うなぎ/あらすじとネタバレと感想

うなぎ 1997年の邦画

うなぎの概要

制作:1997年 日本
監督:今村昌平
出演:役所広司、清水美砂、柄本明、倍賞美津子、田口トモロヲ、他

うなぎの見どころ

浮気をした妻を殺してから人間不信になった男はペットのうなぎにだけ心を開く毎日。一方で自分の人生が嫌になり自殺未遂をした女を男が助け、心を通わせていくストーリー。

うなぎのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

8年前のある日。サラリーマンの山下拓郎は妻の恵美子が不倫をしているという匿名の手紙を受け取ります。
山下が真実を知るために行動すると、そこに見たものは妻が知らない男と肉体関係をしている所でした。瞬発的に怒りが頂点に達してしまった山下は男と妻を刺し、妻は死にます。そのまま山下は警察に出頭し、模範囚として過ごして8年後に出所します。その時山下は刑務所で飼っていたうなぎを託されます。
山下は服役中に理容師の免許を取り、ある街で理容室を開きます。しかし山下はうなぎにだけ心を開き、街の人とは積極的にかかわろうとはしませんでした。
ある日のこと、うなぎのエサを取りに川に来た山下は服毒自殺をして倒れていた服部桂子を助けます。
山下のおかげで一命をとりとめた桂子は山下の理髪店に来て手伝いをしたいと申し出ます。山下はしぶしぶ桂子を受け入れます。そしてだんだんと理容院も軌道に乗り、山下も近所で顔見知りができはじめ、次第に周りにも打ち解けていきました。
しかしある日、山下の理容院に清掃業者として服役仲間だった高崎がやってきたことから風向きが変わり始めます。山下が何もかもうまくいっていることに対して高崎は面白くありませんでした。そして徹底的に嫌がらせを始めます。まず高崎は桂子に山下の過去を暴露しました。そして山下の事を貶める内容の張り紙を貼って行きます。桂子は山下に話しを聞こうとするも山下は叫ぶだけで話しになりませんでした。
それでも桂子は山下の傍に居ましたが、桂子はある日自分が妊娠していることを知り、山下の前から突然姿を消してしまいます。

ネタバレと結末

桂子は愛人をしていて共同経営をしていた金融会社に行き、母の名義で貸していた3000万円をひきだしました。堂島がお金が無くなったことに気が付き、堂島は弁護士と共に桂子を探し、山下の理容院までたどり着きます。堂島が桂子に金を返せと迫りますが、桂子は拒否します。山下と仲間たちも同時に参戦して堂島と揉み合いになりました。山下は桂子のおなかの中の子供が自分の子だと主張します。この事件がもとで、山下は仮出所を取り消されて刑務所に舞い戻り、うなぎを川に返しに行きます。
桂子には丈夫な子供を産んでくれと言って刑務所に入って行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました