北の国から’92巣立ち後編/あらすじとネタバレと感想

1992年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

北の国から’92巣立ち後編の概要

制作:1992年 日本
プロデューサー:山田良明、清野豊
出演:田中邦衛、吉岡秀隆、中嶋朋子、原田美枝子、岩城滉一、地井武男、裕木奈江、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

北の国から’92巣立ち後編の見どころ

1981年の大人気テレビドラマをスペシャルとしてシリーズ化された。倉本聰原作。
主演は田中邦衛。
富良野を舞台に、東京から富良野に移り住んだ家族が成長していくストーリー。
今回は純が懇意にしていた女性を妊娠させてしまった問題と、蛍の進路問題の後半。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

北の国から’92巣立ち後編のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

タマコの初めてのことでうろたえている以上に純は逃げ出したい気持ち満載です。
その残念な気持ちを察したタマコは中絶することにしました。バイト先に電話がかかってきて産婦人科に純が出向くと、タマコとタマコの叔父と叔母が居ました。純が名前を言うなり、純は殴られてしまいます。
叔父と叔母は純の名前と住所と実家を書けと迫ります。五郎にだけはばれたくなかった純はたじろきますが許されませんでした。実家の電話番号を書けと言われ、家に電話が無いことを正直に言うも信じてもらえませんでした。しかし本当にないという事で叔父は純の実家が本当の貧乏だと気が付きました。
叔父は速達を送り、五郎がすぐに東京に来ました。純はタマコと結婚する気が無いと知った五郎はとりあえず謝りに行こうと純を誘います。タマコの叔父の家に行った五郎はとりあえず持ってきたかぼちゃを出します。
五郎は土下座して頭をこすりつけています。しかし叔父に「誠意とは何か」と言われ、五郎は悩みます。
かぼちゃも返されてしまいました。五郎とご飯を食べに行くも、五郎は全く純の事を叱りませんでした。純はこっちの方が傷ついてしまいました。
五郎が純に大みそかには富良野に帰ってくることを確認し、五郎は富良野に帰ります。
五郎は富良野に帰って丸太小屋をあきらめて、100万をつくりタマコにおくります。丸太小屋をあきらめた五郎を何も知らない中畑が責めました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

五郎は木ではなく、畑を作る時に出てくる石で家を作ろうと考えたのでした。
そして井戸も作ると言い出します。五郎は純と蛍が帰った時に岩で作った露天風呂に入れてやろうという目標を作ります。
タマコは純の元に100万円は受け取れないと持ってきます。叔父の痛み分けだという言葉を伝え、タマコは鹿児島に帰ると言います。
その頃五郎の井戸に水が出だします。おおみそかになり、純が五郎にお金を返します。
五郎はもう子供にしてやれることがないと思い、少し寂しくなります。五郎は純にそのままお金を渡し、蛍は五郎に正看護師の資格を取りに学校に行くと伝えます。
五郎は二人を風呂に入れてやろうと、火をかけに行った時に事故に合ってしまいました。丸太に下敷きになってしまって動けない五郎は深夜二時になってようやく気が付いた純と蛍に見つけられます。氷点下17度で何時間もじっとしていて、命があっただけでも不思議な状態でした。
無事に助かった五郎ですが、今度は蛍が富良野に帰ると言い出し、それを純が制して純が富良野に帰ることにしました。骨折の手術を終えた五郎のベッドの横で純は泣くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました