2018年の邦画

去年の冬、きみと別れ/あらすじとネタバレと感想

去年の冬、きみと別れの概要 制作:2018年 日本 監督:瀧本智行 出演:岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝、他 去年の冬、きみと別れの見どころ 中村文則の小説を実写映画化。 フリーライターが猟奇殺人事件の被告に会いに行きますが、いろいろと不自然な点があり探っていくとフリーライターは真相にたどり着くと完成された復讐劇が繰り広げられていた。というストーリー。 去年の冬、きみと別れのあらすじとネタバレと結末 あらすじ フリーライターの耶雲恭介はとある事件を編集者のベテランライターの小林良樹に持ち込みました。 その事件は木原坂雄大というベテランカメラマンが家で撮影中に火事になり盲目の女性モデルの吉岡亜希子が焼死してしまうという事件です。雄大ははじめこそ犯人として捕まったものの、雄大の姉の朱里が弁護士と戦い、雄大には過失致死傷で執行猶予になりました。 小林は解決してしまった事件を記事にしてもダメだと言いましたが、本にしたい恭介は食い下がって小林が付くことになりました。恭介は雄大がわざと助けずに亜希子の燃えている写真を撮影したという噂があり、恭...
2007年の邦画

包帯クラブ/あらすじとネタバレと感想

包帯クラブの概要 制作:2007年 日本 監督:堤幸彦 出演:柳楽優弥、石原さとみ、田中圭、貫地谷しほり、関めぐみ、佐藤千亜妃、他 包帯クラブの見どころ 天童荒太の同名小説「包帯クラブ」は珍しく明るい話である。 堤幸彦監督が映画化し、当時人気だった柳楽優弥と石原さとみ主演で若者たちにも話題になった。 天童荒太にしては、前向きな話である。 包帯クラブのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 両親の離婚で深く傷つき、自分の人生に見切りをつけた女子高生ワラ(石原さとみ)は屋上のフェンスに腰かけていると、ディノ(柳楽優弥)に話しかけられます。 不自然に思える関西弁で気軽に話しかけてくるディノにワラは無神経に話し続ける。ワラがしていた包帯をフェンスに結び付け、ディノは血が止まった気がするといいますが、ワラは無視して帰ります。 ディノは傷そのものに、包帯を巻くのではなく傷ついた場所に包帯を巻くというアイデアをワラに話しますが、風になびく包帯を見て心もなびきつつありましたが、ディノと話する気分ではなかったのです。 学校へ行くとタンシオがワラに恋愛相談をします。そしてワラ...
2016年の邦画

高台家の人々/あらすじとネタバレと感想

高台家の人々の概要 制作:2016年 日本 監督:土方政人 出演:綾瀬はるか、斎藤工、水原希子、間宮祥太朗、坂口健太郎、大野拓朗、塚地武雅、堀内敬子、夏帆、他 高台家の人々の見どころ ごくせんの作者である森本梢子の漫画を実写映画化。 妄想癖のあるOLとテレパシー能力があるエリートサラリーマンとの恋を描いたコメディ映画。 高台家の人々のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 30歳になる見た目は地味な平野木絵はOLをしています。 木絵は昔から人見知りで、そのため子供の頃から妄想癖が激しく今でもすぐに妄想しています。 ある日風邪をひいて会社を休んでいました。ひとしきり妄想を楽しんだ木絵が、会社に復帰すると会社の空気が違っていました。それは気のせいでもなんでもなく、ニューヨーク支社から転勤してきたエリートサラリーマンの高台が居たからでした。妄想癖の激しい木絵はすぐに高台とのシンデレラストーリーを妄想しました。しかし高台はそんな木絵の妄想を読み取って笑っていたのでした。 高台家はかなり血筋がよく、祖母はイギリス人の伯爵の出であり祖父は元華族であり、高台自身も美形の東...
2014年の邦画

抱きしめたい 真実の物語/あらすじとネタバレと感想

抱きしめたい 真実の物語の概要 制作:2014年 日本 監督:塩田明彦 出演:北川景子、錦戸亮、他 抱きしめたい 真実の物語の見どころ 事故で左半身の麻痺と記憶障害になった車いすの女性とタクシードライバーの実話を実写映画化。 キャッチコピーは「この幸せは、永遠だと思っていた―」。 高校の時に事故にあって障害が残った女性とタクシードライバーが恋に落ち、障害を乗り越えて結婚し子供を設けるが出産した時急性妊娠脂肪肝にかかっており出産から10日後に女性が亡くなってしまうがタクシードライバーは立派に一人で育てていくというストーリー。 抱きしめたい 真実の物語のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 北海道網走市でタクシードライバーをしている小柳雅己は地元でバスケの試合に出ていました。雅己は小さな子供を連れてきており、子供の母親はもう亡くなっていました。雅己は息子である和実に和実の母であるつかさの日記を聞かせます。 ・・・今から数年前の事。雅己はバスケットボールの練習をしに行くと、障害者スポーツのボッチャと予約が被ってしまっていました。そして揉めています。ボッチャ側で自分...
2010年の邦画

雷桜/あらすじとネタバレと感想

雷桜の概要 制作:2010年 日本 監督:廣木隆一 出演:岡田将生、蒼井優、小出恵介、柄本明、時任三郎、他 雷桜の見どころ 宇江佐真理の小説を実写映画化。日本版のロミオとジュリエットと言われている。 徳川家の子孫と村に住む娘が出会い、純粋な女性の心に胸を打たれて惹かれていくというストーリー。 小説は女性側の半生を綴っておりロングセラーヒットになっている。 雷桜のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 徳川家斉の息子である清水斉道は幼いころから母親の愛情を受けずに育っていました。そのため心がすさんでおり、使用人にもすぐに手を出す荒い殿さまでした。誰にでもそんな態度なので悪評は広まっており、父の斉道でさえも息子の斉道の事を毛嫌いしていました。 それでも家来の瀬田と榎戸は斉道をかばい、一緒に過ごして居ました。二人は斉道は幼いころから“はっかん”という病気を抱えており、それが心の病気だと考えたのです。 二人と共に馬に乗っていた時、斉道は急に何もかも嫌になり思うがままに走り出してしまいます。そうして着いたのは広い野原で斉道はそこで寝転がりました。するとその上を馬が通り...
2011年の邦画

明日泣く/あらすじとネタバレと感想

明日泣くの概要 制作:2011年 日本 監督:内藤誠 出演:斎藤工、汐見ゆかり、武藤昭平、井端珠里、奥瀬繁、マービン・レノアー、他 明日泣くの見どころ 若いころに小説で賞を取った作家がジャズピアニストの同級生と再会し、小説がうまく描けなくなった主人公は賭けマージャンをしながらも小説を書いている。対して同級生もピアニストへの夢を諦めきれない。うまくいかない二人の交流を描いた作品。 明日泣くのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 高校時代の武は小説家になりたいという夢を持ちながらも賭けマージャンをしに雀荘に入り浸っていました。ある日、武が喫茶店で居ると同級生のキッコが駆け込んできて武の隣に座ります。そのキッコの後を追ってきたのは音楽の吉永先生で、吉永先生は武の顔を見るとバツが悪そうな顔をして出て行きます。キッコは武のタバコを取り、一本吸うと武に助かったと言って喫茶店を出て行きました。武はこの日初めてキッコと接触したのでした。 キッコはジャズピアニストとしての夢があったのですが、音楽大学への推薦入学するための吉永先生の試験特訓であるクラシックが耐えられず逃げたのでした...
2014年の邦画

大人ドロップ/あらすじとネタバレと感想

大人ドロップの概要 制作:2014年 日本 監督:飯塚健 出演:池松壮亮、橋本愛、小林涼子、前野朋哉、他 大人ドロップの見どころ 樋口直哉の小説を実写映画化。 大人になった主人公が高校三年の時の夏のひと夏の恋を思い出す。10年後、しっかりと立派になった主人公が再会するが「すでに過去の恋愛」として幸せな大人・・・けど苦い青春時代を共にした大切な友達として会うというストーリー。 大人ドロップのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 静岡県の高校に通う三年生の由は一学期の終わりに近づくある日に、始から同じクラスの杏と一緒に出掛けたい、告白したいけど自分では言えないため由が頼まれます。とはいえ油も女子に対してはかなりシャイな一面があり、始はクラスメイトから軽くいじめられており、由は春と仲が良く春を通じてどうにかならないかという訳でした。そして春を通じてOKをもらいました。そうして由・始・杏・春の四人が一緒に遊びに行くことになりました。しかしどこまでも自信がない始は、待ち合わせの時に(しかできないと思い込んでいる)杏と二人きりの時間をわざと作ってその時に携帯のハンズフリーで...
2010年の邦画

ボーイズ・オン・ザ・ラン/あらすじとネタバレと感想

ボーイズ・オン・ザ・ランの概要 制作:2010年 日本 監督:三浦大輔 出演:峯田和伸、黒川芽以、YOU、松田龍平、小林薫、リリー・フランキー、他 ボーイズ・オン・ザ・ランの見どころ 花沢健吾の人気漫画を実写映画化。 銀杏ボーイズの峯田和伸主演で原作の大ファンであったため曲も書き下ろしている。 不器用な青年が不条理な現実にぶち当たりながらも疾走し、成長していくというストーリー。 ボーイズ・オン・ザ・ランのあらすじとネタバレと結末 あらすじ ガチャガチャの玩具会社の営業をしている田西敏行は、企画部の植村ちはるに恋をします。メールをする間柄になれたものの、それ以降はどうすればいいのかわからないままでした。 田西は一人さみしく29歳の誕生日を迎えようとしていました。このままではさみしすぎるという事でテレクラに電話して女性と会うものの、あまりの醜さに逃げ帰ってしまいました。 そんな時、田西はライバル会社の営業青山と知り合い親しくなりました。青山の提案でちはると田西、青山と青山の同僚である長谷川茜と飲みに行くことになりました。田西とちはるは飲み会でいい雰囲気になり...
2016年の邦画

お父さんと伊藤さん/あらすじとネタバレと感想

お父さんと伊藤さんの概要 制作:2016年 日本 監督:タナダユキ 出演:上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也、長谷川朝晴、安藤聖、渡辺えり、他 お父さんと伊藤さんの見どころ アラサーの主人公はバイト先で20歳年上の男性と知り合い同棲していて、そこに主人公の父が転がり込んできて奇妙な三人暮らしが始まるというストーリー。 お父さんと伊藤さんのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 山中彩は34歳です。コンビニのバイトで知り合った20歳年上の伊藤さんと付き合いだし、同棲しています。一人では借りないであろう少し広いアパートで生活を始め、家庭菜園をしながらまったりと暮らしています。彩は本屋でバイトし、伊藤さんは小学校の給食のおじさんをしていました。 ある日彩は兄から呼び出されて、74歳になる父をしばらく預かってくれと言われます。兄の子供が受験を迎えており、受験が終るまでだと言いました。しかし案するに兄の嫁である理々子と父の間に何かあったことを察します。彩はムリだと即答しますが家に帰るとすでに父が入り込んでいました。そうして彩と伊藤さんと父の奇妙な三人暮らしが始まります。し...
2016年の邦画

シェル・コレクター/あらすじとネタバレと感想

シェル・コレクターの概要 制作:2016年 日本 監督:坪田義史 出演:リリー・フランキー、寺島しのぶ、池松壮亮、橋本愛、他 シェル・コレクターの見どころ アンソニー・ドーアの小説を沖縄設定にして実写映画化。 沖縄の離島でイモガイの毒で病気を治すことを発見した盲目の貝類学者。その貝類学者がファンタジーサスペンスに巻き込まれて行く様子を描いた作品。 キャッチコピーは『未体験の艶麗劇薬ファンタジー』 シェル・コレクターのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 盲目ですが世界的に有名な貝類学者は約五年前、沖縄の離島にやって来ました。 静かなこの島にシェルターのような小屋を建てて一人で暮らしています。身の回りの物は船乗りの清吉に頼んでいました。貝の標本を作り続けていましたが、中身を食べることはしません。貝は海に沈んだ人間を食べるからでした。世間ではしびれが起き、やがて全身まひになり死んでしまうという奇病が流行っていました。 ある日、海辺に倒れていた画家のいづみを助けます。いづみもまた奇病にかかっており、困っていたものの貝類学者が拾ってきた猛毒を持つイモガイに刺された...
2013年の邦画

はじまりのみち/あらすじとネタバレと感想

はじまりのみちの概要 制作:2013年 日本 監督:原恵一 出演:加瀬亮、田中裕子、ユースケ・サンタマリア、濱田岳、他 はじまりのみちの見どころ 映画監督木下恵介の生誕100周年作品。 木下の第二次世界大戦中の母と子の実話である。病気の母を疎開させるために母をリアカーに乗せて山越えをした話を中心に母と子の愛情を描いている。 はじまりのみちのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 第二次世界大戦中、日本政府は木下の作る映画にさえも戦意が高くなるようなものを強要していました。 そう言われて作った去年の作品である陸軍は女々しいと全面拒否され、それから次の作品を作ることができなくなっていました。自分の作品を作れなくなった木下は映画会社の松竹に辞表を出し、浜松に帰りました。浜松には病気になった母が療養しています。もどったものの、木下に仕事はありませんでした。 そうしている間にも戦争は悪化の一方で、浜松にも空襲が迫ってきていました。母を心配した木下は、山間部に居る親戚の家に母を託すことにしました。母の病気の事を考えて、木下はバスには乗せず自分でリアカーを牽いて連れて行くこ...
2017年の邦画

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~/あらすじとネタバレと感想

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~の概要 制作:2017年 日本 監督:滝田洋二郎 出演:二宮和也、西島秀俊、綾野剛、伊川東吾、笈田ヨシ、竹野内豊、宮崎あおい、他 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~の見どころ 1930年代の満州国で天皇の料理番が生み出した料理の数々を絶対味覚=麒麟の舌が再現していくというストーリー。 料理は服部幸慶氏が全面協力し見ごたえがある。 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 佐々木充は自分が口にしたものすべてを記憶して再現することができる絶対味覚=『麒麟の舌』を持つ天才料理人です。そのため人生の最後に食べたい料理を作るために全国を飛び回っています。出張サービスで作り上げ、最期の料理人として報酬の100万円をもらっています。 子供のころに親を亡くした充は同じ施設で育った柳沢健と一緒に店を出していたものの、完璧主義な充に誰も付いて行けず客すらついてこれずに多額の借金を残して閉店させてしまっています。 その借金返済のために最期の料理として高額の料金を取っているのでした。 誰の事も信用できず、施設の園長先生が...
2012年の邦画

麒麟の翼/あらすじとネタバレと感想

麒麟の翼の概要 制作:2012年 日本 監督:土井裕泰 出演:阿部寛、新垣結衣、溝端淳平、松坂桃李、菅田将暉、山﨑賢人、柄本時生、竹富聖花、他 麒麟の翼の見どころ 東野圭吾の小説加賀恭一郎シリーズの新参者ドラマの劇場版。 男を刺し殺した男がトラックに轢かれて重体になり、おなじみ加賀刑事が被害者を調べていくと被害者の労災隠しが暴露されてしまい一転被害者家族はバッシングを浴びてしまう。しかし刺した若い男はたまたま通りかかっただけで被害者の男は息子の友達に殺されたのだった。 麒麟の翼のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 日本橋の麒麟像で一人の男が胸を刺されて殺されます。男性の名は青柳武明。ナイフで刺されたまま麒麟像までやってきていたようです。そして青柳の手には白い折鶴がありました。同じ時間帯に八島冬樹が職務質問から逃げようとしてトラックに撥ねられて重体を負っていました。当然八島は被疑者と疑われますがそのまま亡くなってしまいました。八島は職務質問を受ける前に彼女の香織に電話をしており、大変なことをしてしまったと伝えていました。 ・・・加賀恭一郎は松宮と共になぜ青柳が...
2016年の邦画

星ガ丘ワンダーランド/あらすじとネタバレと感想

星ガ丘ワンダーランドの概要 制作:2016年 日本 監督:柳沢翔 出演:中村倫也、新井浩文、木村佳乃、菅田将暉、杏、市原隼人、佐々木希、松重豊、他 星ガ丘ワンダーランドの見どころ 20年前に家族を捨てて出て行った母親の死を知った息子が、青年になった今だからこそ母の死の真相を探り出すというミステリー映画。 何かと話題の豪華キャストが集結しており、見どころが多い。 星ガ丘ワンダーランドのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 20年前のあの雪の日に、家族で車に乗っていた温人。父の藤二と母の爽子と兄の哲人の四人です。 後ろに温人が乗っていると、父が母を責め立てていました。そして車は止まり、母だけが車を降ります。温人は雪の中歩いていく母を追いかけて、母が落とした片方の手袋を持って追いかけますが母は「そっちは温人が持ってて。必ず取りに行くから」と言ってそのまま温人を置いていってしまいます。父と兄はその様子を見ていました。 ・・・20年後、そのまま母は帰ってこず、大人になった温人は星ガ丘駅の駅で落し物預かり所をしています。そこに落とし物をめぐる人々がやってきていました。 ...
2016年の邦画

ピンクとグレー/あらすじとネタバレと感想

ピンクとグレーの概要 制作:2016年 日本 監督:行定勲 出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、他 ピンクとグレーの見どころ NEWSの加藤シゲアキが芸能界の表と裏を書いて衝撃を呼んだ小説を実写映画化。 6通の遺書を残し亡くなった親友の死を乗り越え伝記を書いたことで時の人となった、スターと呼ばれるようになった主人公が失ったのは親友と青春の思い出だったというストーリー。 ピンクとグレーのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 大人気スターの白木蓮吾は6つの遺書を持って自殺します。 遺体を発見したのはその日遊ぶ約束をしていた親友の河田大貴でした。大貴の死は世間を揺るがせて自殺の要因を探り出します。 今から14年前の事、関西から埼玉に引っ越してきた大貴は、蓮吾とサリーと仲良くなり、幼馴染で青春時代も一緒に過ごしてきました。蓮吾の年の離れた姉が事故で亡くなってしまうなど辛いこともありましたが、高校を卒業して上京し、一緒に住んでいた蓮吾と大貴は一緒に歩いている所を渋谷でスカウトされ、芸能事務所の社長に気に入られて二人でドラマの撮影にいきました。エキストラという話でしたが蓮吾...
2015年の邦画

チョコリエッタ/あらすじとネタバレと感想

チョコリエッタの概要 制作:2015年 日本 監督:風間志織 出演:森川葵、菅田将暉、市川実和子、村上淳、須藤温子、他 チョコリエッタの見どころ 犬になりたい少女が母を亡くして以来心の拠り所だった犬まで死んでしまい、心を閉ざしていたが人を殺したいと思った事のある青年と親しくなっていくにつれ、明るくなっていくというストーリー。 チョコリエッタのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 高2の知世子は絶望を感じています。 もともと知世子は父と母と犬のジュリエッタと幸せに暮らしていました。しかしある夏の日、家族旅行の帰りに事故を起こし、父は入院し、母はそのまま亡くなってしまうという不幸に見舞われてしまいます。 高校生になった知世子は先生に進路希望を書いてと言われて出したのは「犬になりたい」という言葉でした。そして名前をチョコリエッタと書きます。 知世子は女の子ですが坊主にしていました。そして映研クラブに所属していましたが部員が少なく廃部寸前です。そして心の拠り所にしていた犬のジュリエッタが亡くなってしまったのです。 こうして知世子は絶望を感じ、心を閉ざしてしまいます...
2017年の邦画

チャットゾーン/あらすじとネタバレと感想

チャットゾーンの概要 制作:2017年 日本 監督:今野恭成 出演:鈴木まりや、牧田哲也、折井あゆみ、りん、長井秀和、他 チャットゾーンの見どころ "SNSから始まる恋愛"をテーマにAKB48の鈴木まりや主演で話題になったコメディ映画。 アパレルショップで働く女性がアメリカへの社内留学費用をためるためにライブチャットでアルバイトしている所に毎日のように話しかけてくる男性が居て徐々に惹かれていくというストーリー。 チャットゾーンのあらすじとネタバレと結末 あらすじ アパレルショップで働く森奏子は、将来アメリカへの社内留学がしたくて仕事の後に夜遅くまでライブチャットをしてお金を稼いでいました。奏子は”ハナ”というハンドルネームで部屋を作り待機していると、毎日のように午前零時になると入ってくる”トレント”と名乗る男性が居ました。 奏子はオーガニック素材を使った自社の服のデザインを考えていて、トレントに企画書のアドバイスをもらっていました。トレントは奏子に今日は月がきれいだと言ってライブカメラで奏子に見せます。月を見せる時にトレントの影が映り込み、急に奏子はトレント...
2019年の邦画

あの日のオルガン/あらすじとネタバレと感想

あの日のオルガンの概要 制作:2019年 日本 監督:平松恵美子 出演:戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、他 あの日のオルガンの見どころ 第二次世界大戦中、子供たちを疎開させるために親から離れた疎開保育園が前向きに子供たちと過ごしていく様子を描いた作品。戦争中、子供たちを元気づけるためにオルガンが使われるが終戦後、子供たちは親に引き取られ保育園自体がなくなってしまい、保母は涙が止まらない・・・というストーリー。 あの日のオルガンのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 第二次世界大戦中の1944年のこと。東京で保育園を経営している板倉は、東京への空襲が激しくなってきたことから埼玉での疎開保育を提案します。小学校の疎開はあったものの保育園での疎開はまだまだ浸透しておらず、小さいうちに親元を離れることに父兄から反対の声が上がりました。 しかしそうはいっても東京の空襲は日々激しくなり、父兄も子供だけでも助けたいという思いで保育園での疎開も開始されました。 職員の脇本が埼玉で見つけてきた疎開先は埼玉でも田舎の方で、平野村にある妙楽寺という廃墟寸前の建物でした。...
2011年の邦画

ヤンキーヘルパー/あらすじとネタバレと感想

ヤンキーヘルパーの概要 制作:2011年 日本 監督:城定秀夫 出演:木下柚花、飯島大介、吉本輝海、河野智典、小倉もも、中村英児、他 ヤンキーヘルパーの見どころ ヤンキー娘がヤクザの彼氏の組長の介護をすることになり、昔の自分を取り戻しつつ組長に対しても優しくなっていくというストーリー。 ヤンキーヘルパーのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 今日もマリアは特攻服を着て仲間とケンカに明け暮れていました。子分の二人とマリア、対してセーラー服軍団3人とケンカし、祝杯を上げるために自分のアパートに帰ります。子分たちにも飲めというものの、子分たちは裏切り酒に一服盛ってマリアは眠り込んでしまいました。 マリアが目を覚ますと彼氏の悠太が居て、子分たちはマリアがけんか相手から奪った金を盗んでヤンキーを辞めるという手紙を書いて姿を消していました。マリアが腹を立てていると悠太がもつれ合ってきて寝ます。悠太はヤクザの芳賀興業の下っ端部員でした。芳賀はヤクザの中でも相当で自分の女にまでシャブを打って売春させています。しかし本家の芳賀が認知症になりかけているという事で介護を要請されますが...
2011年の邦画

マイ・バック・ページ/あらすじとネタバレと感想

マイ・バック・ページの概要 制作:2011年 日本 監督:山下敦弘 出演:妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、石橋杏奈、他 マイ・バック・ページの見どころ 川本三郎の小説を原作とし実写映画化。 学生運動が盛んな時代を理想を掲げる若い記者と左翼的思想のある学生が出会い、理想と現実の間で揺れ動く様子を描いている。 キャッチコピーは「その時代、暴力で世界は変えられると信じていた」。 マイ・バック・ページのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 1969年。学生運動が全盛期の日本では東大安田講堂事件が起きた年です。そんな時に東都新聞に入社した沢田は学生運動を見ながら心を熱くしたものの希望した東都ジャーナルには配属されず、週刊東都に配属になりフーテンの下で取材しながら1日500円の放浪の旅のコラムの担当になりました。 入社して二年したころ先輩の中平に東大全共闘議長の唐谷義郎を紹介されました。唐谷は指名手配中で沢田が全共闘の集会に送っていき、そこで学生たちの学生運動にかける熱い思いに伝染した沢田は自分も胸が熱くなるのでした。そんな沢田に京西安保の幹部の梅山と名乗る男が接触し...
タイトルとURLをコピーしました