リターナー/あらすじとネタバレと感想

リターナー 2002年の邦画

リターナーの概要

制作:2002年 日本
監督:山崎貴
出演:金城武、鈴木杏、樹木希林、岸谷五朗、岡元夕紀子、他

リターナーの見どころ

VFXを多用したSFアクション映画リターナーを山崎貴監督が映画化。
裏稼業のリターナーと未来からやってきた少女が戦うSFアクションである。
主演は金城武。

リターナーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

近未来の2084年では宇宙人ダグラによって地球は戦略されていました。
人類の進化よりも何倍ものスピードで進化しているダグラは、とうてい人間ではかないませんでした。
人類とダグラが戦いだしたのは2002年10月22日です。そこにタイムマシンを使って行って、はじめのダグラを退治することになりました。しかしそこにもダグラは侵入してきました。戦っているうちに少女のミリがタイムマシンに乗り、2002年にワープしてしまいます。
・・・2002年の日本では中国系の大陸マフィアが幅を利かせていました。
その中でミヤモトは泳ぐように闇取引を邪魔して裏金を取るリターナーという仕事をしていました。
その日も臓器売買の闇取引をひとつ邪魔した所でした。ミヤモトはお金が欲しいというよりは、闇取引事態を廃止させたかったのです。そこでもボスに取引するのをやめろと言います。
港の船にミヤモトの因縁の相手である溝口がいました。しかし溝口はミヤモトの事を覚えていませんでした。拳銃を突きつけ合った時、音がしてとっさにミヤモトはそちらに発砲し、溝口はその間に逃げてしまいました。
ミヤモトが撃ってしまったミリと闇取引のお金を持ってミヤモトはアジトに帰ります。
ミリは胴体に鉄板を入れていて無事でした。ミリは目覚めてすぐにミヤモトに助けてくれと迫りました。
その頃のミヤモトはダグラの事も知らなかったので、ちんぷんかんぷんで断りました。しかしミリは動いてくれないミヤモトの首に小型爆弾のシールを仕込んだと言って脅迫して動かせます。
しょうがなしにミヤモトはミリを連れて自分の育て親でもある情報屋兼武器商人を訪ねます。
しかしすでに時は遅く、向かった山からは宇宙船が付いていて、山からは火が出ていました。ミリは落ち込み、ミヤモトは話を聞きます。

ネタバレと結末

ダグラの事を聞いたミヤモトはダグラを捕まえに行きますが、そこにすでに溝口がいて宇宙人を連れ去ってしまいます。溝口は昔、ミヤモトの友人を臓器売買に使って殺していたのでした。ミヤモトは溝口に復讐するために裏家業に入ったのでした。溝口の所にダグラを帰してもらいにミヤモトとミリが向かいました。溝口を倒し、無事にダグラを保護して宇宙に返すと、ミリの体も透明になっていきお礼を言って未来に帰りました。
ミヤモトも復讐が終り、仕事を辞める決意をします。そして仕事道具を帰したミヤモトは溝口の手下に撃たれてしまいます。しかし胴体に鉄板が仕込まれており、借りは返すというミリのメッセージがありました。
ミリはこっそり未来から帰ってきて鉄板を仕込んでいたのでした。すべての仕事を終えたミリは未来に帰っていくのでした。

リターナーのみんなの感想

ネタバレなし

日本映画では珍しいVFXとミニチュアを効果的にミックスした意欲的な作品。演出やアクションもハリウッド映画と遜色なくテンポもよくてとても気持ちよく、色調もセットもほどよく暗くチカチカ見づらいような事もない。鈴木杏さん演じる未来から来た少女ミリって、これ途中からストーリーと全く関係なくなってないか?と、溝口訳の岸谷五朗さんの演技の違和感にさえ目を瞑れば
しっかりとしたアクション映画を見たという満足感はかなり大きい。
当時、邦画もこういう路線が続いていくと期待したがその後さして続くことも無く、今にしてみればマトリックスから強く影響を受けた亜種の一つとして納まってしまったような気がしてならないが、派手で格好良く、特殊効果も豪華な映画が好きなら見て損は無い。(40代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました