おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

映画「さがす」興行収入推移と観客動員数まとめ

興行収入

2022年1月21日公開「さがす」の興行収入推移と観客動員数とまとめました。

「鬼滅の刃 無限列車編」が「千と千尋の神隠し」の興行収入を抜いたことをきっかけに、以前よりも興行収入に関する情報を、目にする機会が増えたと思います。

情報が入る度に追記させていただきますので、映画を鑑賞する際の1つの指標として活用ください。

連続殺人犯を見たと告げ突然姿を消した父と、その父を必死に捜す娘を描いた作品です。
映画チケットCTA
映画を900円で鑑賞する3ステップ
  1. 「U-NEXT」の無料トライアルに登録
  2. 付与された600Pで映画チケット割引を900円で購入
  3. 映画館のチケットと引き換え
900円で鑑賞する

「さがす」の興行収入推移と観客動員数

日数興行収入動員数
公開3日(1/23まで)1265万620円8718人
公開3日以降の情報は出ていません。

「さがす」の作品情報

制作2022年 日本
上映時間123分
配給アスミック・エース
監督片山慎三
脚本片山慎三
小寺和久
高田亮
エグゼクティブプロデューサー豊島雅郎
仲田桂祐
土川勉
プロデューサー井手陽子
山野晃
原田耕治
ラインプロデューサー和田大輔

キャスト・出演者

  • (原田智)佐藤二朗
  • (原田楓)伊東蒼
  • (山内照巳)清水尋也
  • (ムクドリ)森田望智
  • (花山豊)石井正太朗
  • (蔵島みどり)松岡依都美
  • (原田公子)成嶋瞳子
  • (馬渕)品川徹

あらすじ

大阪の下町で平穏に暮らす原田智と中学生の娘・楓。「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」。いつもの冗談だと思い、相手にしない楓。しかし、その翌朝、智は煙のように姿を消す。

ひとり残された楓は孤独と不安を押し殺し、父をさがし始めるが、警察でも「大人の失踪は結末が決まっている」と相手にもされない。それでも必死に手掛かりを求めていくと、日雇い現場に父の名前があることを知る。「お父ちゃん!」だが、その声に振り向いたのはまったく知らない若い男だった。

失意に打ちひしがれる中、無造作に貼られた「連続殺人犯」の指名手配チラシを見る楓。そこには日雇い現場で振り向いた若い男の顔写真があった――。

引用元・「さがす」公式サイト

評価・口コミ・感想

Twitterでの反応は以下の通り。


「さがす」の関連記事はこちら

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

興行収入
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました