おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

「ONODA 一万夜を越えて」はいつまでの上映?上映期間を予想

洋画他

このページでは、「ONODA 一万夜を越えて」がいつまで上映しているのか、上映期間について紹介していきます。

「ONODA 一万夜を越えて」は、2021年10月8日公開の作品。

「ONODA 30 ans seul en guerre」を元に着想、映画化された作品で、終戦を知らされないまま約30年間、フィリピン・ルバング島で秘密戦の任務を遂行し続けた実在の人物・小野田寛郎を描いた人間ドラマ。

第74回カンヌ国際映画祭2021にて「ある視点」部門でのオープニング作品に選出。

スポンサーリンク

「ONODA 一万夜を越えて」はいつまで上映?上映期間は?

「ONODA 一万夜を越えて」の上映期間は、10月下旬~11月上旬までと予想します。

上映期間はあらかじめ決まっているものではなく、各映画館によって異なってきます。

  • 人気
  • 話題性
  • 興行収入

これらの要素を含めて、映画館が設定

一般的な上映期間は1~3ヶ月程度ですが、関連作品や配給会社のほか作品を参考にすることで、ざっくりと予想ができます。

今回は、同じくエレファントハウス配給の「大コメ騒動」を参考に予想しました。

「大コメ騒動」の上映期間は2021年1月8日から1月下旬~2月上旬までの約1ヶ月間。

ここから「ONODA 一万夜を越えて」の上映期間を予想すると、10月下旬~11月上旬が1つの目安となりますね。

あくまで目安となりますので、公式サイトの上映劇場情報も併せて確認ください。

上映劇場情報はこちら

スポンサーリンク

「ONODA 一万夜を越えて」を映画館で割引で観る

上映期間の予想は上記の通りですが、あくまで目安に過ぎませんので、なるべく早く観るに越したことはありません。

少しでも安く「ONODA 一万夜を越えて」を観たいと考えている方は、U-NEXTの無料トライアルを利用し、チケットを購入することをオススメします。

U-NEXTなら900円で映画が観られる

料金月額2,189円(税込み)
無料トライアル期間31日間
ポイント月1200ポイント
無料トライアル登録時は600ポイント
(電子書籍・映画チケットにも利用可能)
見放題作品数210,000本以上
雑誌100誌以上読み放題
電子書籍配信あり
ファミリーアカウント4人まで(ペアレンタルロックあり)
ポイントバックプログラム最大40%還元
ダウンロード機能あり
画質4KやHDR対応作品あり

U-NEXTの無料トライアルに登録すると、映画チケットや動画視聴に利用できるポイントを600Pもらえます。

そのポイントを利用してチケットを購入することで、わずか900円で映画が観にいけるということ。

U-NEXTの登録手順

U-NEXTの登録は以下の手順で簡単に済みます。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 無料トライアルをクリック
  3. お客様情報・お支払い情報を入力
  4. 確認のメールが届いたら登録完了

このように簡単に登録できます。

登録が完了したら、

  1. メニューからクーポン・ギフトコードを選択
  2. 映画チケット割引を選択
  3. 劇場を選択をクリック
  4. 劇場を選択し映画チケット割引を利用を選択
  5. ポイントを利用して購入

この5ステップで900円で映画が観られます。

詳しくは公式サイトも併せて確認ください。

900円で映画を鑑賞する

「ONODA 一万夜を越えて」と同時期公開の作品

護られなかった者たちへ
(10月1日・134分)

  • 佐藤健
  • 阿部寛
サウンド・オブ・メタル
~聞こえるということ~
(10月1日・120分)

  • リズ・アーメッド
  • オリビア・クック
コレクティブ 国家の嘘
(10月2日・109分)

  • カタリン・トロンタン
  • カメリア・ロイウ
スターダスト
(10月8日・109分)

  • ジョニー・フリン
  • ジェナ・マローン
草の響き
(10月8日・116分)

  • 東出昌大
  • 奈緒
人と仕事
(10月8日・3週間限定上映)

  • 有村架純
  • 志尊淳
燃えよ剣
(10月15日・148分)

  • 岡田准一
  • 柴咲コウ
Our Friend/アワー・フレンド
(10月15日・126分)

  • ケイシー・アフレック
  • ダコタ・ジョンソン
最後の決闘裁判
(10月15日・144分)

  • ジョディ・カマー
  • マット・デイモン

「ONODA 一万夜を越えて」の作品情報

映画『ONODA 一万夜を越えて』予告編
制作2021年
フランス・ドイツ・ベルギー・イタリア・日本
上映時間174分
監督アルチュール・アラリ
製作ニコラ・アントメ
脚本アルチュール・アラリ
バンサン・ポワミロ

キャスト・出演者

  • (小野田/青年期)遠藤雄弥
  • (小野田/成年期)津田寛治
  • (鈴木紀夫)仲野太賀
  • (小塚金七/青年期)松浦祐也
  • (小塚金七/成年期)千葉哲也
  • (島田庄一)カトウシンスケ
  • (赤津勇一)井之脇海
  • (黒田)足立智充
  • (早川少尉)吉岡睦雄
  • (末廣少尉)嶋田久作
  • (病気の兵士)伊島空
  • (二俣分校の生徒)森岡龍
  • (小野田種次郎)諏訪敦彦
  • (谷口義美)イッセー尾形

あらすじ

終戦間近の1944年、陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎(遠藤雄弥/津田寛治)は、劣勢のフィリピン・ルバング島にて援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するよう、命令を受ける。「君たちには、死ぬ権利はない」出発前、谷口教官(イッセー尾形)から言い渡された最重要任務は“何が起きても必ず生き延びること”。
玉砕は決して許されなかった。

しかし彼を待ち構えていたのは、ルバング島の過酷なジャングルだった。食べ物もままならず、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。それでも、小野田は生きるために、あらゆる手段で飢えと戦い、雨風を凌ぎ、仲間を鼓舞し続ける。
必ず援軍が来ると信じて。

小野田は仲間を連れて、任務を完遂するまで島の奥地に潜伏。自らもこの終わりの見出せない戦いの日々に自らの精神を蝕まれながらも、かろうじて仲間のためにも、見えない敵に対峙していたのであった。

小野田と一緒に最後まで生き残った小塚金七(松浦祐也/千葉哲也)は、幾度となく小野田といさかいを起こしながらも、協力し合い、相手を思いやり、二人三脚で生死を彷徨いながらも潜伏していた。しかし、ある日突然、小野田と小塚は島民らしき人間たちからの奇襲を受け、小塚は小野田の目の前で帰らぬ人となってしまった。

そこからは小野田1人きり。
孤独の中で夜が明けていく日々を淡々と数えながら、息を潜めていた小野田だったが、ある日、”旅行者”と名乗る若い男・鈴木紀夫(仲野太賀)と出会うのだった。小野田が見えない敵と戦い続けて一万夜を迎える頃。この永久的に続いていた日々は、この青年との出会いによって終わりを迎えることに…。

引用元・「ONODA 一万夜を越えて」公式サイト

評価・口コミ・感想

Twitterでの反応は以下の通り。

まとめ

「ONODA 一万夜を越えて」の上映期間は、目安になりますが、10月下旬~11月上旬までの期間となりそうです。

お近くの映画館の情報を確認し、なるべく早く観に行きましょう。

「ONODA 一万夜を越えて」の関連記事はこちら

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

洋画他
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました