おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

ダーティハリー5/あらすじとネタバレと感想、配信情報も紹介

洋画他

画像はU-NEXTより引用

このページでは、「ダーティハリー5」のあらすじやネタバレ、配信情報を紹介しています。

スポンサーリンク

ダーティハリー5の概要

制作:1988年 アメリカ
監督:バディ・ヴァン・ホーン
出演:

  • (ハリー・キャラハン)クリント・イーストウッド
  • (サマンサ・ウォーカー)パトリシア・クラークソン
  • (アル・クアン)エヴァン・C・キム
  • (ピーター・スワン)リーアム・ニーソン
  • (ハーラン・ルーク)デヴィッド・ハント
  • (ドネリー)マイケル・カリー
  • (アッカーマン)マイケル・グッドウィン
  • (パトリック・スノウ)ダーウィン・ギレット
  • (ルー・ジャネロ)アンソニー・チャルノータ
  • (ジョニー・スクエアーズ)ジム・キャリー
スポンサーリンク

ダーティハリー5の配信情報

各動画配信サービスにおける配信情報は以下の通り。

配信情報は2021年7月現在のものです。
最新の配信情報につきましては、公式サイトの情報をご確認ください。

music.jpは30日間の無料おためしに登録すると、1600ポイントがもらえるので、そのポイントを利用することで視聴できます。

ダーティハリー5の見どころ

色気あふれるリポーターを演じるのはパトリシア・クラークソン。

爆薬を積んだリモコン・カーに追われるカーチェイス、ハリーが最後に仕留める武器など、アイデアも新鮮。

ダーティハリー5のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

サンフランシスコ市警察の名物刑事、ハリー・キャラハン。

彼が新しい相棒である中国人・クワンと殺人事件を捜査していると、女性リポーター・サマンサに出会う。

ある日、強盗事件に遭遇したハリーは、自身も死亡予想ゲームに巻き込まれていることを知る。

ネタバレと結末

ここをクリックするとネタバレが表示されます

サンフランシスコ市警のハリー・キャラハン刑事は、違法賭博の元締めであるジェネロを逮捕・有罪に追い込み、一躍時の人に。

ハリーの活躍が報じられる中、その報道を見ていたとある男がおり、その男はハリーの名前をとあるリストの中に追加します。

ハリーは夜のサンフランシスコを巡回していると、ジェネロの部下に襲撃に会い、車を大破させられるも返り討ちにする。

車を破壊してしまったことで、上司・ドネリーに内勤を命じられるとともに、広報・アッカーマンからは市警のイメージアップのため、マスコミとの協力を依頼されることに。

ハリーは中国系アメリカ人のクワンとコンビを組まされることで捜査に復帰。

2人は人気ロックスター・ジョニー・スクエアーズ死亡の連絡を受け、彼が主演するホラー映画の撮影現場に向かう。

彼の死因は薬物の過剰摂取、ハリーは発見者のピーター・スワン監督に事情を聞くが、有力な情報を得ることはできませんでした。

事件を聞いて駆けつけたレポーターのサマンサは、ハリーを取材するが相手にされず、泣いていたジョニーの恋人スザンヌに取材しようとする。

見かねたハリーは、テレビカメラを取り上げて破壊してしまいます。

捜査のためチャイナタウンを訪れたハリーとクワンはそこで強盗現場に遭遇。

ハリーは強盗犯3人を次々に射殺し、クワンは逃げ出した1人を素手で取り押さえる。

クワンは強盗に射殺された被害者から、有名人の名前が書かれたメモを発見。

そのメモにはジョニーの名前とハリーの名前が書かれており、ジョニーの名前の横には、死んだことを意味する言葉が…

本部に戻ったハリーはドネリーに呼び出され、壊したカメラの損害賠償を求められていると叱責を受ける。

そこへやってきたサマンサ。

サマンサは損害賠償を取り下げる条件として、ディナーという名の取材をハリーに要求する。

ハリーは要求通りサマンサとディナーをしますが、マスコミを批判し、反論する彼女を尻目に席を立ってしまいました。

その後、ハリーとクワンはテレビでサマンサのニュースを見て、スワンたちが「デッド・プール」と呼ばれる賭博をしていることを知る。

有名人の死を予想する「デッド・プール」。

サマンサは、スワンの会計士がチャイナタウンで強盗に射殺されたことも報じていました。

スワンに事情を聞きに向かうハリーとクワンでしたが、スワンは事件への関与を否定。

ハリーはサマンサに事情を聴くため放送局に向かい、彼女から情報を受け取ります。

お礼にサマンサを食事に誘い、彼女と打ち解ける。

食事の帰りに、再びジェネロの部下に命を狙われたハリーでしたが、またも返り討ちに。

次にハリーが向かった先は、ジェネロが収監されている刑務所。

ハリーに対し悪態をつくジェネロを脅し、襲撃を止めさせます。

同日、スワンはマスコミに対して「デッド・プール」を行ったことを反省していましたが、その夜に映画評論家モリーが殺害される。

殺害現場には、スワンのものと思われるデット・プールが…

ドネリーはスワンを疑うがハリーは違和感を感じていました。

ハリーはスワンに会いに行くと、スワンにアリバイがあることを聞かされ、ハリーは誰かがスワンを犯人にしようとしていると考えスワンに伝えました。

ある日、またも殺人事件が発生、テレビ番組司会者ロッカーが爆殺されたのです。

ハリーは、事件の経緯からハーラン・ルークという男をマークする。

スワンにルークのことを聞いた後、本部に戻ったハリーの机には、ハリーの死を示唆するデッド・プールが置かれていた。

ハリーとクワンは、ルークが通院していた病院に向かうことに。

病院に向かう途中、プラスチック爆弾を搭載したリモコン・カーにより車を爆破され、クワンが負傷してしまいます。

病院の医師から情報を得たハリーはルークの彼の家に向かうと、そこで次の標的がサマンサであることを知る。

ルークを探すハリーでしたが、サマンサはルークによってスワンの映画の撮影現場へ連れ去られてしまいました。

ハリーは彼女を救うため撮影現場の港に向かう。

ルークを追い詰めるハリーでしたが、サマンサを人質にされマグナムを奪われてしまいました。

しかし隙をついてハリーとサマンサは脱出し、彼女を安全な場所に隠してルックと対決する。

弾丸を討ち尽くしたルックに対し、ハリーは映画の撮影に使用されていた捕鯨砲を持ち出し、ルックを射殺する。

警察やマスコミが駆け付ける中、ハリーはサマンサを連れて港を後にしました。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

洋画他
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました