もののけ姫/あらすじとネタバレと感想

もののけ姫 国内アニメ

もののけ姫の概要

制作:1997年 日本
監督:宮崎駿
出演(声):松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林薫、西村雅彦、美輪明宏、森光子、他

もののけ姫の見どころ

宮崎速雄監督が構想16年、制作に3年をかけた超大作であり、興行収入193億円を記録し当時の日本映画の興行記録を塗り替えた記録があります。
キャッチコピーは「生きろ。」
人間と神々との対立を描いたストーリーである。

もののけ姫のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

室町時代の日本。エミシの村に住む少年アシタカは西からやって来たタタリ神という大イノシシを倒します。
代わりにアシタカは右手にタタリをもらってしまうのでした。タタリ神の体からは鉛の塊が出てきました。何者かに鉄のつぶてを撃ち込まれ人間を恨んでタタリ神の黒い瘴気に包まれていたのでした。
西で何か起こっていると思ったアシタカは西に旅に出ました。
旅に出たアシタカは侍に襲われる村を助けますが、右手の呪いが暴走し侍を殺してしまいます。と、同時に呪いで強力な力を得る代わりに、自分にアザが広がっているのを見つけます。その後甲六を助け、タタラ場まで送ります。タタラ場は女が鉄を作り、男が銃を作り戦う場所でした。そこで女頭首エボシ御前と知り合います。
タタラ場ではシシ神の森を削って鉄をつくる砂鉄を取り出しているタタラ場は製鉄業で栄えていました。
このタタラ場での森林伐採が原因で、ナゴの守という猪神がタタリ神になり、アシタカに呪いがかかったという訳なのでした。ある日タタラ場を山犬と犬神モロに育てられたもののけ姫サンが現れてタタラ場を襲います。サンは自然界を荒らすエボシ御前を憎んでいたのでした。戦いを止めようとしたアシタカがけがをしてしまいます。しかしアシタカはサンを背負って山の中に逃げ込むのでした。アシタカは呪いで超人の能力を貰っていたのでした。サンはアシタカを殺そうとしますが、アシタカがサンを褒め殺すのをやめます。
アシタカが目を覚ますと、傷はふさがっていましたがタタリはそのままでした。

ネタバレと結末

その頃森の中では猪神たちが、人間の行動を快く思わない人々が集まっていました。
人間の方もまた、不老不死に慣れると言われているシシ神の首を狙うジコ坊、サンの事を邪魔だと思っているエボシ御前が居ます。ジコ坊とエボシ御前は手を組み、アシタカは神と人間との戦いを阻止しようとします。
が、とうとう戦いが始まってしまいました。タタリ神と化したオッコトヌシも現れ、サンと山犬が味方に付きました。そしてジコ坊はシシ神の首を討ちとってしまいます。
シシ神の体からは液体が出て、触れると死んでしまいます。すべての生命を吸い取るように森が枯れていきました。モロはクビだけ動かし最後の力でエボシの腕を食べます。アシタカはジコ坊から首を奪い返すとシシ神は消えてしまいました。シシ神の消えた森を見てサンは泣きます。アシタカは人間と自然がうまく生きられないことを悔やみ、説明します。サンとアシタカはそれぞれの道を歩むことにし別れますが、いつの間にかアシタカのタタリは消えていたのでした。

もののけ姫のみんなの感想

ネタバレなし

もののけ姫の中では、登場人物の皆が皆自身の思いや利益、在り方の為に動いていて誰が悪役とか悪いとか言う物はほとんどありません。
それでいて最終的な大戦争、神のいる森の壊滅と言う悲劇に向かっていくと言う物語の作りは見事と思う反面未だにトラウマでもあります。
破滅しないと希望が見えないって結論を叩きつけられたようですからね。敢えて悪役を挙げると侍ですが、まあ出番のあんまない舞台装置みたいなものですしね。(40代男性)
とにかく私の一番好きなジブリ作品です。まずアシタカがかっこいい。見た目も声もかっこいいのに、中身までイケメンなのでキュンとすること間違いなし。
もののけ姫であるサンとの交流や、たくさん出てくるキャラクターたちの心のうちなどが描かれていて、ぐっと引き込まれます。
最初は気持ち悪いと思ってみていた祟り神のシーンも、人間のせいなのかと思い始めると今の世の中、他人ごとではないような気がしてきます。テンポよく展開していく話に、あっという間に見終わってしまいました。(30代女性)

ネタバレあり

自然を切り開き理想郷を作ろうとする人間と、あくまでも神聖な森を守ろうとする動物ともののけ姫たち、そしてその間で葛藤するアシタカの姿がよく描かれていました。従来のジブリ作品と比べて、キャラクターの動きが非常に滑らかになりました。テーマソングもシシ神がいる森にふさわしい神秘的な曲で気に入りました。ただ、ナゴの神やオッコトヌシが祟り神化したシーンやシシ神が首を切り落とされダイダラボッチになったところからのシーンが気持ち悪かったです。(30代男性)
この作品は宮崎駿の作品の中では、あまり評判が良くないとも言われているのですが、私はもののけ姫が好きです。まず、自然を守らなければならないというちょっと厳しい目線で書かれているのと残酷な描写も多いところが気に入っています。ちょっと時代劇っぽくみられるところも素敵です。またサンがとても可愛いと思いますし、とてもかっこいいです。最終的に、共存しないというエンドもなかなか素敵です。(30代女性)
良かった点としましては他のジブリ映画より内容や描写の面で大人向けであるからかと思います。最初のほうではアシタカの弓矢で人の腕が飛んだり、シシ神様の首が取れたりと小さい子供は怖がる場面があり、内容も自然との共存といった考えさせられる内容だからです。ヒロインのサンに関しても、あの強気な感じがジブリの女キャラでも一番好きです。声優も美輪さんのモロがとても好きで、「黙れ、小僧」などは名言だし、美輪さんにしか出せない迫力だと思います。(30代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました