2016年の邦画

ぼくは明日、昨日のきみとデートする/あらすじとネタバレと感想

ぼくは明日、昨日のきみとデートするの概要 制作:2016年 日本 監督:三木孝浩 出演:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、宮崎美子、他 ぼくは明日、昨日のきみとデートするの見どころ 七月隆文の小説を三木孝浩監督が映画化。 京都市を舞台に20歳同士の男女の30日間を描いた作品である。 主演は福士蒼汰、小松菜奈。 ぼくは明日、昨日のきみとデートするのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 美術大学に通う南山高寿は、乗った電車で産まれて初めてひとめぼれをしてしまいます。 駅で降りたら声をかけようと思っていると、その子は宝ヶ池駅で降りたので急いで降りました。 勇気を出してひとめぼれしたのでメアドを教えてくれというと、その子は携帯を持って居ないといいました。本当に持って居ないから座って話をしようと提案してくれました。 その子は同い年で福寿愛美と言いました。高寿は美大でカートゥーンを習っているといい、愛美は美容師の専門学校に行っているといいました。 ちょっと今日悲しいことがあったという愛美をさして気にせず、高寿はまた会えることを楽しみに別れます。 ...
2017年の邦画

三度目の殺人/あらすじとネタバレと感想

三度目の殺人の概要 制作:2017年 日本 監督:是枝裕和 出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功、他 三度目の殺人の見どころ 三度目の殺人は是枝裕和監督の脚本・監督映画。 福山雅治を使った法廷サスペンスである。 公開二日間で動員17万9,256人になり、映画観客動員初登場で二位となった。 三度目の殺人のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 三隅(役所広司)は食品工場を解雇された腹いせで社長を撲殺。 そして三隅は逮捕されました。三隅は実は30年前にも殺人事件を起こしており、30年刑務所にいた過去がある。 そのため、今回の殺人では死刑が言い渡されるだろうと予測されます。 重盛(福山雅治)は弁護士。三隅の言い分が二転三転とするので、重盛の知人が受けていたが重盛にチェンジしたのである。 そして偶然ではあるが、三隅の判決の時に判決を下したのが重盛の父(裁判長)であった。 重盛は父に話を聞くと、三隅は父に手紙を送っていました。 重盛が初めて三隅に会いに行くと、三隅はギャンブルする金が欲しかったとい...
2016年の邦画

海賊とよばれた男/あらすじとネタバレと感想

海賊とよばれた男の概要 制作:2016年 日本 監督:山崎貴 出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、綾瀬はるか、小林薫、光石研、堤真一、近藤正臣、國村隼、黒木華、須田邦裕、小林隆、他 海賊とよばれた男の見どころ 百田尚樹の小説を山崎貴監督が映画化。 主演は岡田准一。 出光興産の創業者である出光佐三を元に石油会社との闘いを軸にして書いた小説である。 海賊とよばれた男のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 1945年、日本には石油がなく空襲が来ても飛行機を飛ばせません。 終戦後も国岡館が残り、主である国岡鐵三は社業を再興させようといい、重役こそ反対するもののやってみてダメなら乞食でもすればいいさと言いました。 そして鐵三は自分でも動き出します。まず石油統制配給会社に行って油を回してもらうようにします。 石油統制配給会社の鳥川総裁は戦前の鐵三への恨みから断ってしまいました。 そんな鐵三は家で昔を思い出します。1922年の鐵三は「国岡商店」といっていち早く石油に目を付けて機械油を取り入れていました。当時の日本では石炭が主流だったの...
2017年の邦画

22年目の告白 -私が殺人犯です-/あらすじとネタバレと感想

22年目の告白 -私が殺人犯です-の概要 制作:2017年 日本 監督:入江悠 出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル、他 22年目の告白 -私が殺人犯です-の見どころ 韓国映画『殺人の告白』をリメイクしたサスペンス映画です。 監督は入江悠。主演は藤原竜也。 時効事件をめぐり、迷宮入り事件と思われた犯人が突然罪を告白しだし、突如人気となっていくが・・・。 22年目の告白 -私が殺人犯です-のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 1995年の日本。世間では凶悪事件がありました。 親しい人の前で残虐に殺し、死んでいく姿を記憶に植え付けていくというやり方で、犯人はその後22年間にわたって逃げていました。警察もかなり躍起になって犯人を捜していましたが、とうとう見つからずに時効を迎えてしまいました。 最後に警察はわざと事件の発表をずらして発表して犯人をおびき出そうとしますが、当時の警察官、牧村航はもみ合いの末銃撃戦になり、逃がしてしまいます。牧村は犯人に負傷させたことから犯人に恨みを買ってしまいま...
2017年の邦画

君の膵臓をたべたい/あらすじとネタバレと感想

君の膵臓をたべたいの概要 制作:2017年 日本 監督:月川翔 出演:浜辺美波、北村匠海(DISH//)、大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔、北川景子、小栗旬、他 君の膵臓をたべたいの見どころ 君の膵臓をたべたいは住野よるによるベストセラー小説である。 月川翔監督が映画化。主演は浜辺美波と北村匠海。 原作とは違い、12年後も描かれているのが特徴。 君の膵臓をたべたいのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 母校で国語の高校教師をしている「僕」(小栗旬)。職員室の引き出しにしまってある辞職届は、いつだそうかと思い悩んでいました。 ある日、図書館が老朽化のために取り壊されることになりました。僕は図書委員と共に本の整理をします。 そこで女の子の声を聴き、12年前の懐かしい思い出がよみがえりました。 ・・・高校時代の僕。通院している時にある本を拾います。クラスメイトの桜良のものでした。桜良は明るく人気者。しかし実は桜良は膵臓に病気を抱えており、生死にかかわる大病だったのです。僕が拾ったその本は、桜良の共病文庫という本音を綴った本でした。桜良は僕に、秘密を知...
2017年の邦画

銀魂/あらすじとネタバレと感想

銀魂の概要 制作:2017年 日本 監督:福田雄一 出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、他 銀魂のあらすじ 銀魂のみんなの感想 ネタバレなし 原作やアニメのファンが大満足する出来であること間違いなし。「勇者ヨシヒコシリーズ」の福田雄一氏が監督なだけあって、観客を楽しませるギャグや他作品(例えばガンダムやナウシカなど)のパロディーがふんだんに盛り込まれている。 実写映画は、ともすればコスプレ大会のようになってしまいがちだが、本作品は役者がキャラクターと上手く融合し、この映画の世界観とマッチしている。この「しっくりくる感」は原作ファンほど感じるのではないだろうか。 神楽役の橋本環奈さんが面白い言葉(※控えめな表現)で来島また子をからかうシーンは必見。可愛いすぎて、なんだか悪い事をさせているような気さえした。 CGはチープだと感じる部分もあるが、それはご愛嬌。むしろ、福田作品を知っている人なら「いつもより金がかかってるな」と思うかもしれない。 福田作品の常連、佐藤二朗やムロツヨシも良い味を出している。この...
2017年の邦画

昼顔/あらすじとネタバレと感想

昼顔の概要 制作:2017年 日本 監督:西谷弘 出演:上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、他 昼顔のみどころ 一世を風靡したドラマ昼顔が映画になって再登場。 ドラマ版の三年後を描いた作品で、タイトルの語源となっている「昼顔」はノンストップという番組で、平日昼顔妻という、主婦の不倫の多さから作った造語である。 カトリーヌ・ドヌーヴ主演映画、昼顔という映画では真面目な妻が、平日の昼間に売春する様子から、旦那が居ない平日の昼間に不倫する主婦たちのことを指す言葉である。 通常であれば、主婦の不倫というのは叩かれるのがセオリーだが、昼顔は予想外にも主婦に人気になった。その背景には主婦世代に人気な斎藤工を起用し、きれいな不倫を見せたことかも知れない。 昼顔のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 北野(斎藤工)との不倫で友達も仕事も失ってしまった紗和(上戸彩)。 知人が居ない街でひっそりと暮らしています。生活費を稼ぐため、カフェで働き帰宅し新聞を見ると蛍に関する講演会があることが載っており、そこに北野の名前がありました。 行ってはいけない、もう会ってはいけないと思うの...
2017年の邦画

帝一の國/あらすじとネタバレと感想

帝一の國の概要 制作:2017年 日本 監督:永井聡 出演:菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、永野芽郁、吉田鋼太郎、他 帝一の國の見どころ 帝一の國は古屋兎丸の人気漫画を永井聡監督が映画化。 「総理大臣になり自分の国を作る」と考えている主人公が全国トップの頭脳を持つ800人の学生が通う、日本一の超名門海帝高校の生徒会長になると将来の内閣入りが確約されている。といわれて目指す少年の物語である。 主演は菅田将暉。 帝一の國のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 赤場帝一(菅田将暉)は海帝高校の一年生です。 新入生歓迎会の生徒会長に感激して以来、自分もまた生徒会に入りたいと願っていました。 海帝高校は将来の官僚や政財界の一流を育てる学校です。帝一の父もまた同じ学校でしたが、高校の時に生徒会長戦で負けてしまい、いまだに当時の生徒会長の後を追っている状態でした。父もまた、息子を使ってかつての恨みを晴らそうと息子に徹底的にエリート教育をしてきたのでした。 生徒会長になるにはまずクラス委員にならなくてはいけません。そこから評議会のメンバーにならな...
国内アニメ

ホーホケキョ となりの山田くん/あらすじとネタバレと感想

ホーホケキョ となりの山田くんの概要 制作:1999年 日本 監督:高畑勲 出演(声):朝丘雪路、益岡徹、他 ホーホケキョ となりの山田くんのあらすじ
国内アニメ

もののけ姫/あらすじとネタバレと感想

もののけ姫の概要 制作:1997年 日本 監督:宮崎駿 出演(声):松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林薫、西村雅彦、美輪明宏、森光子、他 もののけ姫の見どころ 宮崎速雄監督が構想16年、制作に3年をかけた超大作であり、興行収入193億円を記録し当時の日本映画の興行記録を塗り替えた記録があります。 キャッチコピーは「生きろ。」 人間と神々との対立を描いたストーリーである。 もののけ姫のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 室町時代の日本。エミシの村に住む少年アシタカは西からやって来たタタリ神という大イノシシを倒します。 代わりにアシタカは右手にタタリをもらってしまうのでした。タタリ神の体からは鉛の塊が出てきました。何者かに鉄のつぶてを撃ち込まれ人間を恨んでタタリ神の黒い瘴気に包まれていたのでした。 西で何か起こっていると思ったアシタカは西に旅に出ました。 旅に出たアシタカは侍に襲われる村を助けますが、右手の呪いが暴走し侍を殺してしまいます。と、同時に呪いで強力な力を得る代わりに、自分にアザが広がっているのを見つけます。その後甲六を助け、タタラ場まで送りま...
国内アニメ

耳をすませば/あらすじとネタバレと感想

耳をすませばの概要 制作:1995年 日本 監督:近藤喜文 出演(声):本名陽子、高橋一生、露口茂、他 耳をすませばの見どころ 柊あおいの漫画を近藤喜文監督が映画化。 脚色・絵コンテ・製作プロデューサーを宮崎駿が受け持つ。 読書好きな中学生が地球屋という不思議な店で少年と出会い、夢を追いかけるストーリー。 キャッチコピーは「好きなひとが、できました」。 耳をすませばのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 中学3年生の月島雫は読書好きな女の子です。 図書館や学校の図書室でよく本を借りて読むのですが、読書カードにはいつも天沢聖司という人が先に借りていることに気が付きます。 ある日、本を忘れて帰ったことに気が付いてベンチに行ってみると少年が居ました。 少年は雫に嫌味を言って本を返しました。 ある日、図書館で働く父に弁当を持って行こうと電車に乗ると猫が乗っていました。猫を追いかけていくと地球屋という本屋に入り、地球屋には雫の興味があるものが沢山ありました。しかし父の弁当を思いだして図書館へ行きます。夏休みが終わっても天沢聖司への興味は募るばかりでした。 ...
国内アニメ

平成狸合戦ぽんぽこ/あらすじとネタバレと感想

平成狸合戦ぽんぽこの概要 制作:1994年 日本 監督:高畑勲 出演(声):野々村真、石田ゆり子、清川虹子、泉谷しげる、他 平成狸合戦ぽんぽこの見どころ ジブリ初のCGを使った映画。高畑勲監督が映画化。 開発が進む多摩ニュータウンの周りの狸が、化け学を駆使し開発を阻止しようとする物語である。 キャッチコピーは「タヌキだってがんばってるんだよォ」 平成狸合戦ぽんぽこのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 昭和40年代の日本。 多摩の山の中で暮らしている狸たちは最近エサが少なくなってきたことに気が付きました。 高度経済期の東京では次々に森林が倒されて、住宅街になっていっています。人間による都市開発で、狸たちの居場所とエサが少なくなってきていたのでした。 そこで狸たちは、長い間使っていなかった化け学を学び、人間たちに対抗しようとします。 はじめこそ、死亡事故を起こしたりと危険なものでしたが、次第に狸たちは人間をだます超常現象までも引き起こします。この戦いで狸たちは自分たちだけではなく四国と佐渡の長老狸へも応援を要請しに、狸を派遣しますが全く戻ってくる気配はありま...
国内アニメ

紅の豚/あらすじとネタバレと感想

紅の豚の概要 制作:1992年 日本 監督:宮崎駿 出演(声):森山周一郎、加藤登紀子、岡村明美、桂三枝、上條恒彦、大塚明夫、他 紅の豚の見どころ 宮崎駿監督作品。前作の『魔女の宅急便』に続いて劇場用アニメ映画の興行成績日本記録を更新した。 魔法でブタの姿になった退役軍人操縦士が賞金稼ぎのために空中戦を繰り広げつつ、愛をはぐくむストーリー。 見た目はブタの姿だが、中身は非常に男くさいブタが必見である。 紅の豚のあらすじとネタバレと結末 あらすじ 1920年代では世界は恐慌真っ只中。 そんな中、イタリアのアドリア海では豚の姿をしたポルコ・ロッソが今日も飛行機に乗っていました。 ポルコは第一次世界大戦の時にエースパイロットとして活躍していましたが、軍隊と人間が心底嫌になり自分に魔法をかけてブタの姿になったのでした。 今は空中海賊を退治し、賞金をもらいながら生活をしています。海賊たちはポルコを邪魔に思い、カーチスを雇いポルコを退治しようとします。ポルコは撃墜され、もともとエンジンの不調もあったためアドリア海を離れ、ミラノに行きました。いつも修理してもらっ...
国内アニメ

猫の恩返し/あらすじとネタバレと感想

猫の恩返しの概要 制作:2002年 日本 監督:森田宏幸 出演(声):池脇千鶴、袴田吉彦、渡辺哲、斉藤洋介、山田孝之、前田亜季、濱田マリ、丹波哲郎、他 猫の恩返しの見どころ 宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とし、宮崎駿監督が映画化。 『耳をすませば』の主人公である月島雫が書いた物語が「猫の恩返し」という設定になっている。 キャッチコピーは「猫になっても、いいんじゃないッ?」 猫の恩返しのあらすじとネタバレと結末 あらすじ ハルは17歳の高校生です。ある日ハルは猫が車にひかれそうになったのを助けます。 すると猫は立ち上がって日本語でお礼を言って去っていくのでした。 その夜ハルが寝ていると、外がなんだか騒がしく外を見てみると猫の行列ができていました。玄関に行って出てみると、猫の国の王様と家来ナルトたち。そして昼間にハルが助けた猫は王様の息子ルーンだというのでした。 そしてナルトは国を挙げての恩返しプロジェクトを開始するとハルに告げて帰って行きました。 翌日の朝、夢だったのかしら?と思うハルでしたがすでにプ...
国内アニメ

ゲド戦記/あらすじとネタバレと感想

ゲド戦記の概要 制作:2006年 日本 監督:宮崎吾朗 出演(声):岡田准一(V6)、菅原文太、手嶌葵、田中裕子、他 ゲド戦記のあらすじ ゲド戦記のみんなの感想 ネタバレなし この「ゲド戦記」は「風の谷のナウシカ」を思い出させる世界観で、ユパとハイタカなど重なるような登場人物も出演し、背景などの絵も壮大スケールで描かれていて、非常に綺麗でした。時折ジブリらしからぬ狂気に満ちたような表情を主人公がしますが、ファンタジー性のある作品でした。 劇中にヒロインのテルーが歌う「テルーの唄」が、透明感あふれる素晴らしい声で癒されます。高揚感のあるシーンがもっとあれば良かったかなと思います。(30代男性) ネタバレあり
国内アニメ

かぐや姫の物語/あらすじとネタバレと感想

かぐや姫の物語の概要 制作:2013年 日本 監督:高畑勲 出演(声):朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、他 かぐや姫の物語のあらすじ かぐや姫の物語のみんなの感想 ネタバレなし この作品はとにかく従来ジブリ作品とは絵のタッチが違います。過去作のファンであれば、最初は敬遠しがちかもしれません。しかし見てみるとシナリオも面白く、アニメーション表現としてもしっかりしたものが見られます。 かぐや姫という、子供なら誰でもどこかで聞いたであろうポピュラーな物語を題材にしていて、子供はもちろん大人でも話しにはいっていける作品だと思います。我が家は親子そろって楽しく拝見しました。(20代男性) ネタバレあり
国内アニメ

ハウルの動く城/あらすじとネタバレと感想

ハウルの動く城の概要 制作:2004年 日本 監督:宮崎駿 出演(声):倍賞千恵子、木村拓哉、神木隆之介、美輪明宏、我修院達也、大泉洋、大塚明夫、原田大二郎、加藤治子、他 ハウルの動く城の見どころ 監督は宮崎駿。 魔法で老女にされてしまった少女が呪いを解いてもらうために魔法使いハウルに会いに行くというストーリー。 キャッチコピーは「ふたりが暮らした。」「この城が動く。」「生きる楽しさ。」「愛する歓び。」「ヒロインは、90歳の少女。」「恋人は、弱虫の魔法使い。」 ハウルの動く城のあらすじとネタバレと結末 あらすじ ソフィーは帽子屋で働いていました。生真面目なソフィーは父の残した帽子屋を継がなければいけないと思っています。ソフィーの母と妹は器量が良く、自分は器量が良くないと思っているのでソフィーはひたすら地味に生活しなければと思い込んでいました。 ある日、ソフィーは美青年のハウルに助けられて出会います。ハウルは美女の心臓を取って食べると噂されている魔法使いでした。しかしハウルは魔法を使って、ソフィーと空中散歩して助けます。それを見ていたハウルの命を狙う魔女がソ...
国内アニメ

借りぐらしのアリエッティ/あらすじとネタバレと感想

借りぐらしのアリエッティの概要 制作:2010年 日本 監督:米林宏昌 出演(声):志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林、他 借りぐらしのアリエッティのあらすじ 借りぐらしのアリエッティのみんなの感想 ネタバレなし 女優の志田未来さんが可愛らしく癒される声で主人公の声を担当して流石の演技力を見せていて、最近のジブリ作品の中では一番引き込まれる面白い作品だと思います。 ジブリ作品の常連みたいな神木隆之介さんも活躍していて素晴らしい演技力を見せています。 小人である主人公が虫や動物と戦ったりとファンタジー性のあふれるストーリーで、ハラハラドキドキするようなシーンもたくさんあり、とても面白いです。(30代男性) ネタバレあり もし自分の家にアリエッティ家族が住んでいたとしても、気づかないだろうなあなんて想像しながらみるととても面白い作品でした。角砂糖一つにしても、なくなっても絶対気づかないだろうけど、アリエッティたちにとっては借りに出るのは命がけ。だからといって、プレゼントされても警戒しているうちは受け取らない。ショウが暮らしを豊...
国内アニメ

風立ちぬ/あらすじとネタバレと感想

風立ちぬの概要 制作:2013年 日本 監督:宮崎駿 出演(声):庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎、他 風立ちぬのあらすじ 風立ちぬのみんなの感想 ネタバレなし ゼロ戦の設計者であった堀越二郎さんの半生をモデルにした映画で心を打たれるような感覚になりました。飛行機に憧れた青年がゼロ戦を設計するまでになりますが、妻を結核で無くしたり作ったゼロ戦が戦争で一機も戻って来ないなどつらい事もたくさんあり当時の戦争の辛さについても考えさせられる内容でした。純粋に飛行機が大好きで素晴らしい飛行機の設計者でありその方の人生が描かれておりとても感動しました。(30代男性) ネタバレあり 万人受けする作品ではないことはわかりますが、わたしは主人公の夢を追いかける姿勢がとても好きです。特にイタリアの伯爵、カプローニが主人公の夢の中に出てくるところがお気に入りで、「近眼でも飛行機の設計はできますか?」と問いかける主人公に、「パイロットに向いてる人間は他にたくさんいる。私は飛行機をつくる人間だ。設計...
国内アニメ

千と千尋の神隠し/あらすじとネタバレと感想

千と千尋の神隠しの概要 制作:2001年 日本 監督:宮崎駿 出演(声):柊瑠美、入野自由、夏木マリ、中村彰男、玉井夕海、内藤剛志、沢口靖子、神木隆之介、我修院達也、大泉洋、小野武彦、上條恒彦、菅原文太、他 千と千尋の神隠しの見どころ 誰でも名前は知っている、宮崎駿監督の千と千尋の神隠し。 日本歴代興行収入第1位。 初めての地上波では46.9%と、2003年の年間視聴率1位を記録した(日本テレビの年間視聴率1位は史上初)作品である。 甘えん坊で一人っ子の少女が奇妙な経験を通じて成長していく物語である。 千と千尋の神隠しのあらすじとネタバレと結末 あらすじ 10歳の少女千尋は典型的な現代っ子。受け身ばかりで何もしようとはしませんでした。 ある日、千尋は引っ越しが決まり転校してしまいます。新居に行く車の中では文句ばかり。引っ越し先に父の車で向かう途中、道に迷い、トンネルを出るとこれまでとは打って変わったパラレルワールドがありました。 おなかの空いていた両親は温泉街のような屋台の群れを見つけ、誰もいないのをいいことに勝手に食べ始めてしまいます。千尋だけは食べず...
タイトルとURLをコピーしました