ドラゴンヘッド/あらすじとネタバレと感想

ドラゴンヘッド 2003年の邦画

ドラゴンヘッドの概要

制作:2003年 日本
監督:飯田譲治
出演:妻夫木聡、SAYAKA、山田孝之、藤木直人、近藤芳正、他

ドラゴンヘッドの見どころ

望月峯太郎の漫画を飯田譲治監督が映画化。
主演は妻夫木聡、神田沙也加。
大地震で修学旅行中の学生を含む多数の人が、トンネルの中に閉じ込められてしまう究極の恐怖の物語である。

ドラゴンヘッドのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高校生の青木テルはみんなで修学旅行に京都に行き、その帰り道で新幹線に乗っています。
しかしテルが次に目を覚ました時に見たものは、新幹線の中でぐちゃぐちゃになったクラスメイトの死体でした。
テルは落としたものを拾おうと身をかがめた瞬間に事故が起きたのでした。テル以外はみんな起き上がっていたのでほぼ即死でした。しかしテルにはいったい何が起きたのかが分かりません。新幹線のドアを開け、外に出るとそこはトンネルの中でした。携帯電話も通じません。しかし同級生の高橋ノブオを見つけました。ノブオはややパニックながらも生きていました。そしてノブオと共に食堂車に移動し、飲み食いしますがこの食事もいつまで食べられるか分かりません。その時地震が起き、隠れていると瀬戸アコを見つけました。アコはノブオがミニラ先生を殺すところを見てしまい、怖くて隠れていたのでした。

どうやら地震で事故が起こったようです。二人はラジオと救急箱を探し出し、救助が来るのを待つことにしました。
何度も地震が起こり、ノブオの精神状態が狂ってしまい死んでいきました。
脱出を待って居るよりも出ていくことを選んだ二人は、ダクトの中を進みます。
そして外に出た世界は白い灰に包まれた世界でした。何が起こったのかもわからないまま、二人は灰の中を進みます。コンビニで食料を調達しながら歩きました。
すると中年の集団に襲われました。絶体絶命の時に赤い車が来て自衛官の制服を着た仁村と岩田が銃で助けてくれました。
それからは4人で歩くことになりました。
仁村と岩田も何が起きたのかがさっぱりわからないが、自然災害だというのはなんとなくわかります。
生き残った人にも会いますが、みんなまともな精神状態ではありませんでした。

やがて仁村と岩田も仲間割れしてしまい仁村は死んでしまいました。再びテルとアコは二人で歩き始めます。

ネタバレと結末

東京を目指して歩きますが自衛隊のヘリがやってきて載せてくれました。しかし途中でテルがヘリから落ちてしまいました。瓦礫の中で目が覚め、テルはまた歩き出します。家にたどり着いて両親が亡くなっていることを知り、生き残りが集まって配給を受けていることを知り移動します。そこに居る人々はみんなおとなしく、非常用保存食料に薬が混ぜられているとのことでした。テルは非常用保存食料を食べる前にアコを探し出します。アコは同じ場所に居ましたが非常用保存食料を食べることを拒否していたので衰弱していました。
またそこで地震があり、生存者がいた場所は火が出ます。しかし感情を亡くした生存者は動きません。
外に出たテルとアコは火山が噴火しているのを見ます。二人は絶対に生き延びると強く決意するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました