おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

フォーリング・ダウン/あらすじとネタバレと感想

洋画他

このページでは、フォーリング・ダウンのあらすじやネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク

フォーリング・ダウンの概要

制作:1993年 アメリカ
監督:ジョエル・シューマカー
出演:

  • マイケル・ダグラス
  • ロバート・デュヴァル
  • レイチェル・ティコティン
  • フレデリック・フォレスト
  • チューズデイ・ウェルド
  • ロイス・スミス
  • バーバラ・ハーシー
Falling Down – Original Theatrical Trailer
スポンサーリンク

フォーリング・ダウンの見どころ

マイケル・ダグラスが「ブチギレ男」を熱演して新境地を開拓。

都会生活への風刺とアイロニーに、リアルなアクションを交えた斬新な娯楽作に仕上がっている。

フォーリング・ダウンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

「D-フェンス」と名乗る男がいた。

非常に厳格で几帳面な上に、自分の価値観をはっきりと持つ彼は、両替をしてもらおうと入ったコンビニエンス・ストアで、邪険にされて怒りが爆発。

その些細な出来事は、やがて市民を震えあがらせる事件に発展していく。

ネタバレと結末

ここをクリックするとネタバレが表示されます

ある真夏日、主人公ウィリアムは大渋滞に巻き込まれていました。

彼が乗る「D-フェンス」というナンバープレートの車はエアコンが壊れており、暑さに苛立ったウィリアムは、車を乗り捨て立ち去ってしまいます。

同じく大渋滞にはまっていたプレンダガストという刑事は、駆けつけた白バイとともに、ウィリアムの車をどかすのを手伝う。

車を乗り捨てたウィリアムが向かっていた先は、元妻と今日が誕生日である娘の元。

公衆電話から元妻へと電話を掛けましたが、すぐに切られてしまいます。

もう1度掛け直そうとしましたが、小銭がなかったために韓国人リーが経営する食料雑貨店にて両替を頼むことに。

リーは両替には応じずに、何か買ってお金を崩すことを要求したため、ウィリアムはコーラを買います。

しかしリーが高値を吹っ掛けたためウィリアムが激怒、店の護身用バットを奪い店内を破壊して店を後に。

買ったコーラで休んでいるところに、チンピラ2人が絡んできましたが、持っていたバットで撃退します。

チンピラを撃退し再び元妻に電話をかけてみますが、ウィリアムを怖がっていた元妻に、家に来ることを拒否されてしまいました。

すると先ほど撃退したチンピラが、仲間を引き連れて車から銃を乱射。

多くの人が巻き込まれてしまいましたが、ウィリアムは無傷であり、チンピラたちは直後に交通事故を起こして重傷を負います。

ウィリアムはチンピラが持っていた銃を奪い、その足で朝食を食べにハンバーガー店に行きましたが、店員ともめたことで銃を乱射し騒ぎに。

ハンバーガー店を立ち去ったウィリアムは、娘へスノードームを買った後、軍用品が売っているお店で店主と揉め射殺してしまいます。

軍用品店でバズーカを手にしていたウィリアムは、工事現場にバズーカをぶっぱなし、着々と元妻と子供の元へと向かって進んでいきます。

一方、これまでの事件の被害者の証言などから、プレンダガストは一連の事件にウィリアムが関わっていると感づき、女性刑事・サンドラと事件現場の捜査に。

大渋滞時に残された車のナンバーに、「Dフェンス」と書かれていたことを思い出したプレンダガストは、事件を起こしていた男がウィリアムという名前であると知る。

プレンダガストはウィリアムの実家を訪ねて、ウィリアムが離婚していたことを知りました。

元妻の家の場所と突き止めたプレンダガストはサンドラと共に家へ向かいましたが、家にはホームビデオを見ていたウィリアムがいました。

元嫁と娘はウィリアムが家に着く前に逃げており、家にはウィリアム1人。

プレンダガストとサンドラが家に到着すると、それに気が付いたウィリアムは銃を手に取り、裏に回ったサンドラに発砲し逃走します。

ウィリアムが向かった先は、家族3人の思い出がある桟橋。
そこには元妻と子供の姿がありました。

銃を持つウィリアムにおびえる2人に対し、ウィリアムは娘の成長に涙を流していました。

3人の元へと到着したプレンダガストは、ウィリアムに話しかけ緊張を解きます。

緊張が解けたその隙に元妻が銃を奪い、プレンダガストは銃口をウィリアムに向けながら逮捕されるよう説得します。

そんな中、ウィリアムはプレンダガストにポケットに銃が入っていると嘘をつき、それを取り出そうとしたため射殺されます。

ウィリアムを射殺したプレンダガストは、不当な扱いを受けていたウィリアムの気持ちがわかっていたので、やりきれない気持ちになるのでした。

 

 

 

 

 

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

洋画他
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました