Dr.倫太郎/あらすじとネタバレと感想

Dr.倫太郎2015年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

Dr.倫太郎の概要

制作:2015年 日本
演出:水田伸生、相沢淳
出演:堺雅人、蒼井優、吉瀬美智子、内田有紀、高梨臨、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

Dr.倫太郎の見どころ

2015年、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。主演は堺雅人。
大学病院で働く精神科医がひとりの女性と出会い人生を狂わせていくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

Dr.倫太郎のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

精神科医・日野倫太郎(堺雅人)は大学病院の名医として、患者の心に耳を傾けて患者の心を解きほぐすという方法で人気でした。しかし倫太郎は、彼女もいなく、恋愛を一過性の精神疾患のような状態として自分の恋愛には無頓着だったのでした。そんな倫太郎は中学の時にうつ病の母を亡くしており、そのきっかけはうつ病の母に倫太郎が「頑張ってよ」と言った一言で自殺してしまったのでした。その事をきっかけに倫太郎は精神科医になりました。
しかしそんな倫太郎がどうしても心をコントロールできない芸者・夢乃(蒼井優)が現れます。倫太郎は夢乃に興味を持つようになりました。
夢乃は倫太郎の大学の理事長に連れて行かれた会食にやってきた人気の芸者でした。やがて倫太郎は夢乃の精神的疾患を発見します。
夢乃は母も芸者で、ネグレクト(育児放棄)状態で育ちました。幼少時代の夢乃を置いて男と何泊も旅行してきたりしたあげく、置き屋(芸者の部屋)に夢乃を置き去りにして失踪しました。
そんな夢乃が作り出したもうひとつの人格ができあがっていたのです。母の残した借金を肩代わりするために芸者になり、本来打ち気の夢乃は芸者の時の夢乃はまるで男をあやつる悪女のようになってしまいます。
倫太郎は解離性同一性障害だと判断し治療をし始めます。夢乃の母が度々現れて金をせびり、倫太郎を強請ります。治療しながら二つの人格をひとつに戻そうとします。
倫太郎は母親への懺悔と共に、母親が不倫していたことを知っていながらも母親に言い出せなかったことを夢乃に話しました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

そして倫太郎は夢乃を連れて母の墓参りに行き、母親の事を責め続けたことで墓参りにも来れなかったことを夢乃に告白します。倫太郎はずっと自分の事を責めて生きてきたのでした。そんな倫太郎を夢乃は抱きしめるのでした。倫太郎は夢乃にプロポーズしますが断られてしまいます。
夢乃は倫太郎を求めている患者は沢山いるから、他の人の事も救ってあげて欲しいと思いますが本心は言えないまま去って行きます。母の墓には花があり、倫太郎の妹に聞くと倫太郎の幼馴染の百合子が毎年墓参りに来ていると言います。
そして大学では倫太郎の講義で、「恋愛を一過性の精神疾患のような状態」という所を「真の愛を知らなければ人を救うことができない。」と訂正したのでした。その講義を倫太郎の幼馴染の百合子は微笑んで聞いていました。

ネタバレなし

ネタバレあり

主人公の倫太郎は精神科医ですが、この職業になったきっかけを知り、とても切ない気持になってしまいました。倫太郎は患者の女性を本気に好きになってしまいましたが、結局振られてしまいました。
私は今まであまり医療ドラマを観てきませんでした。というのも、外科の手術のような話が多かったので、映像的に観たくなかったというのがあります。
しかし、このドラマは精神科の話だったこともあり、よくある医療ドラマとは違っていたことで観てみようと思いました。どんな病気でもそうですが、自分だけではなく、いつ、だれがどこで医療機関にお世話になるかもしれません。
予備知識というわけではないのですが、精神科の関する病気を知るきっかけとなったような気がします。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました