中にはファブルが1人で大勢を相手にするシーンがあるのですが、その時のアクションシーンは必見です。

ザ・ファブルのあらすじ

ファブル(岡田准一)は、どんな相手でも6秒以内に倒すことができると言われる伝説の殺し屋。

ある日、育ての親でもあるボス(佐藤浩市)から、1年間、誰も殺さずに「普通の生活」を送るよう命じられます。

佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に、ボスから紹介された真黒カンパニーの海老原(安田顕)に面倒を見てもらうことに。

海老原の手配で大阪に居を構えたアキラは、働き先を探すのに苦戦します。

しかし街で偶然出会ったミサキ(山本美月)にバイト先を紹介してもらい、デザイン会社で働くことに。

「普通の生活」に馴染もうと奮闘するアキラですが、その背後にはファブルを追いかける殺し屋フード(福士蒼汰)と相棒コード(木村了)の姿が…

そんな中、海老原の舎弟の小島(柳楽優弥)が出所。

小島はミサキを利用し金儲けすることを画策しますが、小島に敵対心を持っていた砂川(向井理)の手により、2人とも拉致されてしまうことに。

ヨウコと共にミサキの救出に向かうこととなったアキラですが、ボスとの誰も殺さないという約束を守り、無事ミサキを助け出すことはできるのでしょうか…

ザ・ファブルのネタバレ

ここをクリックするとネタバレが表示されます

アキラは2人が拉致されているごみ処理場に到着。ファブルの姿に変装します。
ごみ処理場に侵入しミサキを助け出すことに成功。
ミサキを安全な場所に隠し、続いて小島を助けることになりますが、砂川やフードらによる攻撃は一層激化していきます。
なんとか小島を助け出し、大勢を相手にしながらも誰も殺さない約束を守り続けるファブル。
一方、ミサキは自力で逃げ出そうとしますが、フードの相棒であるコードに追いつめられることに。
追いつめられたミサキは、必死に抵抗しますが階下に落ちそうになります。
そんな中ヨウコが現れ、ヨウコはコードを倒しましたが、ミサキは今にも階下に落ちる寸前。
もうダメかと思ったその時、ヨウコを助け出したのはファブルでした。
ファブルもフード激しい一騎打ちの末に、フードを無力化することに成功していたのです。
こうして一行は無事にごみ処理場から脱出することに成功。
生き延びていたフードとコードは、突然現れたファブルのボスに殺されてしまいました。
海老原は、落とし前として助け出された小島を粛清。
ファブルはアキラとして、再び「普通の生活」を送っていくのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. ぽんきち男性40代 より:

    戦闘シーンが人多すぎ!

    ヤンマガ連載中の原作のファブル(漫画)がかなり面白いので、実写版はあまり期待していなかったけど、まあそこそこかな。
    ただ2時間という短い中に佐藤アキラの強さというか、カッコよさを表現するのはちょっと無理があるなと思った。せめてスペシャルドラマとかで2時間×3回ぐらいの長さは欲しい。
    キャストはみんな原作のキャラに近い感じで良かったけど、海老原さんはちょっとイメージと違ったかな。あと砂川はだいぶ違う。
    それとミサキちゃん救出の戦闘シーンが人多すぎでしょ。原作は6、7人だったと思うし、もうちょい少人数でクオリティの高い戦闘シーンだと良かった。あれだけ人が多いとごちゃごちゃしすぎて見ていて疲れてしまう。
    原作はまだまだ続いているから、続編があればとりあえずは見てみるかな。いちおう4点にしたけど、厳密に言えば3.5点ぐらい。

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました