MR.BRAIN/あらすじとネタバレと感想

MR.BRAIN2009年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

MR.BRAINの概要

制作:2009年 日本
演出:福澤克雄、平川雄一朗、山室大輔
出演:木村拓哉、綾瀬はるか、水嶋ヒロ、平泉成、香川照之、他

スポンサーリンク

MR.BRAINの見どころ

2009年、TBS系の「土曜20時」枠で放送されたテレビドラマ。主演は木村拓哉、綾瀬はるか。
事故で右脳が異常に発達した警察庁科学警察研究所(IPS)に属する元ホストが事件を解決していくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

MR.BRAINのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

5年前。九十九龍介 (木村拓哉) は、勤めていたホストクラブの帰り道、事故に合い瀕死の状態に陥ってしまいます。そして右脳が急激に発達してしまうのでした。そして自分の身に起きたことを知りたいがために脳科学の研究を始め、脳科学者へ転身してしまいます。その能力を警察庁科学警察研究所(IPS)に買われて脳科学を担当することになりました。
由里和音(綾瀬はるか)が建物の中に入ると外で爆発が起こりました。そして九十九が丹原に爆発事件の容疑者として拘束されてしまいます。しかし九十九はすでに真犯人の検討をつけていました。丹原はメンツをつぶされ、九十九の事を毛嫌いしだします。
そして助手の由里和音を紹介され、和音はそんな九十九にひとめぼれです。
そんな時産業開発省の役人2人が殺害される事件が発生してしまいます。しかも容疑者は犯行時刻には拘置所に居たという完璧なアリバイがありました。それも右脳を使って解決していき、徐々に認められるようになっていきました。そして次々と事件を解決していく九十九なのでした。

そんな中、連続殺人犯・竹神貞次郎 (GACKT) の指紋が見つかる事件が発生しますが、竹神はすでに死亡しており九十九は悩みます。竹神は死ぬときに必ず生き返るというメッセージを残しており、人々は本当に生き返ったと思い震えました。しかし九十九はトリックを見破り、無事に事件は解決します。
ある日警察庁副長官の川瀬がライフルで狙撃されてしまい、衆議院議員・尾崎 (浜田晃) が誘拐されました。

ネタバレと結末

犯人は48時間以内に尾崎を殺すと言っており、捜査を進め、丹原と林田が犯人の居るビルに飛び込むとそのまま爆破されてしまいました。林田は意識不明の重態になってしまいます。犯人を調べれば調べるほど、犯人の罠にかかっていく九十九。それならいっそ何もしないことだという九十九に和音は呆れてしまいます。
一方で密かに丹原と九十九は捜査していき、警視庁の組織対策四課武井をターゲットにします。
無事に事件を解決させることのできた九十九はニューヨークに行きます。そして九十九の乗った飛行機はハイジャックされてしまい、犯人の事を脅しだと思った九十九はトリックを見破り、ハイジャックの犯人は無事に捕まるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2009年のドラマ
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました