おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」いつまでの上映?上映期間を予想

洋画他

画像はYahoo!映画より引用

「観たい映画の上映期間がいつまでなのかわからない。」

上映開始は大々的に宣伝されますが、上映終了日がいつまでかわからなくて困るのはよくあることですよね。

この記事では、2022年5月6日公開「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」の上映期間がいつまでなのか上映期間を予想しました。

作家を夢見てニューヨークへ飛び込み、理想と現実の間で揺れ動く女性の姿を描いた、「大人の」自分探しムービー。

上映期間を100%保証するものではありません。
見逃さないためにも早めに鑑賞に行きましょう。

また記事内では、「映画を900円で鑑賞する方法」についても紹介していますので活用ください。

NEW映画チケットCTA
映画を900円で鑑賞する3ステップ

U-NEXTより引用

  1. 「U-NEXT」の無料トライアルに登録
  2. 付与された600Pで映画チケット割引を900円で購入
  3. 映画館のチケットと引き換え
たった900円で映画を鑑賞する

「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」はいつまで上映?上映期間予想

上映期間がいつまでかは、あらかじめ決まっているものではなく、各映画館によって異なってきます。

  • 人気
  • 話題性
  • 興行収入

これらの要素を含めて、映画館が設定。

一般的な上映期間は3週間~2ヶ月ほどで、関連作品(シリーズ・出演者・監督)などの情報を参考にすることで、いつまでかざっくりと予想ができます。

今作の都内での上映劇場は6劇場のみ。

上映劇場の少ない作品は、長くとも1ヶ月以内に終了する作品がほとんどです。

もちろん公開後話題になった場合には、上映期間が延びることはありますが、基本的には1ヶ月以内をめどに考えておきましょう。

特に地方での上映は、1週間~2週間ほどで終了してしまうことが多いので、鑑賞予定の方はお早めの鑑賞がオススメです。

これらをもとに上映期間を予想すると、5月下旬~6月上旬が1つの目安となります。

「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」を900円で鑑賞する方法

一般的な映画の料金は1,900円ほどで、学生でも1,500円ほどかかってしまい、気軽に映画鑑賞に行けないという方も多いですよね。

サービスデイの利用でも1,000円を切ることはまずありませんが、900円で鑑賞する方法が1つだけあります。

それは、U-NEXTの映画チケット割引を利用するという方法。

料金月額2,189円(税込み)
無料トライアル期間31日間
ポイント月1200ポイント
無料トライアル登録時は600ポイント
(電子書籍・映画チケットにも利用可能)
見放題作品数210,000本以上

「U-NEXT」では無料トライアルへの登録で、映画チケットや動画配信に利用できるポイントが600Pもらえます。

そのポイントを利用してチケットを購入することで、900円で映画鑑賞が可能に。

登録から割引まで、わずか5分ほどの作業で1,000円浮くのは、かなりお得ですよね。

登録~割引までの手順

  1. 公式サイトから無料トライアルをクリック
  2. 必要事項を入力し登録完了
  3. メニューのクーポン・ギフトコードから「映画チケット割引」を選択
  4. 劇場を選択し映画チケット割引を利用を選択
  5. ポイントを利用して購入

特に、

  • 他にも鑑賞したい作品がある
  • 入場者プレゼントが複数欲しい
  • U-NEXTで関連作品や他作品を併せて楽しみたい

このような方にはオススメの方法です。

上映終了日が近いことを知らせる3つの情報

上映期間はあくまで目安となりますので、上映劇場情報も併せて確認しておくことをオススメします。

その際に、

  1. 上映回数が1日1回
  2. 他の劇場での終了情報
  3. 作品紹介欄の上映終了日

これら3つの情報を確認しておきましょう。

特に上映回数が1日1回になったり、他劇場で上映終了し始めたら、上映終了が近い合図になります。

また、劇場ホームページの上映スケジュールや作品紹介の欄に、上映終了日の記載されている場合があるので、併せて確認しておきましょう。

見逃した時の対処法

ついつい見逃してしまった場合は、以下の3つのタイミングまで待つ必要があります。

  1. DVD・Blu-rayの発売
  2. 動画配信開始
  3. 地上波での放送
再上映する場合もありますが、可能性としては高くありません。

DVD・Blu-rayの発売は公開から4~6ヶ月を目途に発売されることが多く、動画配信サービスでの配信も、同時に開始されることが一般的。

今作品の上映日は2022年5月6日ですので、9月~11月の間となる可能性が高いです。

また、地上波での放送は未確定要素が多いため、待つことはあまりオススメできません。
DVDや動画配信で観ることをオススメします。

特に動画配信サービスでは、無料トライアルの利用で無料で観られることもありますので、利用してみましょう。

「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」の作品情報

制作2020年 アイルランド・カナダ
上映時間101分
配給ビターズ・エンド
監督・脚本フィリップ・ファラルドー
製作リュック・デリー
キム・マクロー
原作ジョアンナ・ラコフ
キャスト・出演者(ジョアンナ)マーガレット・クアリー
(マーガレット)シガニー・ウィーバー
(ドン)ダグラス・ブース
(ジェニー)サーナ・カーズレイク
(ヒュー)ブライアン・F・オバーン
(ダニエル)コルム・フィオール
(ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム在住の青年)
セオドア・ペレリン
(マックス)ヤニック・トゥルースデール
(カール)ハムザ・ハック
(パム)レニ・パーカー
(就活エージェント)エレン・デビッド
(A評価が欲しい少女)ロマーヌ・ドゥニ
(J・D・サリンジャー)ティム・ポスト
(マーク)ギャビン・ドレア
(クリフォード・ブラッドベリ)マット・ホランド

あらすじ

90年代、ニューヨーク。作家を夢見るジョアンナは、老舗出版エージェンシーでJ.D.サリンジャー担当の女上司マーガレットの編集アシスタントとして働き始める。昼はニューヨークの中心地マンハッタンの豪華なオフィスに通い、夜はブルックリンにある流し台のないアパートで同じく作家志望の彼氏と暮らしている。

日々の仕事は、世界中から毎日大量に届くサリンジャーへの熱烈なファンレターを処理すること。小説の主人公に自分を重ねる10代の若者、戦争体験をサリンジャーに打ち明ける退役軍人、作家志望の娘を亡くした母親――心揺さぶられる手紙を読むにつれ、飾り気のない定型文を送り返すことに気が進まなくなり、ふとした思いつきで個人的に手紙を返し始める。そんなある日、ジョアンナが電話を受けた相手はあのサリンジャーで…。

引用元・「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」公式サイト

評価・口コミ・感想

Twitterでの反応は以下の通り。

まとめ

「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」の上映期間は、5月下旬~6月上旬までと予想させていただきました。

あくまで予想ですので、お近くの映画館の情報を確認し、なるべく早く鑑賞しましょう。

見逃してしまった場合には、

  1. DVD・Blu-rayの発売まで待つ(およそ4~6ヶ月後)
  2. 動画配信されるまで待つ(基本的に1と同じタイミング)
  3. 地上波で放送するまで待つ

この3つの選択肢を取ることができ、特に2番の選択肢がオススメです。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

洋画他
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました