海を感じる時/あらすじとネタバレと感想

海を感じる時 2014年の邦画

海を感じる時の概要

制作:2014年 日本
監督:安藤尋
出演:市川由衣、池松壮亮、他

海を感じる時の見どころ

中沢けいの小説を実写映画化。小説を書いた時中沢けいは18歳の明治大学1年生だった。
高校生の少女が「体だけでもいい」と思い、好きな先輩と肉体関係になるが徐々に男が女に気持ちが入って行くものの、女は今度は男の気持ちを受け入れることができなくなっていたというストーリー。

海を感じる時のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新聞部に所属している恵美子は授業をさぼって部室に居ると、先輩の洋がやって来ました。洋に片思いしている恵美子は嬉しく思い話をしていると、突然洋がキスしたい。と言いだします。恵美子が私の事を好きなのかと尋ねると好きではないがキスがしたいと言われ要求をのみます。そしてスカートの中に手を入れた時にチャイムが鳴り洋は部室を出て行くのでした。放課後になり恵美子は洋を喫茶に呼び出して以前から好きだったと告白します。しかし洋は女の体に興味があっただけで誰でも良かったと正直に話すのでした。
それでも恵美子は洋の事が好きで求められるままに体を差し出してしまいます。洋に愛されてなくても、体を求められるのが嬉しかったのでした。そこでまた洋は恵美子の事を大切にできないと言い放ちますが、それでも恵美子は洋のことを諦めませんでした。
二人は肉体関係を続け、やがて恵美子は妊娠してしまいます。産むと喜ぶ恵美子に洋は金しか出せないと言います。そしてバスに乗った恵美子は出血してしまうのでした。
そして洋は大学進学で東京に出て行きました。恵美子は何通も洋に手紙を送ります。ある日恵美子が出した洋への手紙が送り返されてきて恵美子の母親の知る事となりました。恵美子の母は泣き崩れ母親に恵美子は好きな人に体を許して何が悪いとます。母子は喧嘩します。恵美子は手紙に体だけでいいから会って欲しいと書いていたのでした。

ネタバレと結末

夏になり恵美子は洋のアパートに押しかけ、洋はもうこれで終わりにして欲しいと言いました。恵美子ははじめに入り込んできたのは洋だと言い、裸になって抱き合います。
家に帰ると母にはバレており、幼いころに亡くなった父の分まで叱られました。しかし恵美子は母に家を出て行くと言います。母は精神的に追い詰められます。
大学受験にも無事に失敗した恵美子は家を出ました。洋に自分の気持ちを伝えるものの、洋は拒否します。恵美子は東京で、花屋でバイトしながら一人暮らしをします。この頃から洋は恵美子に言われなくても自発的に来るようになりました。母が来ている時に来て気まずい雰囲気になり洋が帰ったこともあります。
ある日洋が恵美子の乳首の色について無神経にも姉に話した事と姉が恵美子は遊んでいるから乳首が黒いのではないかという話をしたことを聞いた恵美子が切れました。
ある日酒を飲んでいた恵美子は中年の男とふらりと関係を持ちます。何がしたいのか自分でもわかりません。そしてしれっと洋と居ると宏は恵美子に優しくなってきていました。恵美子は中年男性と寝たことを洋に話します。今度は洋が怒ります。今は洋の方が恵美子の事を好きだったのでした。恵美子はあんなに私が好きだった時に答えてくれなかったくせに何を言っているんだと憤慨し、洋が出て行きます。恵美子も実家に帰るが母は仕事に行っていました。幼い日の事を思いだし、下着姿で浜辺で海を見るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました