半沢直樹/あらすじとネタバレと感想

半沢直樹 2013年のドラマ

半沢直樹の概要

制作:2013年 日本
演出:福澤克雄、棚澤孝義、田中健太
出演:堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、滝藤賢一、他

半沢直樹の見どころ

2013年、池井戸潤の小説『半沢直樹シリーズ』を原作TBS系『日曜劇場』枠で放送された、大ヒットしたテレビドラマである。主演は堺雅人。
父を銀行に殺された銀行マンがのし上がっていくサクセスストーリー。
キャッチコピーは「やられたらやり返す、倍返しだ!!」「クソ上司め、覚えていやがれ!」

半沢直樹のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京中央銀行大阪西支店で融資課長の半沢直樹(堺雅人)は、バブル入行で銀行に入り20年。
今ではすっかり銀行の中心的存在でした。東京本店融資部に勤務する渡真利忍(及川光博)と同期という事もあり、お互いに助け合っています。家にはかわいい妻と子供が居て妻も半沢を明るく励ましています。
ある日、支店長から強引な融資を取り付けることになりました。西大阪スチールから5億円の融資契約でしかも無担保。怪しいと思いながらも受け、大阪支店は最優良店舗賞を初受賞できました。しかし西大阪スチールは実は中身はズタボロでその後すぐに倒産してしまいます。東京中央銀行は融資額5億円全額負債を負う事になりました。浅野支店長は半沢に全責任を負わせて自分は逃げます。半沢は5億を全て取り戻すと言い張ります。
計画倒産を疑い調査していく半沢。浅野支店長が元から繋がっていることを知り、証拠を集め始めます。
しかし行く先々で国税の黒崎に邪魔されてしまいます。が、半沢は国税局による東田家の家宅捜索させることに成功します。
半沢は東京中央銀行本部の営業部次長に栄転し、1年後自分の実家の工場を追いこんで自殺させた大和田(香川照之)と会うことになりました。しかし父を自殺させた大和田は「覚えてない」と言い、半沢は憎悪を募らせます。半沢は大和田がタミヤ電機を介して不正に絡んでいることを突き止めます。同期の近藤が出向していたのがタミヤ電機なのでした。
タミヤ電機が融資金をまた貸ししている先が大和田の妻の経営している会社で、銀行をあざむくトリックでした。

ネタバレと結末

半沢は中野渡頭取にすべての書類を揃えて大和田の報告書を提出します。
そして近藤が銀行に復活するという事を渡真利に聞きました。
半沢は近藤を剣道に誘い、手合わせをします。大和田と半沢が父の事で話をする機会もありましたが、大和田と半沢はトコトン逆の生き方です。そして半沢は大和田の徹底的な証拠を探し出します。半沢の妻も生きたくもない奥様方の会にでて情報を知ります。そして岸川部長と金融庁との娘の結婚話を掴みます。
そうして半沢は会議で、大和田の妻の会社の負債が一億に上る事、不正融資を暴露します。
岸川を味方につけた半沢は無事に大和田に土下座を求めます。
そしてみんなが降格する中、半沢は出向と部長の職を手に入れるのでした。

半沢直樹のみんなの感想

ネタバレなし

とにかく観ていてスカッとした!流行語にもなったキメ台詞もいいところで言ってくれるので安心してみていられる。
普段銀行員の方がどういう風に仕事をしていて、どういう苦労や葛藤を抱えているのかという点も興味深かった。融資を頼んでくる社長たちはみな必死。つい、彼らに感情移入してしまう。一時は融資が得られると安心して、銀行の都合で突き落とされて・・・そのたびに一緒にはらはらどきどきさせられた。
そして半沢直樹がずばっと言いたいことを言ってくれる、悪いやつをやっつけてくれる!本当にみていて飽きない、良作だと思いました。主役の堺雅人はもちろん、香川照之も非常にはまりやくで、本当に憎たらしかった。(30代男性)
「やられたらやり返す、倍返しだ」で、社会現象にもなった大ヒットドラマ。「空飛ぶタイヤ」や「下町ロケット」など池井戸潤原作のドラマは少し難しいのですが見ごたえがありおもしろいので、このドラマも放送前から楽しみにしていました。主演の堺雅人だけではなく香川照之、笑福亭鶴瓶といった他の出演者の個性的な演技もこのドラマの魅力だと思います。銀行のドラマなのでセリフには金融関係の専門用語が多く出てきますが、問題なく楽しむことができました。ドラマの終わり方から、てっきり続編があるものだと思い、ずっと続編の製作の報道があるのを心待ちにしているのですが未だに報道はないままで残念です。(40代男性)
堺雅人といえば、「半沢直樹」を連想する人も多いのではないかと思う程、役にハマっていて、それだけにドラマでありながら臨場感に溢れる作品だったと思います。特に、半沢直樹の曲がったことが嫌いで、「やられたらやり返す。倍返しだ!」という決めセリフは時に大胆過ぎて痛快。なかなか普通のサラリーマンは、倍返しだ!という風にはいかない分、半沢直樹にその気持ちを込めて見ていた視聴者も多かったと思うし、自分のその一人でした。半沢直樹の妻役で上戸彩が出ていましたが、彼女はちょっとイメージではないなというのが率直なところでしたが、ドラマの中心が銀行で巨額融資、借金返済、他行との争いに同じ行内での争いなど何かと気を張る場面が多いので、上戸彩のふんわりした役どころが必要だったのだろうと推察しますが、話し方があまり利口そうに見えないので、もう少し上品な奥さんが良かったのではないかと今でも思っています。(40代女性)
原作の方がリアリティがあったので、原作からドラマに入ったら、やり過ぎ感が笑えるかドン引くかのどちらかでしょう。それくらいに、ドラマはエンターテイメント色が強く、単純に見ている限りは面白かったです。ツッコミどころはたしかに満載ですが、勧善懲悪が主とするなら上出来だったでしょう。ただ、現実はそんな簡単明白なものじゃないので、それらしい金融会社やサラリーマンの世界を扱っていようとも、ファンタジー感は付きまとっていますが…。しかし、それを気にしないでいられるくらい、個性的過ぎる登場人物たちにグイグイ引き込まれてしまいます。その点で言えば、このドラマは昼間のメロドラマみたいでしたね。雰囲気と、それらしい内容で、実際には中身があるのかないのかわかんないような…その場限りでのめり込めるドラマです。低俗な復讐劇だのバカな土下座だの、そもそも銀行の金はお前らの金じゃないだろ?だなんて、ツッコんで考えてはいけません。(30代女性)
みんなが見ていて、そんなに面白いの?と疑問に思いながら途中から見始めました。
友人の家で録画していたやつを一話から見始め…すると本当に面白かった!
敵味方の演出がわかりやすく、
敵役を「そこまで過剰に悪役に表現しちゃう?」ってくらい。
大和田常務、最高でした!
悪役なのに、なんだか憎めない!
もっと出てきてー!なんか嫌なこと言ってー!って感じでした。
最後はきっと、半沢が勝つと信じていながらも、毎回ハラハラ。
主人公たちに思い入れしてしまうくらい、ハマりました。
家族みんなではまり、毎週日曜日を楽しみにしていた思い出です。
早く、次も見たいー!と思わせてくれたドラマは久しぶりでした。(30代女性)
半沢直樹は、仕事をしている人ならこんなことあると思える、とても気持ちがスッキリするドラマです。特に家族のことを思い、仕事でそのことについて対決していく姿は、男としてのたくましさを感じることができます。憎しみから何も生まれないと思うのですが、このドラマを見るとそのことを忘れそうです。憎しみから、仕事をどんどんとこなして行く、そんな姿に共感しました。
半沢直樹とその人を取り巻く人たちも、熱意を感じることができてとても見ごたえがああります。次の放送が楽しみになる、そんな貴重なドラマでした。その時は、あまりドラマについて見ていませんでしたがこれは欠かすことなく見ていました。(50代女性)

ネタバレあり

第1回放送から見ました。このドラマは幼くして自営業をしていた父が融資を断られ、自殺で亡くした半沢直樹の復讐劇です。半沢は勉強し、東京第一銀行は入行します。半沢は自分の意思を貫き、部下からも信頼されるいい上司像です。しかし、話が進むと、責任を取らない上司に復讐を働きます。私がその場面をみると当時サラリーマンだったこともあり、思い当たる節があります。上司よ責任を取れと私も感じます。そして、最終回に当時、融資を断った副頭取に復讐を果たすことになるのです。その場面ではまさかの頭取からしっぺ返しを受けるのです。私は、自分の復讐のために会社を利用した半沢は仕方がないと思います。流石に、やりすぎです。当時の父も別の銀行を当たらなかったのかと思ったりします。半沢は左遷させられましたが、ドラマはここまでで完結しています。小説では続きがでてあるので読んでみようと思います。(30代男性)
この作品は、後の日曜劇場枠に影響を与えるほど癖が強かったと思います。
今もですが、この作品っぽい作品が多かったと思います。
やられたらやり返すという、新たな手法で斬新だったと思います。
そして、この「半沢直樹」の呪縛から逃れられずに、現在放送されている「集団左遷」の福山雅治さんの演技も、この作品の堺雅人さんの演技によく似ていると思います。
それほど、堺雅人さんの演技の癖が強く、振り切っていてインパクトがすごいと思います。
大河ドラマ「新選組」で山南敬介を演じていた印象と180度違っていて面白いと思います。
「倍返しだ」などの名言も生まれインパクトも強く、大流行しました。(30代男性)
第一部、第二部で構成されている半沢直樹のドラマは最高でした。第一部は、浅野支店長との戦いで、支店長との対決前には小木曽課長との決戦もあり、こちらも見ものでしたね。
机をバンバン叩く、パワハラ課長だったんですが、ああいう人って実社会でも見たことあるなあと、リアルの自分とドラマがリンクしていて、それをなぎ倒していく半沢。とてもダークではありますが、各話のラストは爽快な気分にさせてくれるのが何よりも良かったです。
また、浅野支店長は、過去に経済難に直面していた家庭事業などから、悪行に走っていたということも。つまり、完全な悪ではなかったわけで、そこも同情するところなどがあり、完全に憎むべき存在は半沢直樹にはなかったのかなと思いましたね。
それは、ドラマの事実上ラストボスの常務でも同じことを感じました。常務演ずる香川照之さんの鬼気迫る演技も見ものです。
半沢直樹といえば、ドラマで有名になった倍返しだが顕著ですが、常務の名言もあり見逃せないものです。0に0をかけても答えは0ですと半沢直樹に矢を打ち返したシーンは、感慨深いものでしたね。(30代男性)
町工場を経営していた半沢直樹(堺雅人)の父親の半沢慎之介(笑福亭鶴瓶)は、有力な取引相手の倒産により銀行から融資を中断され、追い込まれて自殺します。半沢直樹はその融資を打ち切った銀行の変革と当時の担当者である大和田(香川照之)への復讐のために銀行員になります。
派閥争いや左遷、栄転、ノルマや画策など銀行内部のドロドロした手に汗握る物語が展開される中、心穏やかな妻の花(上戸彩)との家族愛や同期の渡真利(及川光博)、近藤(滝沢賢一)との友情に少しホッとします。
最後には上司である大和田を土下座させますが、こんなことを実際にしたら100%クビで、それでも視聴率の高い人気ドラマになったのは、毎日上司に仕えている全国のサラリーマンの声なき声を代弁していたからではないでしょうか。(50代女性)
社会派ドラマが好きで、その中でも物語の序盤は大阪を舞台としており、地元大阪の見慣れた場所が登場するので一層、楽しく視聴できた。女優の壇蜜演じるターゲットの愛人の女性が、最終的に半沢を助けるのだが、ギリギリまで半沢側と金融庁側のどちらの肩を持つかというところに、かなりドキドキさせられた。実は彼女は自分のネイルサロンを開きたいという夢があり、結果的に半沢はそれを叶える一躍を担ったというところも印象的だった。また、半沢の妻役の上戸彩の存在感が大きかった。どんな時も半沢を信じ、常に味方でいる、愛嬌があるがしなやかで強い女性の役柄に好感を持った。また、片岡愛之助や香川照之などの個性的な演技もとても印象に残っている。5年以上前のドラマだが、ストーリーを詳しく覚えていて、もう一度見たいと思える作品である。続編を期待している。(20代女性)
半沢直樹と言う銀行マンの話です。錚々たるキャスティングでした。迫力ある俳優陣。石丸幹二・香川照之など、俳優業界じゃないキャスティングにも、常に目を見張るものがありました。私自身は、銀行員ではありませんが、友人が数名銀行員だった事もあり、身近に話を感じる事が出来、大変な職業だと感じました。実際にも、15年間銀行員だった友人とも、この話題になりました。半沢直樹役の堺雅人にも、今までにない迫力ある演技に見入ってしまったものです。この作品の頃には、堺雅人さんは、菅野美穂さんとご結婚されていたんだったのではないでしょうか。堺雅人さんの自身に満ち溢れる演技に、所帯を持たれた感じが伝わって来ました。夫と毎週、迫力あるドラマを楽しみにして観ていたのを思い出します。(40代女性)
半沢直樹のセリフ、倍返しがめちゃくちゃ流行っていたのをすごく覚えています。
確かにスッキリする部分もあったのですが、だいたいがドロドロした感じだったので、見終わったあとに微妙な気持ちになりました。
それと上戸彩さん演じる半沢の奥さんが偉いなと感じました。
嫌な会にも旦那さんのために出ないといけないとか、自分なら絶対無理だし、嫌だと思いました。
本当に銀行ってこんなにしんどいとこなのと思ってしまいました。
でも、気になってしまって毎回見ていました。
香川さんは、役だけみると本当に嫌な人だと思ってしまいました。
こういう役をやらしたらすごくピッタリなように思います。
それだけすごい役者さんなんだろうなと感じました。(40代女性)
このドラマの影響で○倍返しという言葉が流行ったのを思い出します。銀行内の問題を取り上げたドラマでしたが、結末は意外な結果で終わったので、少し驚きました。
しかし、銀行という組織に属しているからには、仕方のない結末なのかもしれないとも思いました。結局、恨みや反骨心で戦っていっても、そこには限界があり、自分が望んでいるような結果は得られないと思います。
ドラマの内容の解釈は人それぞれですが、私はこのような見解を持ちました。銀行に関するドラマは意外と多いような気がします。
しかし、ここまで反骨精神のあるドラマは意外と少ないかもしれません。今後、続編があるようならば、また観てみたいと思っています。(50代女性)
とても衝撃を受けました。半沢直樹。サラリーマンを主役としたドラマの少ない中、斬新なストーリー展開に感じました。堺雅人さんが見事な演技。彼を過去も素晴らしい俳優陣。とくに香川照之さんのド迫力の演技には度肝を抜かれました。何度も観返したいドラマが少ない中、こちらの『半沢直樹』はもう一度観たいドラマです。サラリーマンが主役のドラマでもこんなに面白いモノを作る事が出来るんだと新しい気持ちにさせられ、今では普通にサラリーマンが主役のドラマが登場しております。ストーリー展開も面白く、マンネリ感を感じる事もありませんでした。この『半沢直樹』の様な社会現象まで引き起こすドラマに今後も出会ってみたいものです。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました