陰陽師 II/あらすじとネタバレと感想

陰陽師2 2003年の邦画

陰陽師 IIの概要

制作:2003年 日本
監督:滝田洋二郎
出演:野村萬斎、伊藤英明、今井絵理子、中井貴一、深田恭子、他

陰陽師 IIの見どころ

夢枕獏の小説「陰陽師」を原作とし、滝田洋二郎監督が映画化。
平安時代では鬼が人間を困らせているが、陰陽師が事件を解決していく物語である。
主演は野村萬斎。

陰陽師 IIのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

平安時代では魑魅魍魎(妖怪のようなもの)が幅を利かせていました。
ある日日隠れという、太陽が隠れてしまう現象以来、人を食う鬼が現れて人の一部を食べていってしまうという事が連続して起こりました。
そして右大臣、藤原安麻呂の屋敷で鬼を払う祭事があり、そこに参加した源博雅は勝気で有名な安麻呂の娘、日美子に一目惚れしてしまうのでした。
そしてまたある日の事、博雅は新たな鬼の犠牲が出たことを安倍清明(陰陽師)に知らせに行きます。
鬼に食べられた部分は肩、鼻、口と来て今回は足がなくなっていました。博雅は若干恐ろしくもあり、清明は博雅にここに来た理由を尋ねました。
実は日隠れがあって以降、日美子は夜な夜なさまよい歩き、朝になると何も覚えていないというのでした。今でいう夢遊病のような感じなのでした。清明を日美子に会わせようと思い、博雅はやってきたのでした。
そうして博雅に連れられて清明は安麻呂の屋敷に出向きます。

そこで彼女の持つ癒しの力を清明は見てしまいました。
ケガした鳥に手をかざすだけで、鳥はたちまち傷をいやし元気に飛んでいきました。
父である安麻呂は、もしかすると日美子に鬼が憑いているのではないかと心配しますが、清明はそれは違いますと断言するのでした。
一方で人食い鬼が出るばかり。どうにもならない街の人たちは幻角という流れの術師の事を噂します。
日美子と同じように、どんな病気や怪我でも直してしまう幻角は貧困民を中心に慕われていました。
ある日の夜、博雅は琵琶(中国の楽器)を演奏する須佐に会いました。
琵琶の音色に合わせて笛を吹く博雅が、どこでこの曲を知ったかと須佐に聞きますが出所はわからず、夜になったら弾いてしまうと答えるのでした。

ネタバレと結末

清明は宮廷においてある神剣の天叢雲剣に何かが起きたと帝に言いますが、それよりも先に鬼退治をしてくれと言われるのでした。天叢雲剣を調べていくうちに清明は安麻呂から日美子が実の娘ではなく出雲族の生き残りだと知ります。
そして元角もまた生き残った出雲族の長で、荒ぶる神(鬼)をこの世に出してきて、大和の国に復讐をしようとしていたのでした。元角の息子、須佐を鬼に変化させ夜な夜な襲わせていたのでした。
出雲族の隠れ里へ清明と日美子向かうと、須佐に力を与える代わりに日美子を食べないといけないという事になっており、嫌がる須佐に日美子は我が身を差し出すのでした。
そうして天岩戸を開くことに躍起になるみんなの前に出てきたのは日美子だったのです。
力から解放された須佐は意識を取り戻し、須佐と日美子は現世を去って行きます。復讐できなかった幻角もどこかに消えてしまいました。目を覚ました清明に博雅が喜んで酒を飲んでいた時に、幻角は静かに亡くなるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました