ロストパラダイス・イン・トーキョー/あらすじとネタバレと感想

ロストパラダイス・イン・トーキョー2010年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ロストパラダイス・イン・トーキョーの概要

制作:2010年 日本
監督:白石和彌
出演:小林且弥、内田慈、ウダタカキ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ロストパラダイス・イン・トーキョーの見どころ

ロストパラダイス・イン・トーキョーは白石和彌の長編監督作品デビュー作である。
知的障害の兄と暮らす弟は兄のために、デリヘルを呼んだことから三人の運命が大きく変わるという物語である。
キャッチコピーは「安住の地(パラダイス)はどこにある?。」

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ロストパラダイス・イン・トーキョーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

幹生は父が亡くなり、知的障害の兄の実生と暮らすことになりました。
マンション販売の営業として働く幹生は、兄の事をひた隠しにし、兄には家から出ないように言っています。
ある日の事、性欲処理ができない兄のためにデリヘル穣を家に呼ぶと、デリヘル穣マリンがやってきます。マリンは秋葉原で地下アイドルをしていますが、生活できないためにデリヘルをしていました。
幹生は飲んで帰ったある日、家にマリンいました。驚きましたが、兄が勝手に呼んでいたのです。しかし当の本人である兄は家には居ませんでした。兄は家の外壁に絵をかいていたのです。幹生は怒り、マリンが兄を慰めます。
そして仕事をしているとマリンから電話がかかります。兄が落書きで逮捕されたというのでした。
幹生は家から出る時にチェーンをして兄が出ないようにします。兄は昔近所の幼女を襲った事があったのでした。兄の幸せを考えると、ゴールはありませんが、そうするしかなかったのです。マリンは島を買えばいいと夢物語ばかり言います。
ある日の事、マリンを追っているドキュメンタリー演出家がデリヘルをしていることを突き止めました。
マリンは島を買うのが夢で、兄との性行為を撮影させてほしいという事でした。島を買うのはマリンだけではなく、兄の夢でもあるため許可します。
マリンとすっかり打ち解けた兄弟はマリンと三人で暮らすようになりました。
ウソだと思っていたマリンの貯金がとうとう島を買える金額になりました。そこへドキュメンタリーの人が、兄の起こした幼女の事件に改めて謝罪するように言われ、被害者の家に向かいます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

被害者の父は激怒でした。兄にも殴りつけ、ナイフを持ち出し、かばった幹生がケガをしてしまいました。
次の日、幹生が起きると兄が居ません。探すと海辺に兄の靴がありました。
兄が居なくなったことでマリンとのバランスも崩れ、別々に暮らしだします。そして幹生は仕事も転職しますが、不況のあおりをうけて首になります。そんな時ニュースでは海で必死でボートをこぐ男が映し出されます。兄でした。兄が生きていたのです。
やがてマリンから連絡を受けた幹生は、マリンと兄を探しに行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました