おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

悪の法則/作品情報・あらすじ・感想、無料視聴についても

洋画他
スポンサーリンク

悪の法則の概要

制作2013年 アメリカ
上映時間118分
監督リドリー・スコット
製作リドリー・スコット
ニック・ウェクスラー
スティーブ・シュワルツ
ポーラ・メイ・シュワルツ
製作総指揮コーマック・マッカーシー
マーク・ハッファム
マイケル・シェイファー
マイケル・コスティガン
脚本コーマック・マッカーシー
撮影ダリウス・ウォルスキー
美術アーサー・マックス
衣装ジャンティ・イェーツ
編集ピエトロ・スカリア
音楽ダニエル・ペンバートン
映画『悪の法則』予告編
スポンサーリンク

悪の法則のキャスト情報

  • (カウンセラー):マイケル・ファスベンダー
  • (ローラ):ペネロペ・クルス
  • (マルキナ):キャメロン・ディアス
  • (ライナー):ハビエル・バルデム
  • (ウェストリー):ブラッド・ピット
  • ブルーノ・ガンツ
  • パリス・ジェファーソン
  • ロージー・ペレス
  • サム・スプルエル
  • トビー・ケベル
  • エドガー・ラミレス
  • ジャンニーナ・ファシオ
  • ナタリー・ドーマー
  • ゴラン・ビシュニック

悪の法則の無料視聴について

各動画配信サービスにおける配信情報は以下の通り。

配信情報は2021年7月現在のものです。
最新の配信情報につきましては、公式サイトの情報をご確認ください。

無料トライアル期間を設けているサイトについては、期間内であれば追加料金なしで視聴することができます。

TSUTAYA TVとmusic.jpは、無料トライアルに登録するとポイントがもらえるので、そのポイントを利用することで視聴できます。

こちらも併せてご覧ください。

動画配信サービス情報

悪の法則の見どころ

「プロメテウス」のマイケル・ファスベンダー、「ある愛へと続く旅」のペネロペ・クルス、「007 スカイフォール」のハビエル・バルデム、「ワールド・ウォーZ」のブラッド・ピットらが顔を揃えた犯罪サスペンス。

有能な弁護士が、出来心から危険な罠に飲み込まれてゆく姿を描く。

監督は「プロメテウス」のリドリー・スコット。

悪の法則のあらすじとネタバレ・結末

あらすじ

すべては、“カウンセラー”と呼ばれる若く有能な弁護士がほんの出来心で裏社会のビジネスに手を染めたことから始まった。

美しいフィアンセとの輝かしい未来を夢見た彼の欲望は、周囲のセレブリティたちを否応なく危険な事態に巻き込み、彼らの虚飾に満ちた日常を揺るがしていく。

しかし彼らは、まだ気づいていなかった。

この世の闇に渦巻く“悪の法則”に魅入られ、もはや逃れようのない戦慄の罠に絡め取られてしまったことに……。

ネタバレと結末

ここをクリックするとネタバレが表示されます

弁護士カウンセラーは、恋人ローラとの結婚を考えていました。

ローラへの結婚指輪を購入し、プロポーズへ向けた準備を進めていきます。

そんな中、長年の友人・ライナーはカウンセラーへと麻薬の密輸への出資の話を持ち掛ける。

ライナーは暗殺に使わる「ボリード」と呼ばれる装置に関する話をし、カウンセラーに麻薬密輸に関わるリスクを話しましたが、カウンセラーは軽い気持ちで聞き流してしまいます。

カウンセラーはローラへとプロポーズをし、2人は結婚することとなりました。

2人はライナーの元を訪れる。

ライナーはマルキナという女性と一緒に暮らしており、カウンセラーはライナーに出資に参加することを告げました。

ライナーはウェストリーという仲介人をカウンセラーに紹介し、カウンセラーはウェストリーから麻薬の密輸に関する説明を受ける。

説明と同時に、関わることへのリスクを忠告したウェストリーは、マルキナについても腹のうちが見えないことを警戒している様子でした。

場面は変わり、カウンセラーは担当している女性・ルーシーと面会する。

ルーシーは、スピード違反で捕まった息子の保釈金が必要だとカウンセラーへ訴えると、カウンセラーは立て替えること了承しました。

その頃、とある男が殺害されることとなります。

その男とは保釈されたルーシーの息子であり、実は彼は麻薬の運び屋をしていて、カウンセラーたちが出資していた麻薬の密輸の運び屋だったのです。

殺害された運び屋が運んでいた麻薬は見つかりませんでした。

ウェストリーから連絡を受けたカウンセラーは、運び屋が殺害されたことを聞かされる。

それと同時に、カウンセラーと運び屋の関係から、自分たちが麻薬組織から疑われていることも告げ、ウェストリーはイギリスへと逃げることにします。

翌日ライナーと話すこととなったカウンセラー。

2人はことの重大さを認識しますが、打開するための解決策が浮かびません。

その様子を盗聴していたマルキナ。

今回運び屋が殺されたのはマルキナの指示であり、計画はすべて彼女に筒抜けでした。

カウンセラーは恋人・ローラへ連絡し、遠く離れたホテルで落ち合うことを約束する。

一方のライナーは、組織の人間に追われて射殺される。

ローラとの約束の場所へとたどり着いたカウンセラーでしたが、そこにローラの姿はありません。

ローラは向かう途中に組織に連れ去られていたのでした。

カウンセラーは同業の弁護士へと協力を仰ぎますが希望は薄く、メキシコの有力者にも助けを求めましたが、受け入れることをさとされ絶望するカウンセラー。

その頃イギリスへと逃げたウェストリーは、ロンドンにいました。

ウェストリーはホテルでハニートラップに引っかかりますが、これはマルキナが仕掛けた罠で、パソコンのパスワードなどの情報が盗まれてしまいます。

情報を受け取ったマルキナは、人を雇ってウェストリーを暗殺の道具「ボリード」で殺害する。

一方カウンセラーは、安宿を利用し組織から逃げていましたが、そこへ郵便物が届く。

中にはDVDが入っており、映像を確認することはありませんでしたが、ローラが殺害された映像が収められていることを理解し泣き崩れました。

大金を手に入れたマルキナは、投資アドバイザーの男と会っていました。

手に入れた大金を、ダイヤに変えて香港に渡ることを計画している様子。

そしてマルキナは最後に、男に人間の本質について語るのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

洋画他
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました