1978年の邦画

1978年の邦画

鬼畜/あらすじとネタバレと感想

鬼畜の概要 制作:1978年 日本 監督:野村芳太郎 出演:岩下志麻、緒形拳、他 鬼畜の見どころ 松本清張の小説を原作として映画化。 キャッチコピーは「弟はきっと星になったんだ」「妹はきっとお金持ちにひろわれたんだ」「父ちゃんはきっとぼくを殺せないよ」 なし崩し的に生きてきた男が外で隠し子を三人作り、本業の工場が傾いて愛人に金を払えなくなったころ、本妻には子供が居なかったことから愛人に隠し子を押し付けられるが、本妻も子供ができてしまい次々に子供を殺していくというストーリー。ビートたけしでリバイバルされるなど現在も残る名作である。 鬼畜のあらすじとネタバレと結末 あらすじ ある日の夜、子供を三人連れて女の人がとある印刷工場にやって来ます。女は菊代と言い、印刷工場を営んでいる男竹下宗吉の愛人でした。宗吉が生活費を渡さないようになってしまい生活に困ってやってきたと言います。しかし妻のお梅は愛人の事も隠し子の事も知りませんでした。当然お梅は激怒し、何も言わない宗吉を挟んでケンカします。お梅に子供はいませんでした。そして菊代ははっきりしない宗吉に愛想をつかしてその夜、...
タイトルとURLをコピーしました