おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」はいつまでの上映?上映期間を予想【ファンタビ3】

洋画他

画像はYahoo!ニュースより引用

「観たい映画がどれくらいの期間上映しているのかわからない。」

上映開始は大々的に宣伝されますが、上映終了日がわからなくて困るのはよくあることですよね。

この記事では、2022年4月8日公開「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」、通称「ファンタビ3」の上映期間がいつまでなのか上映期間を予想しました。

「ファンタビ」シリーズの第3弾となる今作は、ハリー・ポッターシリーズでも活躍した謎多き人物「ダンブルドア」が物語のキーとなる。

上映期間を100%保証するものではありませんが、見逃さないためにも是非参考にしてください。

また記事内では、

  • 映画を900円で鑑賞する方法
  • 同時期に公開している作品

についても紹介していますので、観たい作品が他にもある方は余裕をもって鑑賞しましょう。

U-NEXT

映画を900円で鑑賞する3ステップ

1・「U-NEXT」の無料トライアルに登録
2・付与された600Pで映画チケット割引を900円で購入
3・映画館のチケットと引き換え

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」はいつまで上映?上映期間予想

上映期間というのはあらかじめ決まっているものではなく、各映画館によって異なってきます。

  • 人気
  • 話題性
  • 興行収入

これらの要素を含めて、映画館が設定。

一般的な上映期間は1~3ヶ月ほどで、関連作品(シリーズ・出演者・監督)や同じ配給会社のほか作品を参考にすることで、ざっくりと予想ができます。

今回はファンタビ2「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を参考に予想しました。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の上映期間は2018年11月23日から翌1月下旬~2月上旬までの約2ヶ月間でしたので、これをもとに上映期間を予想すると、6月上旬~中旬が1つの目安となります。

とはいえ「ファンタビ3」公開の翌週には、「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」の公開が控えているので、興行収入が伸び悩んだ場合にはもう少し短い期間となる可能性もあります。

次に紹介する映画を900円で鑑賞する方法を利用し、なるべく早く鑑賞に行くことをオススメします。

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」を900円で鑑賞する方法

一般的な映画の料金は1,900円ほどで、学生でも1,500円ほどかかってしまい、気軽に映画鑑賞に行けないという方も多いですよね。

サービスデイの利用でも1,000円を切ることはまずありませんが、900円で鑑賞する方法が1つだけあります。

それは、U-NEXTの映画チケット割引を利用するという方法。

料金月額2,189円(税込み)
無料トライアル期間31日間
ポイント月1200ポイント
無料トライアル登録時は600ポイント
(電子書籍・映画チケットにも利用可能)
見放題作品数210,000本以上
雑誌100誌以上読み放題
電子書籍配信あり
ファミリーアカウント4人まで(ペアレンタルロックあり)
ポイントバックプログラム最大40%還元
ダウンロード機能あり
画質4KやHDR対応作品あり

「U-NEXT」では無料トライアルへの登録で、映画チケットや動画視聴に利用できるポイントを600Pもらえます。

そのポイントを利用してチケットを購入することで、900円で映画鑑賞が可能に。

登録から割引まで、わずか5分ほどの作業で1,000円浮くのは、かなりお得ですよね。

登録~割引までの手順

  1. 公式サイトから無料トライアルをクリック
  2. 必要事項を入力し登録完了
  3. メニューのクーポン・ギフトコードから「映画チケット割引」を選択
  4. 劇場を選択し映画チケット割引を利用を選択
  5. ポイントを利用して購入
  • 他にも鑑賞したい作品がある
  • 入場者プレゼントが複数欲しい
  • U-NEXTで関連作品や他作品を併せて楽しみたい

このような方には特にオススメの方法です。

対象劇場は以下の通り。

900円で映画を鑑賞する

上映終了日が近いことを知らせる3つの情報

上映期間はあくまで目安となりますので、上映劇場情報も併せて確認しておくことをオススメします。

その際に、

  1. 上映回数が1日1回
  2. 他の劇場での終了情報
  3. 作品紹介欄の上映終了日

これら3つの情報を確認しておきましょう。

特に上映回数が1日1回になったり、他劇場で上映終了し始めたら、上映終了が近い合図になります。

また、劇場ホームページの上映スケジュールや作品紹介の欄に、上映終了日の記載されている場合があるので、併せて確認しておきましょう。

見逃した時の対処法

ついつい見逃してしまった場合は、以下の3つのタイミングまで待つ必要があります。

  1. DVD・Blu-rayの発売
  2. 動画配信開始
  3. 地上波での放送
再上映する場合もありますが、可能性としては高くありません。

DVD・Blu-rayの発売は公開から4~6ヶ月を目途に発売されることが多く、動画配信サービスでの配信も、同時に開始されることが一般的。

ちなみに前作「ファンタビ2」は公開からおよそ5ヵ月後の発売でした。

今作品の上映日は2022年4月8日ですので、9月中となる可能性が高いです。

また、地上波での放送は未確定要素が多いため、待つことはあまりオススメできません。
DVDや動画配信で視聴することをオススメします。

特に動画配信サービスでは、無料トライアルの利用で無料視聴できることもありますので、利用してみましょう。

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」を観る前に予習したい作品

今作は「ファンタビ」シリーズの第3作目となる作品。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

今作をより楽しむためにも、「まだ視聴したことがない方」や「もう1度見直したという方」は、この機会に予習しておきましょう。

2作品の配信状況は以下の通り。

動画配信サービス配信状況無料トライアル
ポイント特典
U-NEXTレンタル
(2021/12/31まで)
31日間無料
600P
Hulu×2週間
TSUTAYA TV/DISCASレンタル30日間
1100P
FODプレミアム×2週間
最大900P
dTV1→レンタル
2→見放題
31日間
ABEMAプレミアム1→レンタル
2→×
2週間
music.jpレンタル30日間
1600P
Amazon prime video1→レンタル
2→見放題
30日間

配信情報は2021年12月3日現在のものです。
最新の配信情報につきましては、公式サイトの情報をご確認ください。

2作品とも無料視聴したい方は、

これらいずれかの動画配信サービスを利用することで無料視聴が可能です。

無料視聴する手順
1・いずれかの無料トライアルに登録
2・ポイントを利用して鑑賞

「ハリー・ポッター」シリーズはHuluで

「ファンタビ」シリーズのほかに「ハリー・ポッター」シリーズも無料視聴したい方は、「Hulu」も併せて利用しましょう。

「ハリー・ポッター」シリーズは2021年12月3日現在、「Hulu」でのみ見放題で配信されているので、無料トライアルの利用で全話無料視聴が可能です。

「ハリー・ポッター」シリーズ全話無料視聴する手順
日テレドラマ
1・Huluの無料トライアルに登録
2・全話無料視聴する

Huluで全話無料視聴する

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」の作品情報

制作2022年 アメリカ
配給ワーナー・ブラザース映画
監督デビッド・イェーツ
製作デビッド・ハイマン
原作J・K・ローリング
脚本J・K・ローリング
スティーブ・クローブス

キャスト・出演者

  • エディ・レッドメイン
  • ジュード・ロウ
  • エズラ・ミラー
  • ダン・フォグラー
  • アリソン・スドル
  • カラム・ターナー
  • ジェシカ・ウィリアムズ
  • キャサリン・ウォーターストン
  • マッツ・ミケルセン

あらすじ

主人公のシャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートは、史上最悪の魔法使いグリンデルバルトの魔の手が魔法界に忍び寄っていることを知ったダンブルドア先生から助けを求められ、ある任務を託されます。

ニュートを筆頭に、その助手バンティ、兄のテセウス、名門魔法族の末裔であるユスフ、教師のユーラリー、そしてマグル(=非魔法族)のジェイコブと共にデコボコチーム結成し、新たな冒険に出掛けますが…。

引用元・ 「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」公式サイト

評価・口コミ・感想

Twitterでの反応は以下の通り。

まとめ

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」の上映期間は、6月上旬~中旬までと予想させていただきました。

あくまで予想ですので、お近くの映画館の情報を確認し、なるべく早く鑑賞しましょう。

見逃してしまった場合には、

  1. DVD・Blu-rayの発売まで待つ(およそ4~6ヶ月後)
  2. 動画配信されるまで待つ(基本的に1と同じタイミング)
  3. 地上波で放送するまで待つ

この3つの選択肢を取ることができ、特に2番の選択肢がオススメです。

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」の関連記事はこちら

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

洋画他
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました