35歳の高校生/あらすじとネタバレと感想

35歳の高校生2013年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

35歳の高校生の概要

制作:2013年 日本
演出:佐久間紀佳、南雲聖一、西野真貴
出演:米倉涼子、溝端淳平、片瀬那奈、升毅、横山めぐみ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

35歳の高校生の見どころ

2013年、日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。主演は米倉涼子。
35歳の女性が事情で高校を中退していて、高校生をやり直したいと思い国木田高等学校に編入学し、現代の高校生の闇を解決していくという痛快ストーリー。ざわめく高校生たちに「編入生ですけど、何か?」と言い切り、米倉初ののテレビドラマは人気ドラマとなった。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

35歳の高校生のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

国木田高等学校の新学期。高級車の中から派手な服装の亜矢子(米倉涼子)が下りてきました。
亜矢子は35歳で、木田高等学校の編入性だったのでした。3年A組の担任になった小泉も戸惑いを隠せません。
亜矢子はあいさつで友達100人作りたいと言い、クラスメイトたちは亜矢子の事を「オバサン」などと小ばかにしていました。
亜矢子はクラスメイトの男子が偽の握手券を売りつけていたので警察に通報します。しかし校長からこってりと叱られるのは亜矢子なのでした。亜矢子は言いたいことをこらえて出ていきました。

一方で女子と仲良くなろうと昼食を誘うも「年金の話するのか」と拒否されてしまいます。そしてトイレで弁当を食べる生徒を発見します。そして女子のいじめを知り、リストカットを止め、亜矢子は学級委員長になります。
教師を含めてスクールカーストを黙認する制度を改善し、いじめをなくして行きます。
しかし裏サイトなどしぶとく残るいじめ。亜矢子は屈せずに正論をかませていきます。ある日、いじめっ子が教室に行くと封筒に馬場亜矢子の遍歴と書かれた資料がありました。そして告発文が出てきて、人体実験をして亜矢子はそれを観察すること。とあり、共に証拠の教育庁との写真も出てきます。クラスはパニックになりました。亜矢子にはスパイ容疑が掛けられます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

魔女狩りのように亜矢子はクラスメイトに裁判にかけられ、過去になぜ中退したのかを言わされます。
友達のイジメを相談した母親は亜矢子が守れといい、その通りにすると今度は亜矢子がいじめられて亜矢子は自殺未遂し、母は飛び降り自殺し、未遂で入院した。
ノートには未来まで書かれており、クラスメイトは人体実験の疑いを晴らせません。すると亜矢子はこのノートは母の日記で、この日記を完遂するために編入してきたと言います。ノートには活発だったころの亜矢子が書かれており、その通りにすることで亜矢子は過去を断ち切ろうとしたのでした。
その後学校側はクラス単位ではなく、単位取得制に切り替えようとします。そこに亜矢子からはじめは母のためだったが、いつの間にか本当のクラスメイトだと感じていた旨を書いた手紙が届きます。
クラスは一丸となり、クラスメイト制度の廃止を止めようとストライキします。その後消えた亜矢子を探そうとクラスはテレビで呼びかけたりして亜矢子を卒業式に呼びます。卒業証書を手にしてクラスメイトと笑う亜矢子の姿がありました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました