突入せよ! あさま山荘事件/あらすじとネタバレと感想

突入せよ! あさま山荘事件 2002年の邦画

突入せよ! あさま山荘事件の概要

制作:2002年 日本
監督:原田眞人
出演:役所広司、宇崎竜童、伊武雅刀、串田和美、山路和弘、他

突入せよ! あさま山荘事件の見どころ

連合赤軍・あさま山荘事件を元に原田眞人監督が映画化。
主演は役所広司。
1972年2月、学生運動が暴走し立てこもる事件『あさま山荘事件』を題材にし、その時の警察と学生の戦いを描いた物語である。

突入せよ! あさま山荘事件のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

学生運動が盛んな1972年2月19日のこと、軽井沢のあさま山荘に管理人の妻、小雀真理子さんを人質に連合赤軍の5人が立てこもるという事件がありました。
長野県警だけでは解決できないと思った後藤田正晴警視庁長官は佐々淳行を現場の指揮に指名します。
後藤田正晴警視庁長官からは人質は生きたまま救出、犯人は全員生け捕りなどの6つの条件が出されます。
現場に佐々が駆けつけると、さっそく警視庁と長野県警との間で対立しています。
長野県警は長野県警だけでも解決できるというプライドがあり、対策本部内での席順などからして怒りをあらわにしていました。
佐々が指揮を取ろうとするも、邪魔されるので長野県警を立て、長野県警を主体にして事件解決に進めていくことにしました。
あさま山荘の管理人が妻に差し入れしたいといい入って行っても何も無かったのに対し、民間人が人質と変わりたいと入って行くと発砲されます。民間人は無事だったものの、ニュースでは民間人も警察も殺されたと報道されてしまいます。
佐々は相変わらず長野県警主体にしていたし、指示も出していないのに佐々のせいにされてしまうのでした・・・。
佐々は怒って主体を警視庁にします。長野県警が不服なのもわかるが、今は仲間割れをしている場合ではありませんでした。そうして立てこもりは続き、警視庁も警察も疲れが見え始めます。
事件発生から10日経った2月28日のこと、強行突破を決め、クレーンに球状の鉄を吊り下げてあさま山荘を破壊して立てこもりを突破することにします。

ネタバレと結末

クレーンがあさま山荘の一部を破壊した所で、破壊された隙間から機動隊第9隊が一気にあさま山荘に侵入していくのでした。
しかしクレーンで破壊すると砂煙で前が見えなくなるため、放水を指揮していた高見警部が犯人の学生に撃たれてしまいました。
警官達が急いで救助し、救急車で運ばれて行きました。突入部隊は高見警部を失った事で混乱してしまい後から入った内田第二機動隊長が撃たれて死んでしまいます。混乱するあさま山荘に佐々自身も飛び込んでいきます。そしてあさま山荘は崩れていき、犯人たちが捕まります。人質の管理人の妻も無事に救出されました。
事件が終ったあと佐々は妻に警察を辞めるといいますが、そうは許してもらえず警察を続けることになるのでした。

突入せよ! あさま山荘事件のみんなの感想

ネタバレなし

歴史を感じさせる映画でした。昨今の若い人はよくわからないかもしれませんが、50代や60代の世代ではこんな事もあったなと感じさせる映画でした。今ではここまで大々的な犯罪は少ないですが、時代背景や日本でもこんな犯罪が実際にあったという事を忘れてはいけないと考えさせられる映画です。日本で発生した犯罪で、歴史上本当に日本でもこんなに大きな犯罪があったことがよくあらわされた映画でした。(50代男性)
突入せよ!「あさま山荘」事件は、その事件のことを知っているのでどんな感じで映画にしたのかと思い、とても興味深く見ることができました。その犯人の方に、視点が行きがちですが今回は警察の方に視点を置いた内容だったので、とてもよかったです。内容としては、ドキドキする場面もあったし、自分だったらどうするかなど判断力を考えたりしていろいろな見方で見ることができたと思っています。(50代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました