感染列島/あらすじとネタバレと感想

感染列島 2009年の邦画

感染列島の概要

制作:2009年 日本
監督:瀬々敬久
出演:妻夫木聡、檀れい、国仲涼子、田中裕二(爆笑問題)、池脇千鶴、他

感染列島の見どころ

一人の感染から日本列島がパンデミックに陥った謎のウイルスを二人の医者が止める物語である。
主演は妻夫木聡、檀れい。監督は瀬々敬久。
キャッチコピーは「神に裁かれるのは、人間か?ウィルスか?」。

感染列島のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

市立病院に勤める松岡(妻夫木聡)は風邪であろう男性を診察しました。
そして数日後、その男性が体から出血して死んでしまいます。その時、松岡を含め病院側は新型の鳥インフルエンザだと思っていました。養鶏場に行き、ウイルスを検査するが出ません。
養鶏場を経営している人物は責任を感じて自殺してしまいます。
実際には鳥インフルエンザではなく、未知のウイルスだったのでした。養鶏場の娘はもっと早くに発表してくれれば父が自殺することはなかったのにと叫びます。
タミフルも効かない、何も効果が出ないそのウイルスは日本中を混乱にさせてしまいました。感染者は次々と増えていき、病院側も疲労感が出てきました。
患者はうなぎのぼりで増えていき、医療機器も足らず、希望がありそうな患者にだけ医療機器をつけるような状態でした。ウイルスに立ち向かっていた医師も次々と辞めていきます。
物流もストップしてしまい、電気の配給も無くなってしまいました。すごいスピードで荒れていく日本列島です。
そのころWHOから派遣されてきた小林栄子(檀れい)と立ち向かう松岡でしたが、いかんせんウイルスの原因がわからないので対処のしようがないのです。
しかしその時、松岡ははじめに診察した男と一緒に居た女を思いだします。彼女は一緒に居たのに感染してなかったのです。ウイルスの抗体を持って居るのは明らかでした。
早速彼女に聞いてみると、彼女の父が海外(東南アジア)に行って帰ってきた時にはすでに彼女の父の様子はおかしかったといいます。
そこでウイルスを突き止めるために松岡は仁志と共に、海外に出発しました。

ネタバレと結末

東南アジアのその島ではエビの養殖のために、マングローブを切り取って生態系を破壊していました。
仁志はガンと共存しており、共存するために破壊するのは間違いだといいます。
そしてその島での生き残りを見つけて話を聞いてみると、その島で治療をしていた医師の手帳を見せてもらいます。これといったヒントはなく、仁志は島に残りウイルスの元を探し出します。
松岡は日本に戻り、患者はもっと増えており看護師も倒れていきます。そして仁志らはウイルスの元を発見しますがワクチンができるまでは半年かかります・・・。その間に仁志は亡くなってしまいます。
松岡の元には養鶏場の娘が発病して運び込まれます。まだデータのない血清治療でイチかバチか賭けて娘は助かります。そして半年後、ワクチンはできあがり感染はやっと収まるのでした。

感染列島のみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

感染列島を見た時に、感染というのは本当に怖いと思った映画です。それは、なんといっても人類が滅びてしまうのではないかと思わせるからです。ちょっとしたことからどんどん感染している姿を見て、目に見えない恐怖を感じたのです。ほかにも感染に関した映画がありますが、これはとてもリアルに演じられていたので恐ろしさが倍増して伝わってきました。医療に携わる人たちは、ますます身が引き締まる思いでしょう。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました