たそがれ清兵衛/あらすじとネタバレと感想

たそがれ清兵衛 2002年の邦画

たそがれ清兵衛の概要

制作:2002年 日本
監督:山田洋次
出演:真田広之、宮沢りえ、小林稔侍、大杉漣、吹越満、他

たそがれ清兵衛の見どころ

藤沢周平の小説を山田洋次監督が映画化。
主演は真田広之、宮沢りえ。
東北地方の小さな藩に生きる武士の物語である。

たそがれ清兵衛のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

幕末時代のこと。東北地方の小さな海坂藩に井口清兵衛(真田広之)がいました。
黄昏時になると家にまっすぐ帰る事から「たそがれ清兵衛」と呼ばれています。なぜ清兵衛がまっすぐ家に帰るかと言えば、年老いた母親と子供二人の世話と家事、それに内職をしなければならないからです。
清兵衛の妻は病に倒れ、亡くなりました。その時の借金を返すのと、幼い子供と母親の世話をしないといけないのでした。それでも清兵衛は再婚しようとしませんでした。
ある日清兵衛は朋江と再会します。幼いころとは打って変わって美しくなった朋江は嫁に行った先で酒乱の夫にDVに会い、離婚して帰ってきていたのでした。
清兵衛の家事を手伝ってくれる朋江でしたが、ある日清兵衛が送っていくとDVの元夫が酔っぱらって朋江に会いに来ていました。そして朋江に暴力をふるいます。清兵衛が止めに入ると元夫は決闘を申し込んでくるのでした。
しかし清兵衛は小さな藩の中とはいえ、一流の剣の腕を持っていました。なので清兵衛は勝ちます。そして朋江はまた毎日のように清兵衛の家で家事をし、二人はやがて思い合うようになります。ある日、清兵衛は朋江の兄に朋江と再婚してはどうかと言われますが、清兵衛は断ります。貧乏をさせたくなかったからでした。それ以来家に来なくなりました。
同じころ海坂藩の藩主が亡くなり、後継者争いが始まります。

そして清兵衛は余吾善右衛門を斬るように言われます。清兵衛は断りますが藩が許さないので余吾善右衛門を斬りに行くことにしました。

ネタバレと結末

朋江に身支度を頼むとすぐ来てくれて、今までの思いを告げます。そしてこの戦いに勝ったら嫁に来てくれないかとプロポーズするのでした。
しかし朋江は戸惑い、すでに縁談が決まっていると言ってしまいます。困惑する清兵衛でしたが、そのまま戦いに挑みます。
清兵衛は屋敷に行くとすでに余五善右衛門は酔っぱらっていました。話をしていましたが、やはり戦いになり清兵衛は余五善右衛門に勝ちます。
そうして家に帰ると、朋江と家族が待っていました。朋江がいてくれたことに安堵し、清兵衛は泣いてしまいます。その姿を見た朋江もまたほろりとしてしまうのでした。
・・・朋江は清兵衛と結婚し、本当の家族となりますが三年後に戊辰戦争で清兵衛は死んでしまいます。
長い時間が経ち、娘たちが老女になり清兵衛たちの墓参りをします。二人の娘は清兵衛を誇らしく思っているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました