愛人/ラマン/あらすじとネタバレと感想

愛人 ラマン1992年の洋画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

愛人/ラマンの概要

制作:1992年 フランス・イギリス
監督:ジャン=ジャック・アノー
出演:ジェーン・マーチ、レオン・カーフェイ、メルヴィル・プポー、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

愛人/ラマンの見どころ

マルグリット・デュラスの自伝的小説を原作にし、ジャン=ジャック・アノー監督が映画化。
1992年に製作されたフランス、イギリス合作の映画。主演はジェーン・マーチ。
15歳のフランス人少女と中国人青年との恋愛の物語である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

愛人/ラマンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1929年、ベトナムはフランス植民地インドシナでした。
主人公の少女はフランス人でしたが、母と兄二人と一緒にベトナムに住んでいました。
母は教師をし、家を建てるために焦って騙されてとんでもない土地を買わされてしまい、貧しい暮らしを強いられていました。母は典型的な長男びいきで、長男は母に金をせびり、その金でアヘンを買い、いつも次男と少女に暴力をふるっていました。

ある日少女が学校の寄宿舎に帰る時、メコン川のボート乗り場で中国の資産家の青年に話しかけられます。
青年とは言っても、男は32歳でした。
そして少女は好奇心から黒塗りの高級車に乗り込みました。それからは毎日青年が少女を高級車で迎えに来ました。青年はある日、少女を部屋に連れ込み快楽のままに男と愛人関係を結んでしまいます。

二人は周りに関係を秘密にしていましたが、少女は家に青年を招待して食事をしたときに、少女の母が気が付きますが娘が金になるという事実の方が母親の中で勝ってしまい何も言わずにいました。
しかし少女の母と兄は青年を中国人だというだけで、蔑み、無視していました。青年の方が圧倒的に地位も名誉もあるのにです。
青年は少女に本気で恋をしていましたが、青年は父親が決めた婚約者がいました。中国の大富豪の娘です。
青年も父に少女を愛していると懇願したものの、結果はNGでした。
その頃、少女がフランスに帰ることが決定します。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

青年は少女と別れる決意をするが、少女の方は何が起こっているのかまだイマイチわからない様子でした。
そして青年は少女に、自分の未練を断ち切るために「お金が目当てだった」と言ってくれと言われ、少女は何も疑わずにそのまま口にします。
その後、青年の結婚式がありました。するとそこには少女の姿があり、見つめ合います。その後、少女はいつも会っていた部屋に行きますが、いつまで経っても青年はやってきませんでした。
そうしてとうとう、少女がフランスに帰る日がやってきました。
少女が船から外を見ていると、青年の車を見たような気がします。そして船には男がよく聞いていたショパンのワルツが流れます。少女は初めて涙を流します。
・・・時は流れ何十年も経ったころ、少女は有名作家になっていました。そこに電話が鳴ります。
あの時の青年から「あなたを忘れられず、死ぬまで愛している」というメッセージを受け取るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました