北の国から’95秘密/あらすじとネタバレと感想

北の国から'95秘密1995年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

北の国から’95秘密の概要

制作:1995年 日本
プロデューサー:山田良明、清野豊、笹本泉
出演:田中邦衛、吉岡秀隆、中嶋朋子、原田美枝子、岩城滉一、地井武男、宮沢りえ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

北の国から’95秘密の見どころ

1981年の大人気テレビドラマをスペシャルとしてシリーズ化された。倉本聰原作。
主演は田中邦衛。
富良野を舞台に、東京から富良野に移り住んだ家族が成長していくストーリー。
今回は富良野に帰ってきた純が宮沢りえ演じるシュウと出会う話と蛍の駆け落ちの話。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

北の国から’95秘密のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

石の家も出来上がり、犬のアキナと五郎が暮らしています。
純も富良野に帰ってきて、環境管理課(ゴミ収集車)で働いていました。純は正吉と一緒に暮らしており、正吉は自衛官を辞めて除雪車に乗っています。正吉には彼女ができ、正吉の彼女が家に来る時は玄関に黄色いハンカチを出しておくという決まりがありました。
純は粗大ごみも回収しており、使えそうなものがあれば五郎に渡しています。ある日立派な柱時計が出されており、五郎に渡します。後日取りに来た女性が居ましたが、五郎に渡しているので純はまた後ろめたい気持ちになりました。
日を追うごとにすっかり富良野になじんできた純。その日も古雑誌の中からHな雑誌を農業を継いだ広介のために分けていました。またある日、あの柱時計の女性を見かけた純は五郎に言って時計を返してもらいます。
そして女性に時計をエサに近づきました。女性の名はシュウといい、ひと月前に富良野に引っ越してきたと言います。東京に居たという共通点から仲良くなっていきます。純は五郎の事を話すとシュウは五郎の暮らしが見て見たいといい、純は石の家に連れて行きます。電気も何もない家に行ったシュウは感動し、五郎を慕うようになりました。五郎は蛍が帰ってこないのでシュウを代わりに思うようになりました。
そして純がシュウの家に行くと、何もなくこれから買いそろえていくというシュウに純が粗大ごみの話をします。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

純は蛍の彼氏である勇次から電話をもらうと、蛍が行方不明になっていました。蛍は仕事も辞め、半年ほど勇次とも不仲が続いていたようでした。
調べていくと蛍は妻帯者の医者黒木との仲がばれてしまい病院を辞めていました。しかし黒木も連絡が付かず、二人は駆け落ちをしていたのでした。勇次は元気でさえいてくれればと涙します。
一方でHな雑誌を貰っていた広介がシュウの正体に気が付きました。しかし純には言えず、正吉に話します。正吉はどう純に言おうか悩んでいると蛍が来ます。蛍は純に金を貸してくれと言い、落ち着いたら連絡する、連絡させると言いました。根室の診療所で二人で働くという蛍は、純に蛍の方からのアタックだと聞かされます。そして五郎にはボランティアで僻地に行くと言ってくれと言い列車に乗って行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました