おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

白夜行/あらすじとネタバレと感想

白夜行ドラマ
スポンサーリンク

白夜行の概要

制作:2006年 日本
演出:平川雄一朗、那須田淳、石井康晴、高橋正尚
出演:山田孝之、綾瀬はるか、渡部篤郎(特別出演)、柏原崇、田中幸太朗、小出恵介、他

スポンサーリンク

白夜行の見どころ

2006年、TBS系列で、毎週木曜日に放映されたテレビドラマ。
主演は綾瀬はるか、山田孝之。原作は東野圭吾の小説。
幼少のころ、初恋の少女を助けるために父親を殺した少年と、その少年をかばうために母親の命を奪った少女の罪をかばい合う14年間の愛のストーリー。

白夜行のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

11歳の亮司はいつも一人で居る雪穂の事が好きでした。
雪穂は母子家庭で、母に売られて性的虐待を受けていました。ある日の事、そんなことを知らない亮司は雪穂の事を見つけてつけていってしまいます。こっそりと雪穂が入った部屋をのぞくとなんと亮司の父親が雪穂の裸の写真を撮っていました。亮司はとっさにハサミで父親を刺し殺してしまいます。
雪穂はいつもこの男を殺してやりたいと思っていたから、殺したのは私。といい、母親の罪に擦り付けようと雪穂はその夜、母親に薬を飲ませてガス中毒で殺します。亮司の父親を殺したハサミからは雪穂の母の指紋が出てきて無事に罪には問われなかった二人。そして二人は接点を消そうとし、思い出の品を捨てます。
それから7年後、雪穂は華道家の女性に育てられていました。そしてすっかり事件など忘れてしまっていた亮司の前に刑事が現れます。17歳になった亮司は同級生に強請られ、雪穂もまた学校でいじめられていました。公衆便所に雪穂の落書きをされ、雪穂が消していると7年ぶりに亮司と再会します。
お互いを陥れようとしている周りに、亮司が自首しようと思うと雪穂に告げると雪穂は反対します。亮司は観念して自分が死んだと思って雪穂のために生きようと決意するのでした。そして実際に自分が死んだことに偽造します。そして雪穂を守るために亮司は罪を重ね始めます。罪を重ねるごとに雪穂の願いもエスカレートしてきます。
ついに雪穂は自分が好きな御曹司の篠塚の恋人を暴行してくれと亮司に頼むのでした。亮司は雪穂のことが信じられなくなっており拒否するも雪穂は他の人に頼んだのでした。

ネタバレと結末

亮司は裏稼業で実績を上げており、雪穂は次々に利用していく。
そして高宮の実家は金持ちだと知った雪穂は次は高宮と結婚しました。そして思うがままにブティックをはじめ、高宮の会社からデータを盗んで流していた雪穂は今度は高宮が邪魔になり、離婚に有利な条件を得ようとたくらみ実行します。
次に雪穂の養母も殺してしまいます。亮司は全国指名手配されますが、雪穂はブティックの二号店を出します。
刑事が来て、雪穂が捕まり、亮司は雪穂に逃げろと言って倒れます。雪穂は取り調べでも言い逃ればかりです。
・・・二人のはじめの殺人の時効の日、亮司と裏会社の時にできた典子との子供が生まれて公園で遊んでいる姿が映し出されて終わります。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. ロック男性30代 より:

    タイトルに合ったシリアスなストーリーが魅了される

    主人公亮司と雪穂の幼いころの出会いから二人が共有した事件により運命を繋がれて、大人となっていくとストーリーが非常におもしろい。

    太陽のあたる世界を歩かない亮司とひたすら表の世界で上に登っていく雪穂の表と裏の世界がリアルに表現されているとおもいます。

    普通の恋愛では無い二人のきずなが観ていて羨ましくもあり、そのような生き方に憧れを抱いてしまう作品でした。

  2. ヌー男性40代 より:

    ノワールな雰囲気が良い

    好きな子のために人殺しをしてしまう2人の14年間の愛の物語。東野圭吾作ということで、ピュアな2人がお互いを愛したいだけなのに、やることなすこと悪い方向に走ってしまうもどかしさと虚しさのノワール感漂う作品。山田孝之と綾瀬はるかの初々しさがとても良かったが、武田鉄矢が見てて嫌らしかった。嫌らしいということは演技がうまかったのだろうが、金八が嫌な役をしている風にしか見えず、ヒット作がある俳優は損だなと改めて思った。

ドラマ
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました