ラブジェネレーション/あらすじとネタバレと感想

ラブジェネレーション1997年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ラブジェネレーションの概要

制作:1997年 日本
演出:永山耕三、二宮浩行、木村達昭
出演:木村拓哉、松たか子、内野聖陽、純名里沙、藤原紀香、他

スポンサーリンク

ラブジェネレーションの見どころ

フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていたテレビドラマ。主演は木村拓哉と松たか子。
キャッチコピーは「この恋のために生まれてきた。」。
ロンバケ以来の共演となり話題になった。全11話の平均視聴率は30.8%を記録するほどでした。
人生で最悪な時期を迎えた哲平がはじめの印象が最悪だった理子といつの間にか恋に落ちるというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ラブジェネレーションのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

カレー屋の上で一人暮らしする広告代理店のクリエイティブ部門で働く片桐哲平(木村拓哉)。
女に手が早いのが特徴で、その日も終電を逃して適当な女の子に電話しますがフラれます。そこに車から降ろされていた女の子を発見し、ラブホテルに入ります。何もせずにそのまま寝てしまい、ホテル代も自分が払う事になった哲平はちょっとムカつきました。

ある日突然、営業部への異動を命じられてしまいます。その上、追い打ちをかけるように元彼女が自分の兄と婚約してしまいます。兄は何をやらせても哲平よりも上で、現在では優秀な検事をしていました。
哲平の移動先には昨日の女の子理子がいました。声をかけるも無視されます。そして移動先の上司は哲平に身だしなみを含め、厳しく指導していきます。徹平は自慢のロングヘアを理子に切られる羽目になってしまうのでした。
哲平がCAの合コンに参加するとそこには理子の姿があります。CAと理子は親友なのでした。
ケンカばかりの理子と哲平は次第に仲良くなっていき、お互いを意識していくようになります。
付き合うようになりますが、徹平が兄の婚約者である元カノさなえの事を忘れていないと気が付いた理子は、身を引きました。
そして哲平と理子は別れ、同じ時期にさなえと兄も別れていました。

ネタバレと結末

理子は会社を辞めて実家の長野でペンションの手伝いをしていました。
さなえは中国に渡って働き、ある日のこと哲平の耳に理子が見合いをする話が舞い込んできました。
哲平は居ても立っても居られなくなり長野に行く準備をしていると兄がやってきて、兄が重病と聞いたさなえも帰国してやってきました。これは哲平の嘘で二人の仲を取り持とうとした作戦で、うまくいきます。
哲平は長野に行き、理子のお見合いの場所に乗り込みます。徹平は東京に帰る時、理子にプロポーズします。
来週、またやってくるからその時に返事を聞かせて欲しいといい、翌週車で向かいますが事故に合って遅れます。その日は会えませんでしたが、再び出会った場所で二人は再会します。
理子は哲平が来なかったと思っていましたが、徹平が約束の場所に書いていた落書きを口にします。二人の誤解は解け、心がまた通い合うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

1997年のドラマ
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました