木更津キャッツアイ 日本シリーズ/あらすじとネタバレと感想

木更津キャッツアイ 日本シリーズ 2003年の邦画

木更津キャッツアイ 日本シリーズの概要

制作:2003年 日本
監督:金子文紀
出演:岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、岡田義徳、佐藤隆太、他

木更津キャッツアイ 日本シリーズの見どころ

人気ドラマ木更津キャッツアイの映画である。
宮藤官九郎脚本、金子文紀監督で映画化。
ドラマでも本人役で出演していた哀川翔、氣志團などが本人役で出演し、興行収入15億円にも上った人気作品。コラボしたCMウーノでは、木更津キャッツアイの舞台と役をそのまま使ったインパクトあるCMもヒットした。

木更津キャッツアイ 日本シリーズのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ぶっさん(岡田准一)は余命半年といわれていたのに、一年経っても元気に楽しく過ごしていました。メンバーのバンビ、うっちー、マスター、アニもいつも通りです。
ある日韓国パブで知り合った、ユッケという女性の事が気になります。
そのころ、仲間が昔死んだはずのオジーと会います。うっちーが店に飛び込んできて皆に知らせます。仲間たちでオジーと共におもしろおかしく船で暮らしだします。
そして氣志團からフェスの前座依頼がやってくるのでした。しかし氣志團の前座ということは、オリジナルの曲でなければいけません。曲の作れないメンバーは悩みます。
ぶっさんは一人で映画を見に行き、ユッケと会いました。ぶっさんはユッケに対する恋ごころを歌にしました。メンバーは大喜びで練習します。それを見ていた美礼先生が思い出話を始めます。昔、先生が高校生のころ、やっさいもっさいの絵を描くのがうまい少年ジョージと恋をしていました。その少年は絵がうまいことを買われて、悪い仲間に騙されてしまい偽札づくりに手を出してしまって先生を置いて居なくなったという話でした。
そしてオジーは一枚の用紙を物産に渡してコピーして来て欲しいと頼みます。何枚かコピーした所で、みんなに偽札である事を指摘されます。ぶっさんたちの街には偽札がかなり出回っていました。
ジョージはオジーであり、わざわざ整形して街に帰ってきて偽札を作り続けていたのです。

ネタバレと結末

偽札をめぐり、ぶっさんたちとオジー(ジョージ)は対立します。そして追い詰められたオジーはユッケを拉致してしまいます。ぶっさんたちはユッケを救うために奮闘します。海外に行ったり、化け物に襲われたりと散々な目に合う木更津キャッツアイ。しかし無事にユッケを助け出すことに成功します。
そして無事に氣志團の前座にも出れることになり、フェスも緊張しながらもうまくいきました。
オジーは逮捕されてしまいます。そしてぶっさんはユッケにプロポーズし、ユッケもプロポーズを受け入れます。二人は町中に祝福され、街ではやっさいもっさいがかかり、全体的なお祝いモードになりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました