ホタル/あらすじとネタバレと感想

ホタル 2001年の邦画

ホタルの概要

制作:2001年 日本
監督:降旗康男
出演:高倉健、田中裕子、水橋貴己、奈良岡朋子、小林稔侍、他

ホタルの見どころ

東映創立50周年記念作品。監督は降旗康男。主演は高倉健。
元特攻隊の生き残りの男が病気を抱えた妻と、ある場所へ旅に出かけていく物語である。

ホタルのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

丁度平成に変わるバブル時代。
鹿児島県知覧町では山岡(高倉健)が漁船「とも丸」に載って養殖の魚にエサをやっていました。
山岡は元特攻隊員の生き残りでした。
船には妻の知子も乗っていて、夫の仕事を見守っていました。二人の間には子供がいなく、とも丸こそがわが子のようなものでした。知子は病に侵されており、人工透析をしています。知子の病気をきっかけに山岡は漁から養殖業に鞍替えしたのでした。
山岡は特攻隊時代の友人のハーモニカを大事にしています。
平成が始まった頃、山岡は特攻隊の生き残りだった藤枝が自殺したことを知ります。藤枝は毎年、故郷青森のリンゴを山岡に送ってくれてきていただけに山岡はショックを受けます。

その後、山岡の元に藤枝の孫である真実が遺品のノートを持ってやってきました。ノートには、リンゴを送って山岡からお礼が届くたびに自分が生きろと言われているようであったと書かれており、昭和が終ったことで自分も消えようと思った事が書かれていました。
さらに数日後、山岡は元特攻隊員から特攻隊の母と慕われていた富屋食堂の山本富子が預かっていたキム・ソンジェの遺品を韓国に届けて欲しいと言われます。
知子の余命は後1年半。山岡は一緒に韓国に届けに行くことにしました。
実は知子はキム・ソンジェと婚約していたのです。そして山岡もキム・ソンジェの遺書を持っていたのでした。
知子と二人で韓国に渡り、キム・ソンジェの実家を探し当てました。
そして遺品を渡すと、なぜ山岡が生き残ってキム・ソンジェが死んだのだと責め立てられました。
しかし山岡は、キム・ソンジェの遺書を伝えます。キム・ソンジェは遺書に本当の事を書くと検問で捨てられるので山岡に口頭で遺書を残していたのでした。

ネタバレと結末

その内容は大日本帝国のためではなく、知子や実家の家族、そして朝鮮民族の誇りのために闘うというものであり、日本のために死にに行くのではないという事でした。
遺族も山岡を責めなくなり、どこからか朝鮮民謡「アリラン」が流れてきます。
そして山岡は今までキム・ソンジェの遺書を言わなかったことを知子に詫びました。
知子は山岡に感謝を伝え、寄り添います。
その夜二人はホタルを見ました。
それから月日は流れ、21世紀の今、役目を終えたとも丸が海辺で燃えていくのを、年を取った山岡が見守るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました