呪怨2/あらすじとネタバレと感想

呪怨2 2003年の邦画

呪怨2の概要

制作:2003年 日本
監督:清水崇
出演:酒井法子、新山千春、堀江慶、市川由衣、葛山信吾、他

呪怨2の見どころ

日本中を恐怖に落とし入れた呪怨の2作目を清水崇監督が映画化。
キャッチコピーは「身の毛もよだつ絶頂」。
前作の続編で呪われた家をレポートするテレビでゲスト出演するのだが・・・。
主演は酒井法子。

呪怨2のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

原瀬京子(酒井法子)はホラー映画に出る女優です。
ある日京子はレポーターの三浦朋香とディレクターの大国圭介と一緒に「呪われた家」と呼ばれている家に、ホラー番組の取材で、3人で東京にある廃墟に向かいます。
ロケは何事もなく終わり、仕事の帰りに京子は婚約を控えている恋人の将志とドライブしました。
実は京子はすでに妊娠していますが、まだ事務所には話していませんでした。京子は楽しい時間を過ごしていると、将志が猫を轢いてしまいます。痛々しい猫を見て見ぬふりでそのまま行こうとしますが、そこに蒼白い少年の霊が出現して、なぜか車が大事故になってしまいます。京子は流産してしまい、左手も骨折してしまうのでした。それだけでなく将志はかなりの重体に陥ってしまいます。二人は病院に運ばれ、将志の母が京子に謝りました。京子が重体の将志の様子を見に行こうとするとまた蒼白い少年が現れて、京子のおなかに触れていなくなりました。
京子は入院しなかったので、家に帰り母に自分に男兄弟はいなかったのか聞きますが、母はいないと答えました。次の日、京子が病院に行くと流産したはずなのに妊娠していると言われます。
再び家に帰ると少年の霊が居て、母が急死していました。一緒に取材していた朋香もまた部屋の中で変な音に悩まされていました。朋香が彼の典孝に来てもらうと幽霊に首を締め上げられてしまいます。

そうしてスタッフが次々と奇妙な現象に会うため、番組は中止しました。
そして京子の家に一冊のノートが置かれてありました。そのノートはあの呪われた家にあったものです。伽耶子のノートなのでした。

ネタバレと結末

あの家で起こった事件を調査してみると、出てくる少年の霊は殺された子供でした。
京子のおなかは大きくなり、ある日流産しそうなので緊急手術をしていると医師も看護師も皆死んでしまいます。
そして京子から伽耶子の霊が這い出てきて殺していくのでした。
京子は京子で紙袋に入っている物体から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて、その物体を自分の赤ちゃんだと思い抱き上げるのでした。
・・・数年後、京子はあの時の女の子と手をつないで歩いています。
しかしその女の子は京子を突き飛ばして列車に跳ねさせて殺します。そしてノートを奪った後、逃げます。
その女の子はやっぱり伽耶子なのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました