ナイン・ソウルズ/あらすじとネタバレと感想

ナイン・ソウルズ2003年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ナイン・ソウルズの概要

制作:2003年 日本
監督:豊田利晃
出演:原田芳雄、松田龍平、千原浩史、板尾創路、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ナイン・ソウルズの見どころ

ポルノスター、青い春と続いてきた豊田利晃監督による青春3部作の完結編。主演は原田芳雄、松田龍平。
刑務所を脱走した9人が刑務所仲間から小学校の校庭に大金を隠したと聞いて取りに行くが、そこにあったものは「なんでも開く未来のカギ」だったというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ナイン・ソウルズのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

刑務所の13号室にはさまざまな経歴や犯罪歴がある人々9人がいます。
そこにある日、父親殺しの金子未散(松田龍平)が入ってきます。未散は10年間引きこもったあげく、弟とケンカして父親を殺して入ってきました。
部屋の長である長谷川虎吉(原田芳雄)は息子を殺して入っていました。
伝説の暴走族の車一馬は仲間を四人殺して入っています。
根っからの不良で孤児院育ちの宍戸ラン。AVの帝王、亀井富士夫は彼女の浮気相手を殺しています。
猿渡清は横須賀のプッシャー(薬)です。医者だった白鳥ひでみは患者の自殺を助けた罪で入っています。
乾真一は爆弾魔で懲役15年です。牛山一郎は切れると止まらないので事件を起こして入っています。
最後に自称偽札王の山本は、自分が通っていた富士山麓の小学校のタイムカプセルに大金を入れていると言い残して精神的に限界にきて入院していきました。
残った9人でご飯を食べていると、そこにネズミが入ってきます。
ネズミを見た脱走の名人の白鳥は脱走できると思い、ネズミが入ってきた穴を探します。そして9人は無事に脱走するのでした。彼らは暗闇の中はしり抜け、ヒッチハイクした後運転手を木に縛り付けて富士山麓の小学校に向かいます。行く途中に虎吉の刑務所仲間だった中山の家により、9人は家じゅうをひっくり返して去っていく。神社の賽銭を盗み、店を襲い、変装してご飯を食べたりと悪事を重ねます。
9人の心が一つになっている時に、未散だけは閉じこもったままでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

途中で皆でストリップに寄り、ストリップ小屋で愛する人と再会を果たした白鳥はそこに残ることにして車を降ります。そして無事に小学校についてタイムカプセルを開いた8人が見たものは、何でも開く未来の鍵と書かれたガラスのカギでした。車一馬は未散に「引きこもり、これやるわ。」と言って渡し、未散はポケットに入れます。そして目的を果たした8人は自然に散って行きます。知り合いのことろに行くもの、働き始めるものなどいますが結局は幸せにはなれません。東京に着くころには虎吉、未散、一馬、乾の4人になり車を隠して、再度の集合時間だけ決めて自由に動くものの大雨でした。乾は持病が悪化し倒れてしまいます。一馬は暴走族仲間に刺され、虎吉は娘の結婚式に行き、途中で襲ったパチンコ屋から奪ったお金を渡しますが拒否されます。未散の弟ノボルがテレビで兄を死刑にしてくれと言っていました。未散はノボルの会社に行き、隠し持っていた煉瓦で殴ります。そしてビルに立てこもります。未散を心配した虎吉は車をビルに向かわせ、クラクションを鳴らします。未散は鍵を外に向けて差し出し、未散の扉が開いていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました