ピンポン/あらすじとネタバレと感想

ピンポン 2002年の邦画

ピンポンの概要

制作:2002年 日本
監督:曽利文彦
出演:窪塚洋介、ARATA、サム・リー、中村獅童、大倉孝二、他

ピンポンの見どころ

松本大洋の漫画を曽利文彦監督が映画化。
卓球に青春をぶつけている少年たちをスポーツエンターテイメントとしてまとめている作品である。
主演は窪塚洋介。

ピンポンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ペコとスマイルは幼馴染。いじめられっ子のスマイルはいつもペコに助けられています。いつしかスマイルの憧れはペコに。でもそんなペコは卓球に燃えているのでした。
そんな二人が高校生になり、ペコとスマイルは卓球部に入りました。
ペコよりも強いかもしれない・・・と思いながらもスマイルは、「卓球は暇つぶし」と余裕を見せています。
ある日チャイナという中国からきた留学生とペコが勝負して負けます。
いつもクールなスマイルは暇つぶし!と慰めるのでした。
一方でそんなスマイルの卓球を見込んだコーチが教えようとしますがスマイルは軽く交わすのでした。
そして夏になりインターハイ地区予選があり、スマイルはチャイナと戦う事になりました。
ペコは負けてしまったチャイナでしたが、スマイルはチャイナを追い詰めました。でもスマイルは追い詰められたチャイナを見てわざと負けてあげるのでした。
そしてペコは幼馴染のアクマと試合し、アクマにも負けてしまうのでした。完全にスランプに陥るペコ。
アクマはスマイルに敵意を燃やします。一方チャイナは勝ち進み、決勝戦でドラゴンが勝ちドラゴンが全国制覇します。アクマはむしゃくしゃしてしまい、その夜にチンピラとケンカしてしまい、退学になってしまいました。
顧問小泉はスマイルとドラゴンにはっぱをかけました。
ペコは自信喪失して卓球を辞めてしまおうかと思いますが、これまたアクマに慰められて立ち直るのでした。
そしてペコは田村卓球場でオババに卓球をまたイチから教わり、根本的に鍛えなおします。
ペコとスマイルは別々の場所で鍛えていきました。

ネタバレと結末

そして1年後、またインターハイの季節がやってきました。
一回戦でペコはチャイナと試合します。今までのペコとは打って変わって、ペコはチャイナに勝ちました。
スマイルも次々に勝ち進み、決勝戦まで来ました。
ペコもインターハイチャンピオンのドラゴンも倒しました。
決勝戦はスマイルとペコです。昔の二人を思いだし、スマイルは完全復帰したペコに「おかえり、(僕の)ヒーロー」と声をかけるのでした。
・・・数年後、ペコに試合で負けたスマイルは社会人になっていました。
そしてペコはそのまま勝ち続けて、卓球の日本代表として今日も世界を相手に卓球の試合をしていくのでした。

ピンポンのみんなの感想

ネタバレなし

この作品は強く印象に残っています。当時私は小学6年生で、中学生になったら何の部活をやろうかなと考え始めている時期でした。そんな時にこの作品に出会いました。卓球はいとこがやっていたので馴染みがあるスポーツでした。そのため、純粋に作品を楽しむことができました。卓球への興味関心が強まり、自分も卓球をやってみたいと思うようにもなりました。そして、中学生になったら本当に卓球をやることになりました。そういうこともあり、私にとっては心に残る作品です。(20代男性)
センスの良い、カッコいい前衛的な映像と、コメディが融合していて、面白かったです。若者向けの作品で、観ていて新鮮でした。
お気に入りのシーンは、冒頭の橋から飛ぶ場面です。ユーモアのある登場人物のやりとりも面白く、その後「I can fly」と言って飛ぶところは、印象に残っています。
機械音のような音楽もマッチしていて良かったです。
いつ見ても、古さのない、新鮮な作品だと思います。(30代男性)
最高の映画です。まず何より窪塚洋介の演技力に圧巻されます。主人公のペコは本当に実在するかのように感じられます。また、スマイルの演技も絶妙で、二人のやりとりはとても独特な雰囲気です。特に素晴らしい点としては、そのセリフ回りです。独特で絶妙なセリフが多くあり、非常に癖になります。なんてことのない言葉ではありますが、その使われ方が印象に残り、ふと頭によぎってしまうことがあるくらいセリフの使い方がうまいです。(20代男性)
主人公のペコこと窪塚のキャラが魅力的で話し方や動き等も独特で卓球の試合のシーン等では終止スピード感に溢れている映画だと思います。
ライバルに負けたペコが卓球場のオババに鍛えてもらいライバルを倒していくのですが、最後に戦うのがドラゴンではなくてチームメイトのスマイルなのも意外性があり面白かったです。
原作は見ていないのですがこの映画を見て窪塚洋介が好きになりました。(30代男性)
元々、原作漫画のファンだったので余り期待しないで観ましたが(原作を超える映画作品が余りないと思うので)、観て良かったです。主人公の星野と月本のキャラをしっかりと捉えた俳優さんの演技が素晴らしく、原作漫画とはまた違った感動がありました。川にダイブするシーンが話題になりましたが、実際は星野と月本の友情とライバル心のせめぎ合いがテーマだと思うので、その辺もしっかり映画で再現されていて、満足出来ました。(30代女性)
窪塚洋介の演技ってやっぱりすごいなと思ってしまう作品の一つです。
また、他の登場キャストがすごい作品でもあります。主人公は窪塚洋介さん。
そのライバルを演じたのは今やベテランの域にいる中村獅童さん。
主人公の幼馴染であり、いつでも冷静な性格の持ち主を井浦新さんが演じています。
この時はまだARATAという名義で活動されていた頃ですね。
卓球部の顧問役には竹中直人さんも出演しています。
かなりの豪華キャストでした。
内容も、ずっと続けてきたものが途中で現実を突きつけられてしまい、ちょっと挫折してしまうというもので、誰にでも経験があることなのかなと思います。でも、その壁を越えてしまえば一歩先へ進むことができるという希望も感じる作品です。(30代女性)

ネタバレあり

主人公ペコが「アイキャンフライ」と叫んで橋から飛び降りるシーンは印象的でした。あのセリフは学校で多くの者が真似をしていました。
それまでは地味、オタクがたまりがちという印象だった卓球部ですが、この作品で卓球の熱さが分かり、競技への印象が大きく変わったと想います。
ペコのもう一つの名台詞「ヒーロー見参」も最高のフレーズだと想います。主人公を演じた窪塚洋介さんの演技が良かったです。(20代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました