2013年の洋画

2013年の洋画

リンカーンのあらすじとみんなの感想

リンカーンの概要 制作:2013年 アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーン、他 リンカーンのあらすじ
2013年の洋画

スター・トレック イントゥ・ダークネスのあらすじとみんなの感想

スター・トレック イントゥ・ダークネスの概要 制作:2013年 アメリカ 監督:J・J・エイブラムス 出演:カリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、他 スター・トレック イントゥ・ダークネスのあらすじ
2013年の洋画

アウトローのあらすじとみんなの感想

アウトローの概要 制作:2013年 アメリカ 監督:クリストファー・マッカリー 出演:トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・オイェロウォ、他 アウトローのあらすじ
2013年の洋画

華麗なるギャツビーのあらすじとみんなの感想

華麗なるギャツビーの概要 制作:2013年 アメリカ・オーストラリア 監督:バズ・ラーマン 出演:レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、他 華麗なるギャツビーのあらすじ
2013年の洋画

終戦のエンペラーのあらすじとみんなの感想

終戦のエンペラーの概要 制作:2013年 アメリカ 監督:ピーター・ウェーバー 出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、他 終戦のエンペラーのあらすじ
2013年の洋画

オブリビオンのあらすじとみんなの感想

オブリビオンの概要 制作:2013年 アメリカ 監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズブロー、他 オブリビオンのあらすじ
2013年の洋画

パシフィック・リムのあらすじとみんなの感想

パシフィック・リムの概要 制作:2013年 アメリカ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、他 パシフィック・リムのあらすじ
2013年の洋画

オズ はじまりの戦いのあらすじとみんなの感想

オズ はじまりの戦いの概要 制作:2013年 アメリカ 監督:サム・ライミ 出演:ジェームズ・フランコ、ミラ・クニス、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズ、他 オズ はじまりの戦いのあらすじ
2013年の洋画

ワールド・ウォーZのあらすじとみんなの感想

ワールド・ウォーZの概要 制作:2013年 アメリカ・イギリス 監督:ジャスティン・リン 出演:ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ジェームズ・バッジ・デール、ダニエラ・ケルテス、他 ワールド・ウォーZのあらすじ
2013年の洋画

ダイ・ハード/ラスト・デイのあらすじとみんなの感想

ダイ・ハード/ラスト・デイの概要 制作:2013年 アメリカ・ハンガリー 監督:ジョン・ムーア 出演:ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコヴィッチ、他 ダイ・ハード/ラスト・デイのあらすじ
2013年の洋画

ローン・レンジャーのあらすじとみんなの感想

ローン・レンジャーの概要 制作:2013年 アメリカ 監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演:ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー、他 ローン・レンジャーのあらすじ
2013年の洋画

怪盗グルーのミニオン危機一発のあらすじとみんなの感想

怪盗グルーのミニオン危機一発の概要 制作:2013年 アメリカ 監督:ピエール・コフィン、クリス・ルノー 出演(声):スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、ベンジャミン・ブラット、ミランダ・コスグローヴ、他 怪盗グルーのミニオン危機一発のあらすじ
2013年の洋画

アイアンマン3のあらすじとみんなの感想

アイアンマン3の概要 制作:2013年 アメリカ 監督:シェーン・ブラック 出演:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、ドン・チードル、他 アイアンマン3のあらすじ
2013年の洋画

ゼロ・グラビティ/あらすじとネタバレと感想

ゼロ・グラビティの概要 制作:2013年 アメリカ・イギリス 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、他 ゼロ・グラビティのあらすじ ゼロ・グラビティのみんなの感想 ネタバレなし ネタバレあり 上映が始まってからすぐに観に行くほど楽しみにしていました。3Dで見る宇宙空間は本当にリアルで、浮遊している飛行士や宇宙ステーション、デブリなどの様子から自分もその無重力空間にいるのではないかと錯覚するほど楽しめました。閉鎖空間の特性からか登場人物がとても少ないので、名前を覚えるのが苦手な私でもすぐ物語に入り込めました。宇宙でのトラブルで帰還できるかできないか、命のやり取りが始まります。宇宙での人間の無力さが伝わってきました。数人いた飛行士も最終的に地球に帰ってこられたのはたった1人で、自分を庇い宇宙の闇にのまれていった同僚の事を想うとつらいだろうな、と切なくなりました。最後の海から浜に上がってくる、足だけが映されたシーンが忘れられません。(30代女性)
タイトルとURLをコピーしました