西遊記(2007年の映画)/あらすじとネタバレと感想

西遊記(2007年の映画)の概要

制作:2007年 日本
監督:澤田鎌作
出演:香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史、水川あさみ、他

西遊記(2007年の映画)の見どころ

三度目のリメイク「西遊記」のドラマを澤田鎌作監督が映画化。
テレビシリーズ第6巻と第7巻の間のサイドストーリーを映画の物語にしています。
主演は香取慎吾。

西遊記(2007年の映画)のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

三蔵法師一行は砂漠の中を旅していました。
みんな喉もカラカラでした。その時フーチェンの王女玲美と出会いました。
玲美は三蔵法師たちに両親が亀にされているので助けてくれと言いました。そうして三蔵法師たちは玲美を助けることにし、フーチェンに向かいます。
しかしフーチェンでは三蔵法師たちは、国から指名手配されていました。
かけられている罪は盗みに無銭飲食など、三蔵法師たちはした覚えがありませんでした。そして国人に追いかけられている時、偽物の三蔵法師たちにばったり出くわしました。
ぱっと見はそっくりなものの、よく見ると違いが判ります。偽物の三蔵法師たちが悪事を働いていたのでした。
そして偽物を退治します。その後玲美の両親を亀にした妖怪に会いに行くために山を登りますが、そこには玲美の祖父が山小屋で暮らしているだけでした。三蔵法師たちは玲美に騙されて国の宝である無玉を取りに行かされただけでした。悟空は妖怪探しに出かけ、三蔵法師と悟浄と八戒は怒って玲美を探します。
玲美を探している時に悟空が探している妖怪の作戦を知った悟浄と八戒は悟空に知らせに山に帰りました。
そして三蔵法師はうっかり妖怪によってひょうたんに閉じ込められてしまいました。
そのひょうたんを銀閣大王が持って行ってしまいました。
三蔵法師が入ったひょうたんのことを聞いた悟空は急いで銀閣大王を追いかけ、悟空は銀閣大王と空中戦を繰り広げます。かなり厳しい戦いとなったものの、悟空は無事に三蔵法師の入ったひょうたんを取り返すことに成功しました。

ネタバレと結末

銀閣大王は金閣大王と組み、国の宝である無玉を自分のものにしました。
この国の地下で眠っていると言われる、龍を無玉によって呼び出そうとするのでした。
二人の目的はこの国の支配。それには龍がどうしても必要なのでした。金閣大王、銀閣大王によって龍が呼び出されてしまいます。
龍が出てくると空は真っ暗になり、国中が恐怖に陥ります。金閣大王、銀閣大王を相手に悟空が戦います。
三蔵法師が入っていたひょうたんに龍を閉じ込めることを思いつき、大王を倒し、龍をひょうたんに閉じ込めることに成功しました。
亀にされていた玲美の両親も人間の姿に戻し、玲美は無礼を詫びます。フーチェンは平和に戻り、三蔵法師たちはまた旅に出るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました