君の膵臓をたべたい/あらすじとネタバレと感想

君の膵臓をたべたい 2017年の邦画

君の膵臓をたべたいの概要

制作:2017年 日本
監督:月川翔
出演:浜辺美波、北村匠海(DISH//)、大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔、北川景子、小栗旬、他

君の膵臓をたべたいの見どころ

君の膵臓をたべたいは住野よるによるベストセラー小説である。
月川翔監督が映画化。主演は浜辺美波と北村匠海。
原作とは違い、12年後も描かれているのが特徴。

君の膵臓をたべたいのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

母校で国語の高校教師をしている「僕」(小栗旬)。職員室の引き出しにしまってある辞職届は、いつだそうかと思い悩んでいました。
ある日、図書館が老朽化のために取り壊されることになりました。僕は図書委員と共に本の整理をします。
そこで女の子の声を聴き、12年前の懐かしい思い出がよみがえりました。
・・・高校時代の僕。通院している時にある本を拾います。クラスメイトの桜良のものでした。桜良は明るく人気者。しかし実は桜良は膵臓に病気を抱えており、生死にかかわる大病だったのです。僕が拾ったその本は、桜良の共病文庫という本音を綴った本でした。桜良は僕に、秘密を知ったからには責任を取ってといいました。
桜良はその本に死ぬまでにしたいことを綴っており、僕は協力させられることになったのです。
桜良は僕と同じ図書委員に立候補し、僕と仲が良いことをアピールします。しかし桜良は図書委員の仕事を真面目にしませんでした。
桜良はギリギリまで病気のことはみんなに知らせたくないといいます。僕と桜良の仲は少しづつ縮まっていきます。
ラーメンを食べに行ったり、旅行に行ったりと青春を謳歌していく二人。桜良は僕に「私が死んだら、私の膵臓を君が食べて。人に食べてもらうと魂がその人の中で生き続けるんだって。私生きたい、大切な人たちの中で」といいました。
桜良は死ぬまでにしたいことのひとつに、男の子といけないことをするという項目を上げていました。もちろん翻弄される僕でしたが未遂に終わります。帰りに委員長に会い、二人の仲を問い詰められます。驚いたことに委員長は桜良の元カレでした。
そして桜良は入院します。

ネタバレと結末

退院したらサクラを見に行こうと僕を誘います。
そして桜良は一時退院します。待ち合わせをしていましたが、いつまでたっても桜良は待ち合わせ場所に来ませんでした。
そこにニュースが流れてきます。
通り魔が出て、桜良がその通り魔に刺されて死んでしまっていたのでした。
ひと月経っても僕は桜良の死が受け入れられませんでした。そして桜良の家に行きます。
桜良の母に病気を知っていたことを話し、共病文庫を見せて欲しいと頼みます。母は共病文庫を渡します。母にお礼を言われ、帰宅します。
そこには僕への手紙が入っていました。
・・・僕は教師を辞めることをやめ、生徒たちとも新しい気持ちで向き合うことにしました。図書室では桜良が変わらない姿で僕を見守っているのでした。

君の膵臓をたべたいのみんなの感想

ネタバレなし

内気で暗い主人公が、余命宣告を受けた元気で明るいヒロインと一緒に過ごすことで少しずつ成長していくというよくある設定ですが、青春時代を思い起こさせられてしまい、最後の方は涙を堪えることができませんでした。また、いつもは明るく元気な彼女が、死にたいする恐怖や不安を見せるシーンは出演者の演技力もあいまってとても胸を締め付けられました。私は漫画版を先に読んで感動していたのですが、映画版も同じくらい良かったです。(20代男性)
この映画を見てから何か月かたっているのですが、結局のところ、山内桜良役の浜辺美波さんのいろいろな表情だけが脳裏に焼き付いています。
見る前には、感動的なストーリーだと耳にしていましたので、どんなに涙を流すことになるのだろうかと、期待していたのと見るのが怖いなと思うのとで、肩に力が入っている感じでした。
確かに感動しましたし、涙がでましたが、見る前に過大に期待していたために、ストーリーはそれほど感動的ではないなあ、というところで終わってしまった感じでした。
見てよかったと思うのは、浜辺美波さんの表情に釘付けになったくらい、魅力的な女優さんの存在を知ることができたことでしょう。若いのに色っぽい感じも出ています。(40代女性)
見れば見るほど難しい映画と思いました。いろんな捉え方や感想があると思います。老若男女誰が見ても良い映画です。小学生の高学年くらいから見てもわかる映画でしょう。可哀想な映画といえば単純には可哀想で悲しい映画です。重い病気を持っているのにそのそぶりを感じさせない少女の姿がなんとも言えないです。映画の中でも学生生活を一生懸命に過ごしているのが初々しいです。主人公の男の子はよくいる感じの子でした。恋愛ものの映画とは異なります。しかし、見ていると学生物の恋愛関係も考えられる映画のようにも思えてきます。題名を見ると恐怖物のホラー映画のようにも当初思えていましたが、映画を最後まで見るとなるほどと思える映画でした。世の中にはこのような子供や人々が実際いる事を考えると、健康な自分の現状がありがたいと思える映画でした。(50代男性)

ネタバレあり

原作からのファンで映画とても楽しみにしていました。思った以上に良い仕上がりでした。学生時代を演じた女の子がとても可愛くて天真爛漫で自由で見ていて引き込まれました。自分が死ぬのに最後まで明るく元気でいられるなんてすごいなと思いました。結果的に病気ではなく事件に巻き込まれてなくなってしまいます。その死はあまりに突然で衝撃的でした。人生の儚さ、人生はいつ終わるわからないのだから一所懸命生きて行こうと思わせてくれました。(30代女性)
とても見応えのある映画だと思いました。最後の方はまた入院が続いている辺りから結末は読めていると思ったのですが、まさか事件で突然に命を失うとは全く予想しなかったのでいい意味で大変裏切られました。
話題作だからとりあえず見ておこうという位の気持ちでしたが、涙なしに見られませんでした。
ただ、キャストの雰囲気はあまり好きではありませんでした。わざとなのか桜良の演技や話し方が舞台のミュージカルを見ているようで何だかとても不自然で違和感を感じました。ストーリーは面白いのに少し残念でした。あとは春樹のことを「キミ」と呼ぶところがやけに耳につきました。おそらく原作がそうなのでしょうが、小説のなかでは成り立っていても、映像にすると違和感があって気になってしまいました。
それでもとにかく感動で心に残る好きな映画の1本になりました。特に2人が付き合うとか恋愛が全面に出るわけでもないのですが、恋愛なのか友情なのかお互いを必要とし合っていたり、不器用な片思い?両思い?の純粋な青春時代の雰囲気が良かったです。恋愛映画なのか友情映画なのかと言われるとよくわかりませんが、要素がたくさん詰まった本当に素敵な作品だと思いました。(30代女性)
病気で亡くなる悲しい作品だと思っていましたが、病気でなくなるのではなく突然亡くなることによって消えてしまったことに驚きました。
「君の膵臓を食べたい」というタイトルが衝撃的ですが、猟奇的な要素とは無縁のものでした。これもとても印象的でしたが、タイトルが頭に入っていると涙腺がストーリー中に崩壊しました。
女の子が命懸けでキラキラと輝く日々を前半に描き出していたからこそ衝撃的な印象を受けました。映画の後半に進むにしたがって、前半の彼女とのキラキラとした輝く日々が生きてくるので涙腺が緩んで涙が止まりませんでした。
この映画の一番良かったところは、「愛している」というセリフを使わなかったところではないでしょうか。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました