クイール/あらすじとネタバレと感想

クイール 2004年の邦画

クイールの概要

制作:2004年 日本
監督:崔洋一
出演:小林薫、椎名桔平、寺島しのぶ、松田和、香川照之、他

クイールの見どころ

「盲導犬クイールの一生」秋元良平(写真)・石黒謙吾(文)の写真集を崔洋一監督が映画化。
モデルは訓練士、多和田悟。
盲導犬としての一生を描いた感動の物語である。

クイールのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

犬のブリーダーをしている水戸家にラブラドールレトリバーの子犬が五匹生まれます。
そして水戸家ではこの子犬たちを盲導犬にしようと思うと盲導犬訓練士である多和田に相談します。
一旦多和田は血統が大事と断りますが水戸家は何度もお願いしてみます。
子犬たちはどの子も優秀でしたが、おなかに✖のマークのあるクイールだけは盲導犬に向いていませんでした。しかし多和田はどうしてもクイールが気になります。
そして子犬の中から1匹の子犬クイールだけ多和田は連れて帰りました。
そして多和田はパピーウォーカー(一年間だけたっぷりと愛情を注ぐ役目)の仁井夫婦に預けました。
クイールは仁井家でたくさんの愛情を受け、人間との信頼関係を築きました。
そして一年後、クイールは仁井家とお別れして訓練センターに行きます。
仁井家もクイールも悲しいものの、立派な盲導犬としてクイールが成長するためにお別れしました。
多和田で厳しい訓練をはじめるクイール。なかなか思うようにいかずに手間取ります。
そして訓練中に目の見えない渡辺満と出会いました。多和田はクイールの相手に渡辺がいいのかも。と思いだします。
しかし、実の所渡辺は犬が苦手なのでした・・・。
多和田に進められ、しぶしぶ盲導犬と視覚障害の人との4週間の共同訓練をはじめました。はじめこそ渡辺もクイールもうまくいきませんでしたが、次第に渡辺もクイールに信頼を寄せるようになりました。
なんとか渡辺とクイールは無事に卒業することができ、渡辺はクイールと生活を共にするようになります。

ネタバレと結末

渡辺がクイールを家に連れて帰り、クイールも次第に渡辺の家族と心を通わせ始めます。
しかし二年の間に渡辺の糖尿病が悪化して出歩くこともできなくなってしまい、入院と退院を繰り返すことになってしまうのでした。そしてクイールは渡辺から引き離され、多和田の元に帰ります。
クイールは盲導犬をアピールする仕事に就き、渡辺の帰りを待ちます。
三年後渡辺と最後に一緒に散歩して、その後渡辺は亡くなってしまいます。クイールは施設で過ごすものの、クイール事態も弱ってきます。多和田は仁井夫婦の元にクイールを戻します。
再び夫妻はクイールに愛情をささげ、クイールは全身に愛を受けて亡くなります。クイールは12歳と25日行きました。

クイールのみんなの感想

ネタバレなし

盲導犬を育成する内容のお話です。
ラブラドールレトリバーのクイールが産まれてから死ぬまでを追っていきます。クイールの里親となるブリーダーとの物語、盲導犬訓練所での教官との物語など、あくまで人とかかわってドラマを生むクイールが可愛くて目が離せません。
一旦は訓練所を卒業した盲導犬達が、その後には同窓会として皆集まるシーンがあります。犬たちの中で寝る教官の姿が面白いと思いました。最後のクイールに死が訪れるシーンは泣けます。(20代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました