おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

映画「線は、僕を描く」いつまでの上映?上映期間を予想

邦画

画像はYahoo!映画より引用

「観たい映画の上映期間がいつまでなのかわからない。」

上映開始は大々的に宣伝されますが、上映終了日がいつまでかわからなくて困るのはよくあることですよね。

この記事では2022年10月21日公開、映画「線は、僕を描く」の上映期間がいつまでなのか上映期間を予想しました。

砥上裕將の小説「線は、僕を描く」を実写映画化した作品で、「ちはやふる」の製作チームが集結し「水墨画」を題材に描いた青春映画。

上映期間を100%保証するものではありません。
見逃さないためにも早めに鑑賞に行きましょう。

また記事内では、「映画を900円で鑑賞する方法」についても紹介していますので活用ください。

NEW映画チケットCTA
映画を900円で鑑賞する3ステップ

U-NEXTより引用

  1. 「U-NEXT」の無料トライアルに登録
  2. 付与された600Pで映画チケット割引を900円で購入
  3. 映画館のチケットと引き換え
たった900円で映画を鑑賞する

映画「線は、僕を描く」はいつまで上映?上映期間予想

上映期間がいつまでかは、あらかじめ決まっているものではなく、各映画館によって異なってきます。

  • 人気
  • 話題性
  • 興行収入

これらの要素を含めて、映画館が設定。

一般的な上映期間は3週間~2ヵ月ほどで、関連作品(シリーズ・出演者・監督)などの情報を参考にすることで、いつまでかざっくりと予想ができます。

今回は、今作と同じ製作チームが手掛けた「ちはやふる 上の句」を参考に予想。

「ちはやふる 上の句」の上映期間は2016年3月19日から5月中旬~下旬頃までの約2ヵ月間でした。

とはいえ「ちはやふる 上の句」は、「下の句」(4月29日公開)との公開日が近い影響で上映期間が延びたため、今作はもう少し短い上映期間になると考えられます。

これらをもとに上映期間を予想すると、11月下旬~12月上旬頃が1つの目安となります。

映画「線は、僕を描く」を900円で鑑賞する方法

一般的な映画の料金は1,900円ほどで、学生でも1,500円ほどかかってしまい、気軽に映画鑑賞に行けないという方も多いですよね。

サービスデイの利用でも1,000円を切ることはまずありませんが、900円で鑑賞する方法が1つだけあります。

それは、U-NEXTの映画チケット割引を利用するという方法。

料金月額2,189円(税込み)
無料トライアル期間31日間
ポイント月1200ポイント
無料トライアル登録時は600ポイント
(電子書籍・映画チケットにも利用可能)
見放題作品数210,000本以上

「U-NEXT」では無料トライアルへの登録で、映画チケットや動画配信に利用できるポイントが600Pもらえます。

そのポイントを利用してチケットを購入することで、900円で映画鑑賞が可能に。

登録から割引まで、わずか5分ほどの作業で1,000円浮くのは、かなりお得ですよね。

登録~割引までの手順

  1. 公式サイトから無料トライアルをクリック
  2. 必要事項を入力し登録完了
  3. メニューのクーポン・ギフトコードから「映画チケット割引」を選択
  4. 劇場を選択し映画チケット割引を利用を選択
  5. ポイントを利用して購入

特に、

  • 他にも鑑賞したい作品がある
  • 入場者プレゼントが複数欲しい
  • U-NEXTで関連作品や他作品を併せて楽しみたい

このような方にはオススメの方法です。

上映終了日が近いことを知らせる3つの情報

上映期間はあくまで目安となりますので、上映劇場情報も併せて確認しておくことをオススメします。

その際に、

  1. 上映回数が1日1回
  2. 他の劇場での終了情報
  3. 作品紹介欄の上映終了日

これら3つの情報を確認しておきましょう。

特に上映回数が1日1回になったり、他劇場で上映終了し始めたら、上映終了が近い合図になります。

また、劇場ホームページの上映スケジュールや作品紹介の欄に、上映終了日の記載されている場合があるので、併せて確認しておきましょう。

見逃した時の対処法

ついつい見逃してしまった場合は、以下の3つのタイミングまで待つ必要があります。

  1. DVD・Blu-rayの発売
  2. 動画配信開始
  3. 地上波での放送
再上映する場合もありますが、可能性としては高くありません。

DVD・Blu-rayの発売は公開から4~6ヵ月を目途に発売されることが多く、動画配信サービスでの配信も、同時に開始されることが一般的。

今作品の上映日は2022年10月21日ですので、2月~4月の間となる可能性が高いです。

また、地上波での放送は未確定要素が多いため、待つことはあまりオススメできません。
DVDや動画配信で観ることをオススメします。

特に動画配信サービスでは、無料トライアルの利用で無料で観られることもありますので、利用してみましょう。

映画「線は、僕を描く」の作品情報

制作2022年 日本
上映時間106分
配給東宝
監督小泉徳宏
原作砥上裕將
脚本片岡翔
小泉徳宏
主題歌yama produced by Vaundy「くびったけ」
キャスト・出演者(青山霜介)横浜流星
(篠田千瑛)清原果耶
(古前)細田佳央太
(川岸)河合優実
(国枝)矢島健一
(滝柳)夙川アトム
(笹久保)井上想良
(藤堂翠山)富田靖子
(西濱)江口洋介
(篠田湖山)三浦友和

あらすじ

大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で運命の出会いを果たす。
白と黒だけで表現された【水墨画】が霜介の前に色鮮やかに拡がる。
深い悲しみに包まれていた霜介の世界が、変わる。
巨匠・篠田湖山に声をかけられ【水墨画】を学び始める霜介。
【水墨画】は筆先から生み出す「線」のみで描かれる芸術。描くのは「命」。
霜介は初めての【水墨画】に戸惑いながらもその世界に魅了されていく ――

引用元・映画「線は、僕を描く」公式サイト

まとめ

映画「線は、僕を描く」の上映期間は、11月下旬~12月上旬頃までと予想させていただきました。

あくまで予想ですので、お近くの映画館の情報を確認し、なるべく早く鑑賞しましょう。

見逃してしまった場合には、

  1. DVD・Blu-rayの発売まで待つ(およそ4~6ヵ月後)
  2. 動画配信されるまで待つ(基本的に1と同じタイミング)
  3. 地上波で放送するまで待つ

この3つの選択肢を取ることができ、特に2番の選択肢がオススメです。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました