堺雅人主演や出演ドラマ人気ランキング!【100人に聞きました】

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

「堺雅人が出演したドラマで一番面白かったドラマや一番好きなドラマを1つだけ挙げてください」というアンケートを100人に行った結果、以下のような結果になりました。

アンケート実施日:2020年4月6日(インターネットユーザーの10代~60代の男女)
対象となるドラマ:2020年3月までに完結しているドラマ
(映画、アニメは対象外)
有効回答件数:100件
スポンサーリンク

1位:リーガル・ハイ(2012年/2013年)・・・45票

リーガル・ハイ/あらすじとネタバレと感想
リーガル・ハイの概要 制作:2012年 日本 演出:石川淳一、城宝秀則 出演:堺雅人、新垣結衣、生瀬勝久、小池栄子、里見浩太朗、他 リーガル・ハイの見どころ 2012年、フジテレビ系で放映された人気ドラマシリーズの第一弾。主演は堺雅人と新垣結衣。 キャッチコピーは「愛も、法も、嘘が好き❤︎」 一度も負けたことがない敏腕弁護士・古美門研介と正義感の強い新米弁護士・黛真知子のコメディドラマである。 リーガル・ハイのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 告訴では一度も負けたことのない天才弁護士・古美門(堺雅人)と弱者救済の使命に燃える新米弁護士・黛(新垣結衣)。ある日薫は殺人容疑の青年坪倉の弁護をするも敗訴されてしまいます。 事務所所長・三木(生瀬勝久)に控訴をお願いしても却下されてしまいます。 無実の罪を証明したい薫は所長の秘書・沢地に相談して勝率10割の弁護士・古美門を紹介してもらいます。 しかし古美門は正義は金で買えるから金を持ってこいと言い放ちました。薫は事務所に戻り、沢地に古美門の事を尋ねると、古美門は法界では嫌われ者で有名だった。三流...

【選んだ理由】

このドラマの役はかなりぶっ飛んでいたので、そこがとても面白いと思いました。
敏腕弁護士なのですが、どんなに勝ち目のない裁判でも、報奨金が高ければ、どんな手を使ってでも最後は勝訴に持ち込む強さがありました。ライバルの弁護士事務所との対決も面白かったです。また、続編を期待したいです。(50代女性)
堺雅人のいいところは、シリアスな部分と、おちゃらけの部分があるところだと思う。半沢直樹もいいが、彼しかできないと思うドラマが、リーガル・ハイだと思う。裁判の的確な部分と、他のチャラっとした部分が見れるこのドラマは、笑いもあって、なるほどの部分もあって、楽しめる。(60代男性)
古美門研介(堺雅人さん)と黛真知子(新垣結衣さん)の掛け合いのスピード感やほっこりするところなど見ていて心が楽しくなるドラマだった。また古美門研介が作中で語る内容は私達の日常生活においてもハッとさせられる内容を語っているようにも思えるなどとても好きな作品でした。(30代男性)
よく見るとわかる小ネタのオンパレード!
そのため、少しでもよそ見をすると、また戻して見たくなる。
また、堺雅人の演技の緩急が面白く、ほかのキャラクターとの掛け合いのスピード感がたまらない。毎回ゲストも豪華なため、次回が楽しみ。(20代女性)
堺雅人さんが弁護士を演じたコメディタッチのドラマです。裁判では勝つことにこだわり勝つためには手段をえらばないやりかたや主人公の個性的な性格や行動などが面白く、また、ドラマの随所に笑えるポイントがある面白いドラマです。(40代男性)
堺雅人が演じる古美門研介の変人っぷりが、毎回かなり面白かった。新垣結衣が演じている黛真知子の真面目さとのコントラストが好きだった。ドラマの内容もコメディ感が満載でどの回も楽しくみれるものだったのもよかった。(30代女性)
毒舌で偏屈な弁護士・古美門研介が大好きです。変わり者で捻くれているけれど、法廷で勝つということに関しては真っ直ぐで、毎回あの手この手で勝ちにいくところが面白い。コミカルでテンポも良く、笑いが絶えないドラマです。(30代女性)
堺雅人さん演じる破天荒ではちゃめちゃな弁護士。正義は金で買えると豪語する強欲、訴訟無敗記録をもつ敏腕弁護士を演じる独特の個性を表現されてました。対する弱者の力になりたいという純粋なほどの正義感ももつ新垣結衣さん演じる弁護士とのやり取り、掛け合いは、雨白くもあり、シリアスでもあり、魅了されました!(50代男性)
これぞ堺雅人!と思わず唸ってしまうような”クセの強い”主人公と、クセのないまっすぐな役を演じる新垣結衣という真逆のコンビが配役を含めばっちりハマっていて、1話完結が多いので複雑な人間関係等もなく、社会問題に鋭く切り込む回もあれば、少しコメディ要素の強い回もあり、最後まで飽きさせない素晴らしい作品でした。(30代男性)
自分の中で堺雅人さんといえば、新撰組の山南さんの役のようなおだやかで優しいイメージでしたがリーガル・ハイの古美門はぶっとんでました。なぜあんな優しさあふれる堺雅人さんから、雄叫びのようなセリフや人を小馬鹿にしたような表情が出来るかわかりません。大好きです。(30代女性)
スポンサーリンク

2位:半沢直樹(2013年)・・・36票

半沢直樹/あらすじとネタバレと感想
半沢直樹の概要 制作:2013年 日本 演出:福澤克雄、棚澤孝義、田中健太 出演:堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、滝藤賢一、他 半沢直樹の見どころ 2013年、池井戸潤の小説『半沢直樹シリーズ』を原作TBS系『日曜劇場』枠で放送された、大ヒットしたテレビドラマである。主演は堺雅人。 父を銀行に殺された銀行マンがのし上がっていくサクセスストーリー。 キャッチコピーは「やられたらやり返す、倍返しだ!!」「クソ上司め、覚えていやがれ!」 半沢直樹のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 東京中央銀行大阪西支店で融資課長の半沢直樹(堺雅人)は、バブル入行で銀行に入り20年。 今ではすっかり銀行の中心的存在でした。東京本店融資部に勤務する渡真利忍(及川光博)と同期という事もあり、お互いに助け合っています。家にはかわいい妻と子供が居て妻も半沢を明るく励ましています。 ある日、支店長から強引な融資を取り付けることになりました。西大阪スチールから5億円の融資契約でしかも無担保。怪しいと思いながらも受け、大阪支店は最優良店舗賞を初受賞できました。しかし西大阪スチールは実...
半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ ~狙われた半沢直樹のパスワード~/あらすじとネタバレと感想
半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~の概要 制作:2020年 日本 監修:福澤克雄 出演:吉沢亮、今田美桜、吉沢悠、井上芳雄、栗原英雄、玉置玲央、吹越ともみ、磯﨑義知、北村匠海、尾上松也、緒形直人、他 半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ ~狙われた半沢直樹のパスワード~の見どころ 半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ ~狙われた半沢直樹のパスワード~のあらすじとネタバレと結末 あらすじ ネタバレと結末

【選んだ理由】

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

堺さんの知的な感じがピッタリだからです。息苦しくなりそうな長いセリフも堺さんがすごくしっかり話していて、鬼気迫る感動がありました。そして、堺さんのあまり強そうではない雰囲気も現実的にかなりリアリティーがあって、見ていて応援したくなりました。(50代女性)
銀行内部を舞台にしたドラマでしたが、私も元銀行員でしたので、「あるある」と納得できることがたくさんあり、面白かったです。妻役の上戸彩さんとのシーンも銀行にいるときとのギャップがあり良かったです。続編が楽しみです。(40代女性)
結局、昔ながらの「勧善懲悪」であり、弱いものいじめに立ち向かうヒーローものなのですが、「銀行」「金融庁」などの設定が時世にあったということだと思っています。猛烈社員として家庭をないがしろにしながらも、こまかい気遣いも見せ、多くのサラリーマンの共感を呼んだ作品でした。(60代男性)
私が特に好む特撮ヒーローみたいな勧善懲悪なストーリーに加えて、陰謀、裏切りなどのドロっとした人の欲望が渦巻いたり、主役・半沢の「倍返しだ!」と言う台詞と共に悪役が崩れ落ちていく様は見ていて、スカッとします。(30代女性)
半沢直樹が様々な困難や悪者に立ち向かっていって、次々に悪者を倒したり、困難から切り抜けていく姿を見るのが気持ち良かったです。そして彼の熱意に打たれて集まった仲間たちとの連携も羨ましくなりましたし、彼らならどんな困難でも上手く乗り越えて行けるのではないかと思えましたし、応援する気持ちで見ていました。そんな半沢直樹さんを見事に演じた堺雅人さんが素敵でした。(50代女性)
「名作」!まさにこの一言です。堺さんの役柄で、自分の働く姿を見直すきっかけにもなり、勇気や希望ももらいました。真剣な表情や上司・会社に対して自分の信念を貫きとおす姿がとてもかっこよく、何度も何度も見直しておりました。困難は必ず乗り越えられると思わせてくれるドラマでした。(40代女性)
彼は、繊細そうなのにパワーのある感じの役者さんで、その感じがぴったりだったのが半沢直樹だったと思います。毎回ものすごいピンチに襲われるのに、絶対に諦めないで乗り越える姿がとても素晴らしく、ついつい応援しながら見てしまった作品だったと思います。(40代女性)
とにかく彼の演技に夢中になりました。倍返しというフレーズ、悪に立ち向かう姿がかっこよく爽快でした。はまり役で、良い意味で堺雅人という人の芸が広がったように思います。涙と笑顔と悔しさと、いろいろな感情を見事に表現していました。(40代男性)
銀行のリアルな現実を描きながらも、主人公半沢直樹が上司に逆襲して行くドラマならではのストーリーが最高でした。ドラマの回が進むにつれてどんどんボルテージが上がって行くストーリーや演出は見応えがありました。爽やかな堺雅人のイメージがいい意味で崩れたドラマだと思います。(40代女性)
半沢直樹の役職は中間管理職(次長)に該当し、私と同じです。上司に対して、あんな事を言って、やってしまうのがすごいと思っております。つまり、勧善懲悪の典型だと思います。自身の為に、悪を倒すのが目覚ましく、見ていて痛快なところです。(40代男性)
スポンサーリンク

3位:真田丸(2016年)・・・5票

【選んだ理由】

時代劇は好きで昔からよく見ていました。
草刈正雄さんや大泉洋さんなどの名優と共に、真田幸村を堺雅人さんが全力で演じていたように思います。
ドラマのタイトルになっている、真田丸での攻防の描写も見事でした。
三谷幸喜さんの脚本も独自の解釈が入っていたりして楽しめました。(40代男性)
堺雅人さんが主人公・真田幸村を演じ、情熱を持った勇敢な武将というイメージが強く印象に残りました。
仲間たちに優しく、戦では知略にも長けて、奇想天外な活躍を見て、毎回ワクワクしていました。
後半では兄・真田信幸との決裂は悲劇的で、かつ、幸村の英雄たる生き様は実にかっこ良かったです。(40代男性)
元々時代劇が好きで、題材自体に興味があったから。若年時代から最後の大阪夏の陣の時代まで幅広い年代の役を上手く演じており、飽きずに毎週楽しむことができた。時代劇ではあまり見ることが無かったので今後も時代劇に多く出て欲しいと思える作品だった。(30代男性)
大河ドラマでありながら、シリアスな場面ばかりではなく、コミカルな部分もある作品で、堺雅人さん演じる真田信繁がただ格好良いだけでなく、歴史に翻弄される姿と言うのが印象的でした。周りの役者さんも豪華で、特に父親である真田昌幸を演じた草刈正雄さんも印象的な場面が多かったです。(40代男性)
大河ドラマ真田丸で堺雅人は主演の真田幸村を演じており、最終回でのクライマックス、関ヶ原の戦いで、徳川家康にたった1人で馬に乗り敵陣に乗り込み、徳川家康を討ち取ろうとするシーンは、堺雅人ならではの、迫力というより、人間味を合わせ持った戦ぶり、徳川家康に負けることを承知での勇猛果敢な台詞は、堺雅人の味が活かされたシーンであったからです。(50代男性)
スポンサーリンク

3位:新選組!(2004年)・・・5票

【選んだ理由】

山南圭介役で、堺さんがでていました。主役は香取伸吾でしたが周りに出てくる俳優もみんな有名な方で、さすが大河と思いました。山本耕史さんや藤原竜也さんなどに混じっても何の遜色もなく、山南圭介としての色をきちんと出しい芝居をしていました。何時でも正座して話を聞いている姿勢がカッコ良くて、それだけでも印象が強かったです。セリフはあまり多くなかったけれど、途中でみんなに慕われながらも切腹してしまうというショッキングな役で、いつまでも「山南さん」としての印象が残りました。言葉少ないけれども、ちよっとおふざけが入ったり、すごく心に残るセリフを言ったりするところが素敵でした。(50代男性)
この作品で初めて知りました。山南敬介という実際にいた隊士の役を演じていましたが、本などで読んでイメージしていたものとあまりにもぴったりで驚いた記憶があります。特に有名な脱退、切腹のエピソードでの演技は本当に素晴らしいものでした。(40代女性)
元々は幕末に興味が有るだけで堺雅人さんのお名前も知らなかったのですが、小説や歴史から想像していた山南敬助よりも魅力的でした。もの静かで穏やかなのに、油断のならない雰囲気が格好良くて、すっかり堺さんのファンになっていました。(50代女性)
2004年に放送されたNHK大河ドラマです。当時小学生だった自分が初めて堺雅人さんという俳優を知った作品です。激動の時代を必死に生き抜こうとする新選組の隊士たちの姿がよく描かれていました。堺雅人さんの知的で上品、そしてどこか寂しさを漂わせた山南敬助役がはまっていて印象的でした。(20代男性)
NHKの大河ドラマです。堺さん演じる山南さんは、最初は笑顔が胡散臭く見えましたが、徐々に頼りになる仲間になっていくのを見て、好きになりました。明里さんとの関係や、切腹にいたる最後は泣けました。堺雅人という役者さんがいる事を初めて知ったドラマでした。(50代女性)
スポンサーリンク

5位:ジョーカー 許されざる捜査官(2010年)・・・3票

JOKER ジョーカー 許されざる捜査官/あらすじとネタバレと感想
JOKER ジョーカー 許されざる捜査官の概要 制作:2010年 日本 演出:土方政人、都築淳一、石川淳一 出演:堺雅人、錦戸亮、杏、大杉漣、平山浩行、土屋裕一、他 JOKER ジョーカー 許されざる捜査官の見どころ 2010年、フジテレビ系の「火曜21時」枠で放送されたテレビドラマ。主演は堺雅人と錦戸亮。 普段は温厚だが夜になると突然冷酷な決断を下す刑事という二面性を持つ刑事役を堺雅人が演じる。 刑事事件を解決しながら物語が進んでいく形のドラマである。 キャッチコピーは「真犯人よ、闇で消えろ。」「この刑事、天使か、悪魔か。」。 JOKER ジョーカー 許されざる捜査官のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 伊達一義(堺雅人)は神奈川県警捜査一課警部で働いています。 昼間は事件の捜査では被害者のために事件の解決に一生懸命であり、「仏の伊達さん」と呼ばれるほど温厚な性格で通っていますが、夜は打って変わって無法の番人と呼ばれるほど凶悪犯に怒りの鉄槌を下す制裁者に代わります。二面性の強い伊達ですが、ある日少年が改造銃で射殺される事件が起こり、大学生が出頭してきま...

【選んだ理由】

法で裁けなかった凶悪な犯罪者を正義を持った裏組織の主人公が制裁を下すという展開は、かなりスカッとします。このドラマは一話完結で、それそれの事件解決までも面白いのですが、裏テーマとして主人公がこの組織に入った理由や、主人公の同期の刑事の殉職、組織の目的など謎が多く、その謎も全話を通して明らかになっていくので一話も欠けずに見逃せないドラマです。(40代女性)
堺雅人演じる伊達さんが、昼間は穏やかで優しそうな警部であることに対し、夜になると冷酷な制裁者になり犯罪者を法外で裁いていくという二面性に惹かれました。
麻酔銃(?)を構え「お前に明日は来ない」という決め台詞は印象的で、10年近く経った今でもよく覚えています。
またストーリーも面白く、疑いたくなるような結末で見応えがありました。(20代女性)
堺雅人が出演したドラマで、1番面白いドラマが「ジョーカー 許されざる捜査官」でした。主人公である伊達一義は、堺雅人でしか演じられません。表は人の良いおまわりさん、裏では法で裁けない人を闇に葬る仕事人。謎が謎を呼ぶ展開は、1話たりとも見逃せません。(40代女性)
スポンサーリンク

6位:篤姫(2008年)・・・2票

【選んだ理由】

宮崎あおいさんが主役を演じたNHK大河ドラマ「篤姫」で、征夷大将軍徳川家定の正室とお嫁入する。その徳川家定を堺雅人さんが演じていたのです。病弱で早く亡くなり、「篤姫」は天璋院として活躍していく。堺雅人がブレイクする前に出演したドラマである。やさしい徳川家定を演じていた。(50代男性)
半沢直樹での顔芸や倍返しだ!はもちろん面白かったですが、私はNHK 大河・篤姫の徳川家茂の堺さん学生大好きです。
幕閣のごたごたに巻き込まれたくなく、うつけのフリをしている家茂さんと本当のしっかりした家茂さんとの演じ分けが凄く上手でした(30代女性)
スポンサーリンク

7位:Dr.倫太郎(2015年)・・・1票

Dr.倫太郎/あらすじとネタバレと感想
Dr.倫太郎の概要 制作:2015年 日本 演出:水田伸生、相沢淳 出演:堺雅人、蒼井優、吉瀬美智子、内田有紀、高梨臨、他 Dr.倫太郎の見どころ 2015年、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。主演は堺雅人。 大学病院で働く精神科医がひとりの女性と出会い人生を狂わせていくというストーリー。 Dr.倫太郎のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 精神科医・日野倫太郎(堺雅人)は大学病院の名医として、患者の心に耳を傾けて患者の心を解きほぐすという方法で人気でした。しかし倫太郎は、彼女もいなく、恋愛を一過性の精神疾患のような状態として自分の恋愛には無頓着だったのでした。そんな倫太郎は中学の時にうつ病の母を亡くしており、そのきっかけはうつ病の母に倫太郎が「頑張ってよ」と言った一言で自殺してしまったのでした。その事をきっかけに倫太郎は精神科医になりました。 しかしそんな倫太郎がどうしても心をコントロールできない芸者・夢乃(蒼井優)が現れます。倫太郎は夢乃に興味を持つようになりました。 夢乃は倫太郎の大学の理事長に連れて行かれた会食にやってきた人気の...

【選んだ理由】

堺さんのことはあまり一般的に知られてないときから知っていてその独特の柔らかい雰囲気が好きでした。
一般に広く知られたのは半沢直樹だと思いますが、一番堺さんらしさが出てる感じがするのがDr.倫太郎です。
精神科医の役でしたが、精神的に病んでしまっている患者さんに優しく寄り添う演技がとても自然で見てるこちらも
まるで治療されているかのように癒されるドラマでした。(20代女性)
スポンサーリンク

7位:ヒミツの花園(2007年)・・・1票

【選んだ理由】

堺雅人さんがヒミツの花園の兄弟の役の中でも父親のような立場にいて、兄弟をとても大切にしている良いお兄さん役がとても良かったです。面白いことを最初に言うわけではないですが、上手に乗っているところもすごくよかったです。(30代女性)
スポンサーリンク

7位:大奥〜誕生[有功・家光篇](2012年)・・・1票

【選んだ理由】

よしながふみさんの原作漫画も面白いが、その世界観を生き生きと描き目が離せなかった。若い多部未華子さんの家光を受け止め、癒し、時に厳しく接し、次第に愛していく心境の変化を堺さんが本当に上手く表現していたし、後半の嫉妬や切なさなど、彼の繊細な演技にわしづかみにされたから。(40代女性)
スポンサーリンク

7位:塚原卜伝(2011年)・・・1票

【選んだ理由】

堺雅人といえば、『半沢直樹』や『リーガルハイ』を思い浮かべる方も多いだろうと思われますが、私はNHKBS時代劇の『塚原卜伝』が印象に残っています。というのも、私が見た堺雅人主演のドラマはこれしかないからです。実を言うと、前二者のドラマは見ていません。(30代女性)
スポンサーリンク

堺雅人主演や出演ドラマ人気ランキング!まとめ

堺雅人と言えば、リーガルハイや半沢直樹のイメージが強いですが、予想通り!?この2つのドラマで8割以上の票を獲得しました。

複数選択であればもう少し違った結果になったかもしれませんが、一つだけだったこともありどうしても有名なドラマの票がほとんど占めてしまいました。

他にも堺雅人出演ドラマでおすすめのものがあれば、ぜひ編集部までご連絡下さい!

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました