平成狸合戦ぽんぽこ/あらすじとネタバレと感想

平成狸合戦ぽんぽこ 国内アニメ

平成狸合戦ぽんぽこの概要

制作:1994年 日本
監督:高畑勲
出演(声):野々村真、石田ゆり子、清川虹子、泉谷しげる、他

平成狸合戦ぽんぽこの見どころ

ジブリ初のCGを使った映画。高畑勲監督が映画化。
開発が進む多摩ニュータウンの周りの狸が、化け学を駆使し開発を阻止しようとする物語である。
キャッチコピーは「タヌキだってがんばってるんだよォ」

平成狸合戦ぽんぽこのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

昭和40年代の日本。
多摩の山の中で暮らしている狸たちは最近エサが少なくなってきたことに気が付きました。
高度経済期の東京では次々に森林が倒されて、住宅街になっていっています。人間による都市開発で、狸たちの居場所とエサが少なくなってきていたのでした。
そこで狸たちは、長い間使っていなかった化け学を学び、人間たちに対抗しようとします。
はじめこそ、死亡事故を起こしたりと危険なものでしたが、次第に狸たちは人間をだます超常現象までも引き起こします。この戦いで狸たちは自分たちだけではなく四国と佐渡の長老狸へも応援を要請しに、狸を派遣しますが全く戻ってくる気配はありませんでした。多摩の狸たちだけでは埒があきませんでした。
作戦は全く功を得ず、次第に狸たちはエサを取るためだけのために化け学を使うようになりました。
一方四国への使いとして出された玉三郎は三人の長老に救援をお願いするも、一向に話し合いばかりで多摩に戻れませんでした。その頃多摩では権太を筆頭に過激派のグループがクーデターを起こそうとしています。そこにようやく四国の狸がやってきます。そして四国の狸により化け学の技術の向上を目指し、特訓が始まります。
狸たちは全員で妖怪大作戦として妖怪になってパレードしますが、人間はこれを利用してレジャーランドの告知にしてしまいます。そして長老の一人が亡くなってしまいます。年寄りには旅も化け学もこたえたのでした。
思うようにいかない狸たちの前にキツネの長老がやってきます。キツネも同じように住処を奪われ、エサに困っていたのでした。

ネタバレと結末

しかしキツネは人間に化けて、人間として暮らしていました。キツネは狸たちを諭します。権太たちは反発して戦いに挑みますが、権太は戦いに敗れた後トラックに牽かれて死んでしまいます。
そうこうしている間に長老の1人と化け学が使えない狸たちは船に乗り込み、死への旅に出てしまいます・・・。残された正吉たちは狸の掟を破り人間の前で幻を見せ、それが功をなして自然の一部が残されることとなりました。化け学を使える狸たちはキツネのように人間として生きることを選び、化け学を使えない狸たちは残り少ない自然と共有して生きることにしました。
ある日人間として生活していた正吉が狸たちに出会います。まだ狸のままなんだ・・・と思いますが、当の狸たちは満月が来るたびに仲間で宴会を開いて楽しく過ごしているのでした。

平成狸合戦ぽんぽこのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

映画を見ていると、環境破壊を繰り返す人間に怒り狂う狸たちについ感情移入してしまいました。途中の百鬼夜行のシーンで、様々な妖怪に交じってトトロや魔女の宅急便のキキが登場したのには驚かされました。また、狸たちが人間や物など様々なものに変身するシーンが印象に残っています。映画を見終わって、私達人間も自然の中で生かされているのであって、日ごろからそんな自然に感謝の気持ちを持ち続けなければいけないと思いました。(30代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました