おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

VPNとは?メリットやデメリットをわかりやすく解説

企業では以前から使われていたVPNですが、昨今リモートワークやフリーランスの普及で、個人単位で利用を始めるという人も増えてきました。

とは言っても、まだ詳しく知らないという人がほとんどだと思います。

今回は「VPN接続」について、仕組み・メリット・デメリットなどを紹介します。

スポンサーリンク

VPNとは

VPNとは「Virtual Private Network」の略式名称で「仮想専用回線」という意味です。

専用の回線を仮想的に構築する若しくは提供するサービス全般を指します。

冒頭に書いた通り企業では昔から使われていましたが、以前は企業ごと・拠点ごとに専用回線を敷設する必要があり、セキュリティは高まる半面、コストが高いことが大きなデメリットでした。

そこで登場したのがVPNサービス。

VPNの登場により全ての利用者は、通信事業者の提供する公衆回線上に仮想の専用線を構築してより簡単にそして低コストで利用できるようになりました。

例えば、フリーWi-Fiなどの公衆のインターネットを利用する場合、個人情報を盗み見されたりデータが改ざんされたりなどのセキュリティリスクがあります。

そこで、インターネット上に仮想的な専用線を設定するVPNを利用することで、フリーWiFiと比べてセキュリティリスクを減らすことが可能になります。

スポンサーリンク

VPNはなぜ安全?

VPNを導入すると、あなたの端末と通信先との通信が、VPNサーバーという場所を通るようになります。

VPNサーバーを経由することによって、通信が暗号化され中身が見えなくなり、セキュリティに強い通信になるということ。

もし通信が暗号化されていないと、フリーWi-Fiなどを介して他人にのぞき見された際、簡単になにをしていたか情報が筒抜けになってしまいますよね。

例えば銀行の口座にログインしていたら、ログイン情報がバレてしまったり、その他クレジットカードの番号なども盗まれる可能性があります。

それを防ぐために、VPNを介して通信を暗号化することで、安全な通信が可能になります。

VPNのメリット・デメリット

ざっくりとVPNが、どのような仕組みか理解していただけたと思います。

続いてはVPNの利用で生じるメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

VPNによって得られる代表的なメリットは、やはりセキュリティ面の向上。

具体的なメリットは、

  • 無料Wi-Fiなど無線ネットワークでの覗き見、改ざんリスクの低減
  • 物理的な距離に関係なく疑似的なLANを構築できる
  • アクセスが匿名化されるため第三者にIPアドレスを知られる心配がない
  • 専用線よりもはるかに低コストで専用線に近いセキュリティを実現できる

このようなメリットがあります。

デメリット

メリットもあれば、もちろんデメリットも存在します。具体的なデメリットは、

  • コストがかかる
  • 100%安全なわけではない
  • 通信が遅くなることがある

このようなデメリットがあります。

VPNはどんな人におすすめ?

ではいったいどのような人がVPNを利用すべきかというと、

  • 地域ごとに閲覧制限のある動画配信サービスを利用したい人
  • リモートワークをする人
  • フリーWi-Fiを利用する人

これらに当てはまる人は、導入を検討したほうがいいです。

特に、リモートワークやフリーWi-Fiは危険が多く、情報漏洩に関するリスクがとても大きいですので。

また、地域ごとに閲覧制限があり、海外では観られるのに日本では観られない動画を視聴したい人にもオススメです。

というのも、VPNサービスの一部は、接続している国を切り替える機能をもっているところがあり、他国に切り替えることで視聴を可能にするという使い方もできます。

まとめ

VPNはあまり個人には普及していないので、難しいイメージを持ってる人がほとんどです。

ですが、通信を暗号化することで、他人から中身がわからなくするというイメージさえ持っておけば、それだけで十分です。

特に、

  • 地域ごとに閲覧制限のある動画配信サービスを利用したい人
  • リモートワークをする人
  • フリーWi-Fiを利用する人

これらに当てはまる人は、導入を検討してみるといいでしょう。

登録はこちらからできます。

VPNを利用してみる(30日間の返金保証アリ)

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

動画配信
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました