おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

「ブラックアダム」興行収入推移と観客動員数まとめ

興行収入

画像はYahoo!映画より引用

2022年12月2日公開「ブラックアダム」の興行収入推移と観客動員数とまとめました。

「鬼滅の刃 無限列車編」が「千と千尋の神隠し」の興行収入を抜いたことをきっかけに、以前よりも興行収入に関する情報を、目にする機会が増えたと思います。

興行収入は話題性に大きく影響を与え、それにより作品の上映期間が延びたり、短くなったりといったことにも繋がります。

上映期間情報はこちら→上映期間

情報が入る度に追記させていただきますので、映画を鑑賞する際の1つの指標として活用ください。

DCコミックスシリーズのヴィランで、ヒーロー・シャザムの宿敵である「ブラックアダム」をベースにした作品。

「ブラックアダム」の興行収入推移と観客動員数

日数興行収入動員数
公開3日(~12/4)1億6466万3690円11万234人
情報が入らない場合は、途中で更新が止まることもありますのでご了承ください。

その他作品の興行収入情報

公開日作品タイトル最新興行収入
11月23日母性2億2628万1210円(~11/27)
→4億1433万8250円(~12/4)
12月2日月の満ち欠け3億5356万8180円(~12/4)
12月3日THE FIRST SLAM DUNK12億9580万8780円(~12/4)
12月9日ラーゲリより愛を込めて
作品タイトルをクリックすると、その作品の興行収入・観客動員数について書かれた記事に飛べます。

「ブラックアダム」の作品情報

制作2022年 アメリカ
配給ワーナー・ブラザース映画
監督ジャウム・コレット=セラ
製作ボー・フリン
ドウェイン・ジョンソン
ハイラム・ガルシア
ダニー・ガルシア
脚本アダム・スティキエル
ローリー・ヘインズ
ソフラブ・ノシルバン
キャスト・出演者ドウェイン・ジョンソン
オルディス・ホッジ
ノア・センティネオ
サラ・シャヒ
マーワン・ケンザリ
クインテッサ・スウィンデル
ピアース・ブロスナン

あらすじ

5,000年の眠りから目覚めた破壊神ブラックアダム。
かつて彼の息子は、自らの命を犠牲にして父を守り、その力を父に託した。
息子の命と引き換えに手に入れた❝呪われた力❞。
ブラックアダムは苦悩と悔恨に苛まれながらも、息子を奪われた復讐心から、その強大な力を使い、現代の地球で破壊の限りを尽くす。
そんな彼を人類の敵とみなし立ち向かうのは、スーパーヒーローチーム❝JSA❞!
果たしてブラックアダムは人類の敵なのか⁉彼が現代に蘇った本当の理由とは?

引用元・「ブラックアダム」公式サイト

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

興行収入
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました